五島列島 宇久平港(長崎県)発 五島列島 奈留港(長崎県)行きの格安フェリー料金比較・予約

福岡県の博多港より長崎県の五島列島の各島を結ぶ、フェリーを利用した船旅はいかがですか。佐世保市宇久島の平港から五島市奈留島にある、奈留島港までの所要時間は約3時間。平港を出発する早朝はまだ周りが暗いですが、中通島の青方ターミナルを過ぎたあたりからだんだん明るくなってきます。白い若松大橋や美しいサンライズを鑑賞しながら、奈留島港に到着。午前8時前に奈留島港に到着をするので、奈留島の観光やビジネスに良いですよ。野母商船の運航するフェリー太古をご利用なら、夜明けまで船内のパブリックスペースで横になることも可能。ネットで簡単に予約できるフェリーの旅はいかがですか。

五島列島 宇久平港(長崎県)発 五島列島 奈留港(長崎県)行きのフェリー会社

野母商船
野母商船画像

野母商船の「野母」という名前の由来は、前身の商船会社が長崎県野母埼の航路を走っていたことから命名されました。今は航路変更に伴い名前のみ残しています。野母商船の代表的な船舶「太古」は長い年月をかけて何度も生まれ変わってきました。どなたでも快適な旅を過ごせるように、洗練されたデザインと機能性を兼ね備えた船内で、ゆっくりとくつろぐことができます。野母商船は五島列島の観光船だけでなく、長崎の造船所へのビジネスライフを快適にサポートする通勤船も提供しています。

野母商船詳細へ

五島列島 宇久平港(長崎県)発 五島列島 奈留港(長崎県)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

五島列島 宇久平港発 五島列島 奈留港着
五島列島 宇久平港発 五島列島 奈留港着 所要時間
4:05 7:25 3時間25分 予約

下り便

五島列島 奈留港発 五島列島 宇久平港着
五島列島 奈留港発 五島列島 宇久平港着 所要時間

五島列島 宇久平港(長崎県)発 五島列島 奈留港(長崎県)行きを運航している船舶

太古
太古画像

太古は、最大350名の旅客を乗せて博多港と福江港の間をほぼ毎日往復している大きなフェリーです。白い船体に引かれた青と赤のラインが印象的。明るい時間帯なら、ターミナルビルと太古を結ぶボーディングブリッジを歩く際に、美しい船体を確認できるでしょう。太古は車両積載量も多く、普通乗用車なら55台まで乗船可能。2014年まで就航していた3代目太古より大型化し、乗用車の積載数が11台増えたためドライブ旅行の方などより多くの方が利用できるようになりました。マイカーやレンタカーで旅をするなら、太古に乗って五島列島へのドライブ旅行もおすすめです。

太古 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
1,598トン 19ノット 94メートル 350名 乗用車55台

五島列島 宇久平港(長崎県)発 五島列島 奈留港(長崎県)行きの港とターミナル

五島列島 宇久平港(長崎県)
野母商船 宇久平ターミナル
野母商船 宇久平ターミナル画像

野母商船 宇久平ターミナルのある宇久島は、源平合戦の時に平家盛が辿り着いたと言われている五島列島最北に位置しています。島の周囲が38キロという小島なので、ターミナル内でレンタルできる電動アシスト自転車でも十分に観光できます。レンタカーを使うなら160号線に沿って島を1周することも可能。島民全体が来島する人達を迎える宇久島には民泊のサービスもあります。民泊を利用すれば、島民の方と一緒に地元の伝統料理や、トコロテン作りなどを満喫できますよ。お土産には、宇久島名産の紅あずまを使った芋焼酎家盛やカンコロ餅がオススメです。早朝に宇久島についたお客様のために、ターミナル内には仮眠室もあるので活用してくださいね。野母商船 宇久平ターミナル発着のフェリーで、素敵な宇久島を満喫してみませんか。

住所 長崎県北松浦郡宇久町平郷2435-2
電話番号 0959-57-3535
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
野母商船 宇久平ターミナルの詳細ページへ

五島列島 宇久平港(長崎県)発 五島列島 奈留港(長崎県)行きの観光情報

宇久平(長崎県)周辺の観光スポット
大浜海水浴場
大浜海水浴場画像

宇久平の夏のビーチとしておススメなのが、島の東に位置する大浜海水浴場。エメラルドグリーンの海と白い砂浜が美しく南国ビーチの雰囲気を醸し出しています。また、大浜海水浴場の沖合では、ウインドサーフィンも楽しめます。また海岸の東側で磯遊びもできますし、隣接したキャンプ場もあるため、家族連れやグループ旅行に最適。この海岸の沖には、釣り場として人気のある無人島があり、釣り好きな人にもいいですよ。石鯛やクロを狙う漁船たちが行き交う沖の景色や、夕暮れに赤く染まるオーシャンビューも最高。フェリーで宇久島に来た時は、大浜海水浴場で色々なアクティビティを楽しんでみませんか。

アコウの巨樹
アコウの巨樹画像

宇久島には亜熱帯地域に見られるアコウの木が自生しています。アコウは成長すると10~20メートルの高さになり、枝や幹からたくさんの気根を出して独特な形になります。アコウは九州や南西諸島などの温かな土地に生息し、日本以外では台湾や東南アジアなどの南国に分布。宇久島の小浜区に生息するアコウの中には、樹齢数百年のものもあり、その堂々たる風貌から通称アコウの巨樹と呼ばれています。宇久島のアコウの巨樹は幹回りが16メートルもあるので、その大きさに圧倒されます。フェリーで宇久島に行く時は、市の天然記念物にも指定されているアコウの巨樹を見てくださいね。

奈留(長崎県)周辺の観光スポット
江上天主堂
江上天主堂画像

五島列島の教会の設計の多くは鉄川与助氏によるもの。ほとんどがレンガや石を使った設計ですが、奈留島の江上天主堂は、彼の作品の中でも珍しい木造建築の代表的な教会です。江上天主堂のデザインは、白を基調としていますが、窓枠を水色にしているため全体に爽やかな印象。内装は、花のモチーフがふんだんに使われているため華やかな雰囲気となっています。ユネスコの世界遺産候補で2018年に登録が決まった江上天主堂は、現在も信者たちが大切に使用しています。フェリーターミナルから車で20分かからない場所で駐車場もあるので、旅行の合間に歴史的価値のある江上天主堂を見学してみるのはいかがでしょうか。

小田河原展望所
小田河原展望所画像

野母商船 奈留ターミナルから北西方向にある小田河原展望所。ここから奈留島の西の海の眺望を見渡すことができます。小田河原展望所は、奈留島近隣の間を流れる潮の流れの速さを観察可能で季節によって、美しいサンセットも満喫できます。地元では、ここで夕陽を一緒に見たカップルは幸せになる、と言われているスポットです。木造建築で有名な江上教会を見に行く途中にこの展望所に寄るとちょうどいいかもしれません。家族や仲間と、奈留瀬戸に沈む夕陽を見ながら幸せな気分に浸るのもいいですね。フェリーで奈留島を訪ねた時は、小田河原展望所に行ってみませんか。