津軽海峡フェリー ブルードルフィン2
格安フェリー予約

ブルードルフィン2のフェリーを予約する

津軽海峡フェリーが運航する大型のフェリー「ブルードルフィン2」。2という名称が付いてはいますが、これは何度も改名と改装を重ねられた結果であり、建造されたのはなんと1994年。2016年には一時的に新造された2代目「ブルードルフィン」にその役割を譲りましたが、2017年の2月には津軽海峡フェリーが運航する青森と函館を結ぶルートに再復帰。1日に4便運航するなどまだまだ新造船に負けない活躍を続けています。「ブルードルフィン2」を予約して、津軽海峡の魅力と共に実績あるフェリーの貫録を感じてみてはいかがでしょう。

ブルードルフィン2の時刻表・ダイヤ

函館港発 青森港着
函館港発 青森港着 所要時間
12:00 15:40 3時間40分 予約
22:05 1:45 3時間40分 予約
青森港発 函館港着
青森港発 函館港着 所要時間
5:20 9:00 3時間40分 ※1 予約
17:05 20:45 3時間40分 予約

※1 特定便(危険物積載車両指定便)となる場合があります。その際は旅客定員が変更になります

ブルードルフィン2について

ブルードルフィン2とは
様々な国で実積を積んだブルードルフィン2

2017年より津軽海峡フェリーの一つとして活躍している「ブルードルフィン2」。しかし、1994年の建造当初は「ほるす」という名で津軽海峡フェリーの前進である東日本フェリーによって運航されていました。2007年には売却によってパナマへ。2008年からは韓国の釜山港を拠点として運航されるなど、2010年に再び津軽海峡フェリーに戻ってくるまでは複数の国と地域で利用されてきました。イメージロゴの親しみやすいイルカに似合わず、「ブルードルフィン2」はとても実績のあるフェリーなのです。

広々とした船内の津軽海峡フェリーフラッグシップ

津軽海峡フェリーが所有する青森と函館の間を行き来するフェリーは「ブルードルフィン2」の他3隻あります。合計4隻のフェリーが運航されている事になりますが、中でも「ブルードルフィン2」は津軽海峡フェリーのフラッグシップモデル。定員586名の広々とした船内は他の3隻と配置が異なり、スイートより上の最上級の部屋としてプレミアを備えるなど特徴的です。「ブルードルフィン2」を利用すれば、その独特の魅力を知る事が出来るでしょう。

1日4便・青森函館間を約3時間40分で結んでいます

「ブルードルフィン2」は津軽海峡フェリーの運航する他3隻のフェリーと共に一日4便も青森と函館間を行き来しています。時期によって時間帯の変動もありますが、基本的には早朝とお昼、夕方と深夜まで4つの時間帯で運航されています。青森から函館間は約3時間40分の短い船旅。しかし時間帯や季節によって見られる風景も変わるため、乗船する度に津軽海峡の魅力を知る事が出来るのではないでしょうか。「ブルードルフィン2」を利用して、是非ここでしか見られない景色を楽しんでください。

ブルードルフィン2の客室
プレミア
プレミアは「ブルードルフィン2」の中で最も豪華なお部屋に位置づけられています。ベッドやTVなど通常フェリーで見られる設備以外にも、室内にはジャグジーやリビングスペースなどがありまるで高級ホテルのような造りになっています。定員2名で船内にたった1室しか用意されていないプレミアを一度利用したならば、特別な一時を味わう事ができるでしょう。
スイート
「ブルードルフィン2」下層階の船首側に位置した最上級のお部屋、プレミア。その両隣には、2名定員のスイートが2室用意されています。大きいベッドやTV、シャワールームも完備しカップルや夫婦には特にピッタリ。広々とした室内からのんびりと外の景色を眺めつつ、プレミアに劣らない上品でリラックスした船旅を楽しめます。
ファースト
ベッドとTV、洗面台などの充実した設備を持つファーストは、「ブルードルフィン2」の下層階船首側に全8室設置。2名定員のため、夫婦やカップル、また親しい友人同士での利用に打ってつけです。パウダールームや赤ちゃんルームがすぐ近くにあり、特に女性にとっては利便性の高い部屋ではないでしょうか。部屋数も「ブルードルフィン2」内では比較的多い事から、利用しやすいと言えるでしょう。
コンフォート
「ブルードルフィン2」のコンフォートはファーストとスイートの間に挟まれる形で4室用意されています。室内の色は白とベージュを基本とし、気取らない雰囲気が魅力的。また、広々としたソファーマットレスが用意されており、思わず自室にいるような気分になるのではないでしょうか。友達同士やご家族での利用に適しているお部屋です。
スタンダード
「ブルードルフィン2」内で最も広いスペースを持っているスタンダード。グループでの利用を前提とする雑魚寝タイプのお部屋ですが、TVや荷物用のロッカーなど必要最小限の設備と備品はしっかりと用意してあります。景色を眺められる窓も広めに設計されている事から、よりフェリーらしさを感じられる部屋と言えるでしょう。
レディースルーム
レディースルームはスタンダードがある一画に1部屋だけ用意されています。スタンダートと同じく必要最小限の設備ですが、女性限定のお部屋という事で安心して乗船する事が出来るでしょう。何より、料金もスタンダードに準じているため、「ブルードルフィン2」をリーズナブルに利用したいと思っている方には嬉しいお部屋です。
ブルードルフィン2のパブリックスペース
レセプション
レセプション

レセプションでは毛布の貸し出しの他、各種受付を行っています。利用する機会は多いでしょうが、便によって営業時間が変わるため事前にチェックしておきましょう。

ドルフィン2ショップ
ドルフィン2ショップ

下層階の中央には、各種お土産を取り扱うドルフィン2ショップがあります。他に酔い止めやカードゲームも販売しており、乗船時には一度立ち寄っておきたい施設です。

エントランス
エントランス

広々とした空間にソファやチェアが多数並ぶエントランス。一画内に設置された大型モニターには操舵室からの眺めが映されており迫力満点です。

パウダールーム
パウダールーム

下層階の船首側には女性のためのパウダールームが設置されています。お化粧をはじめ、様々な用途で気軽に利用する事ができるでしょう。

赤ちゃんルーム
赤ちゃんルーム

赤ちゃんルームでは主にオムツの交換などができます。レディースルームやパウダールームも近く、赤ちゃん連れの方でも安心できるでしょう。

シャワールーム
シャワールーム

シャワールームは女性、男性ともに誰でも自由に使う事が可能です。シャンプーやリンスなどの備品も完備されており、清々しい気分で目的地に降り立つことができます。

バリアフリートイレ
バリアフリートイレ

下層階にはバリアフリー機能が完備されたトイレが設置されています。エントランス近くにあるため、不便無く利用する事が出来るでしょう。

エスカレーター
エスカレーター

エスカレーターは下層階とその下の車両甲板を繋いでいます。上層階へは続いていないため、上に向かう際はいくつか設置されている階段を利用しましょう。

オートショップ
オートショップ

上層階のオートレストランと同じく、自販機での軽食メニューを食べる事が出来るオートショップ。オートレストランとの違いは品揃えと室内の広さだけであり、その点を気にしなければ充分満足出来る施設です。

PCブース
PCブース

小スペースながらエントランス近くにはPCブースが設置されています。インターネット環境は無いため自前でWi-fiなどを用意するかオフライン作業で利用しましょう。

ブルードルフィン2の船内での食事
朝食
朝食

「ブルードルフィン2」にはレストランが無く、代わりにオートレストランやオートショップで自販機の軽食メニューを販売しています。自販機メニューが合わないようでしたら事前に食べ物を購入していきましょう。

昼食
昼食

上層階にあるオートレストラン、そして下層階にあるオートショップでは軽食メニューを販売しています。食べ物を持ち込んでいない場合などはこちらで昼食を摂るのが良いでしょう。

夕食
夕食

オートレストランやオートショップでは軽食を食べる事ができます。しかし、「ブルードルフィン2」の運航時間は約3時間40分と短いため、少し待って目的地で夕食を食べるのも良いでしょう。

ブルードルフィン2の出発到着ターミナル

津軽海峡フェリー 函館ターミナル
津軽海峡フェリー 函館ターミナル

津軽海峡フェリー 函館ターミナルは、函館の中心地からもほど近い美しいフェリー乗り場です。絶景ポイントにもなっているガラス張りのターミナルは、明るく清潔感があふれており居心地の良さは抜群。徒歩で乗船する際にターミナルとフェリーをつなぐボーディングブリッジや、車やバイクを下りずにチェックインできるスマートチェックインシステムなど、近代的で便利な設備が整っているのも特徴的です。函館と青森、大間を結ぶ2つの航路を合わせるとフェリーは1日10往復。津軽海峡フェリー 函館ターミナルを利用すれば旅を快適に過ごせるでしょう。

住所 北海道函館市港町3丁目19番2号
電話番号 0138-43-4545
特徴
  • 年中無休
  • WiFi
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
  • ドッグラン
津軽海峡フェリー 函館ターミナルの詳細ページへ
津軽海峡フェリー 青森ターミナル
津軽海峡フェリー 青森ターミナル

津軽海峡フェリー 青森ターミナルは、2011年に旧施設と入れ替わる形でオープンした新しいフェリーターミナルです。そのデザインは近代的で全面ガラス張りになっており、目前に迫る雄大な陸奥湾の眺めが一望できる素晴らしさ。また、施設内には授乳室も完備されているので、小さなお子様連れでの旅にも便利です。その他、無線LANが使えるインターネットブースや観光ブース、コインロッカー、食堂やお土産屋さんなどもあり、旅の途中の楽しいひと時を過ごすことができるターミナルとなっています。

住所 青森県青森市沖館2丁目12番1号
電話番号 017-766-4733
特徴
  • 年中無休
  • WiFi
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
津軽海峡フェリー 青森ターミナルの詳細ページへ

ブルードルフィン2のサービス

充実した共用スペース

「ブルードルフィン2」の運航時間は約3時間40分。比較的短い運航時間ですが、対して共有スペースの設備は非常に充実しています。子供専用のキッズルームや赤ちゃんルーム、また男女それぞれ設置されたシャワールームやマッサージコーナーなど。更にはゲームコーナーも設置されており、数か所訪れただけでいつの間にか目的地に着いてしまうのではないでしょうか。乗船前には時間を確認し、外の景色を楽しむ余裕を持つ事をおススメします。

日本初のドッグバルコニー

「ブルードルフィン2」の上層階船尾側には、広々としたドッグバルコニーが設置してあります。現在では他のフェリーでも見ることができますが、ドッグバルコニーを設置した船としては「ブルードルフィン2」が日本初。また、個室で分けられたドッグルームも併設されており、犬と飼い主の事を気遣った造りになっています。愛犬と共に「ブルードルフィン2」に乗船すれば、きっと素晴しい船旅を楽しむ事ができるのではないでしょうか。

用途に合わせて選べる客室

「ブルードルフィン2」では乗船客の用途に合わせ複数の部屋が用意されています。上品な船旅を楽しみたいなら上層階のプレミアやスイートがピッタリ。また、一般的なお部屋としてファーストやコンフォート、グループでの利用が前提のスタンダードが用意されており幅広い選択肢があります。女性限定のレディースルームもあり、どのような方でも、どのような用途でも「ブルードルフィン2」の船旅を満喫する事が可能となっているのです。