敦賀港(福井県)発 苫小牧港(北海道)行きの格安フェリー料金比較・予約

北海道までの移動手段は飛行機の他にもフェリーの移動がありますが、新日本海フェリーは東北や新日本海側からそれぞれ航路を運航しています。青森と北海道を結ぶフェリー会社はいくつかあるものの、新潟や福井の敦賀を繋げるのは新日本海フェリーのみです。そんな新日本海フェリーの乗船券をスカイチケットでは予約することが可能。行き先の航路を選択するだけで簡単に申し込めます。さらに、お盆や年末年始にはお得なキャンペーンも実施。フェリーの予約をしたいけどどこですればいいか分からないという方は、ぜひ一度スカイチケットで予約してみて下さいね。

敦賀港(福井県)発 苫小牧港(北海道)行きのフェリー会社

新日本海フェリー
新日本海フェリー画像

1970年、本州と北海道を連絡する船が飽和状態だった当時に、舞鶴港小樽港間の航路を開設した新日本海フェリー。日本海側初の北海道と関西をつなぐの長距離航路として注目されました。現在では日本海側の主要な港を結ぶ航路を展開。各地から北海道へ向かう旅行客を中心に、豪華な旅を楽しめる客船として人気を集めています。荒波で知られる日本海を進むための大きな船体は大容量を誇り、車やバイクで旅をしたいという方にも最適。家族や友人と、あるいは愛車と共にちょっと贅沢な船旅をしてみてはいかがでしょうか。

新日本海フェリー詳細へ

敦賀港(福井県)発 苫小牧港(北海道)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

敦賀港発 苫小牧港着
敦賀港発 苫小牧港着 所要時間
0:30 20:30 20時間 予約

船舶すずらんすいせんでの運航

苫小牧港発 敦賀港着
苫小牧港発 敦賀港着 所要時間
23:30 20:30 21時間 予約

船舶すずらん・すいせんでの運航 ※1 10/2・10/10・10/23は運休

船舶すずらん・すいせんでの運航

敦賀港(福井県)発 苫小牧港(北海道)行きを運航している船舶

すずらん
すずらん画像

「すずらん」は、福井県の敦賀港から北海道の苫小牧港まで旅客定員613名を乗せて航行する高速大型フェリーです。航海距離や所要時間を考慮して、航海速度を27.5ノットに抑えています。この船の特徴としてまず挙げたいのは、定期旅客船内では珍しい「露天風呂」。冬の日本海は寒いですが、露天風呂で体が温まり幸せな気分になりますよ。夏の爽やかな風に吹かれながらの入浴も気持ちがいいです。「すずらん」に乗船した際は、船内露天風呂体験いかがでしょうか。

すずらん 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
17382トン 27.5ノット 224.5m 613名 トラック158台、乗用車58台
すいせん
すいせん画像

福井県敦賀港から北海道苫小牧東港まで613名定員のお客様を乗せて航行している「すいせん」。新しいフェリーを造船するごとに、いろいろな改良を重ねています。例えば、新しい「すいせん」は、前船に比べ二酸化炭素の排出量を25パーセント減らし窒素酸化物排出量を40パーセント削減。それでもトラックの積載台数は30パーセント増加しています。また2等船室の大部屋をなくし階段付きの2段寝室にし、それを寝台化するという変更も加えました。

すいせん 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
17382トン 27.5ノット 224.5m 613名 トラック158台、乗用車58台

敦賀港(福井県)発 苫小牧港(北海道)行きの港とターミナル

敦賀港(福井県)
新日本海フェリー 敦賀ターミナル

福井から船旅に出るなら、敦賀新港から出発する新日本海フェリーが最適。日本海を北上し、津軽海峡を通って北海道苫小牧までの区間を運航しています。直行するダイヤであれば、新日本海フェリー 敦賀ターミナルから出発して約19時間で到着します。新潟と秋田に立ち寄るダイヤの場合は、苫小牧に到着するのは約31時間後。美しいエントランスや客室、おいしい食事を楽しめるカフェやレストランでリッチな時間を過ごせますよ。新日本海フェリー 敦賀ターミナル発着のフェリーを利用するなら、事前のインターネット予約が便利でおすすめです。

住所 福井県敦賀市鞠山95-4 敦賀新港
電話番号 0770-23-2222
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 敦賀ターミナルの詳細ページへ
苫小牧港(北海道)
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナル
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナル画像

北海道から秋田や新潟、福井を目指すなら、のんびりとしたフェリー旅はいかがでしょうか。北海道苫小牧市にある新日本海フェリー 苫小牧ターミナルでは、船上の景色を堪能しながらフェリー旅ができますよ。目的地にすぐ着く飛行機とは違った旅ができるので、忙しない日常から離れてゆったりとした時間を過ごしたい方にもおすすめです。福井県の敦賀には、苫小牧から直行便で行く約20時間の船旅と、秋田や新潟を経由して約31時間の船旅の2航路があります。時間に余裕のある方は、新日本海フェリー 苫小牧ターミナルからのフェリー旅もぜひ検討してみてくださいね。

住所 北海道勇払郡厚真町字浜厚真 17番地6号 苫小牧東港周文埠頭
電話番号 0145-28-2800
特徴
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナルの詳細ページへ

敦賀港(福井県)発 苫小牧港(北海道)行きの観光情報

敦賀(福井県)周辺の観光スポット
日本海さかな街
日本海さかな街画像

日本海に面した敦賀を訪れた際に是非立ち寄ってほしいのが、日本海さかな街。鮮魚店をはじめとした水産加工のお店など、およそ50店舗が立ち並ぶ日本海側最大級の海鮮市場です。新鮮な魚介類を求めて多くの地元民や観光客が押し寄せ、連日賑わいを見せる市場内。食事エリアでは、海鮮丼や焼き鯖など新鮮な素材を提供してくれる15店舗以上の飲食店が軒を連ねています。他にも昆布や福井のお菓子などの実演販売なども行われているので、その場にいるだけでも楽しくなりそうですね。フェリーの到着地である敦賀港からは、バイパス経由で約15分という好立地。敦賀まで来た際は、是非とも立ち寄りたいスポットです。

敦賀赤レンガ倉庫
敦賀赤レンガ倉庫画像

日本国内で赤レンガ倉庫と聞いたら、横浜を想像する人が多いのではないでしょうか?しかし、これは全国各地に点在している建物なのです。そして、敦賀にも港から徒歩でおよそ15分の場所に、敦賀赤レンガ倉庫が存在します。明治38年に建てられ、元々は紐育スタンダード石油会社の石油貯蔵用の倉庫として使われていた2棟の建物。鉄道と港の街として繁栄してきた敦賀の街並みを再現したジオラマ館と、地元の食材をふんだんに使用したレストラン館に分かれています。フェリーターミナルとしてだけではなく、多くの国際船が行き交う敦賀港。フェリーで来た際には、是非歴史ある国際港をお楽しみください。

苫小牧港(北海道)周辺の観光スポット
海の駅 ぷらっとみなと市場
海の駅 ぷらっとみなと市場画像

北海道を訪れたのであれば、新鮮な魚介類を食べたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人には、苫小牧東港から車で約30分の位置にある「海の駅 ぷらっとみなと市場」がオススメ。北海道で採れた新鮮な魚介や野菜、果物などが豊富に揃っています。タウリンやマグネシウム、鉄などのミネラル成分をたっぷりと含んだホッキ貝の水揚げ量で日本一を誇る苫小牧。そんなホッキ貝をはじめとする新鮮魚を取り扱う食堂街も充実しているので、旅の醍醐味でもある食を存分に楽しむことができます。フェリーで苫小牧に来た際は、ご当地グルメを堪能してくださいね。

道の駅 ウトナイ湖
道の駅 ウトナイ湖画像

苫小牧の北東部に位置する、淡水湖であるウトナイ湖。そこに隣接する形で2009年にオープンした「道の駅 ウトナイ湖」は、国道36号線にあり苫小牧東港からのアクセスに優れています。野鳥の楽園と言われるウトナイ湖は、日本屈指の渡り鳥の中継地。250種類以上の鳥類が確認されており、1年を通してバードウォッチングを楽しむことができます。また、敷地内にはレストランやテイクアウトコーナーなどが充実しており、地元の美味しいグルメを堪能することができます。館内からは湖を一望できるため、フェリーから眺める景色とはまた違った風景を楽しむことができるでしょう。最高のロケーションを満喫しながら癒されてみませんか。