苫小牧港(北海道)発 秋田港(秋田県)行きの格安フェリー料金比較・予約

フェリーの最大の魅了は目的地までの移動時間も十分に楽しめること。秋田から北海道まで新幹線で向かうのもいいですが、たまにはフェリーでの旅行もありですよね。秋田-苫小牧(東)港を運航している新日本海フェリーは、スカイチケットで予約するとお得に乗船券を購入できます。津軽海峡を通り約10時間をかけて移動する船旅を、スカイチケットを利用して堪能して下さいね。ただ、シーズン時に出発日の当日や前日に予約すると、乗船家の売り切れや申込期限が過ぎていることがあります。期日に余裕を持ってスカイチケットで予約しましょう。

苫小牧港(北海道)発 秋田港(秋田県)行きのフェリー会社

新日本海フェリー
新日本海フェリー画像

1970年、本州と北海道を連絡する船が飽和状態だった当時に、舞鶴港小樽港間の航路を開設した新日本海フェリー。日本海側初の北海道と関西をつなぐの長距離航路として注目されました。現在では日本海側の主要な港を結ぶ航路を展開。各地から北海道へ向かう旅行客を中心に、豪華な旅を楽しめる客船として人気を集めています。荒波で知られる日本海を進むための大きな船体は大容量を誇り、車やバイクで旅をしたいという方にも最適。家族や友人と、あるいは愛車と共にちょっと贅沢な船旅をしてみてはいかがでしょうか。

新日本海フェリー詳細へ

苫小牧港(北海道)発 秋田港(秋田県)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

苫小牧港発 秋田港着
苫小牧港発 秋田港着 所要時間
19:30 7:35 12時間5分 ※2 予約

船舶らいらっくゆうかりでの運航 ※2 月~土と8/13のみ運航

秋田港発 苫小牧港着
秋田港発 苫小牧港着 所要時間
6:50 17:20 10時間30分 ※1 予約

船舶らいらっく・ゆうかりでの運航 ※1 火~日と8/14のみ運航

苫小牧港(北海道)発 秋田港(秋田県)行きを運航している船舶

らいらっく
らいらっく画像

新日本海フェリーは他社よりもバリアフリーの対応が早かったため、船内のあらゆるシーンでスタッフの対応が良いと定評があります。なかでも「らいらっく」はバリアフリー法が改正されてから建造されているので、設備面が充実。上下船口のある3階から5階まではエレベーターを利用できます。さらにステートBとデラックスBの「ハンディキャップルーム」は、車椅子使用者を考慮して設計。4階にあるバリアフリー対応浴室も、配慮の行き届いた設備になっています。

らいらっく 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
18229トン 22.7ノット 199.9m 846名 トラック146台、乗用車58台
ゆうかり
ゆうかり画像

「ゆうかり」は、旅客定員846名の旅客フェリーです。新日本海フェリーのほかの船は直行便ですが、「ゆうかり」は福井県の敦賀港を出発し、新潟港秋田港の2か所を経由して、北海道南部の苫小牧港に到着します。お好きな区間だけ利用も可能ですし、北海道まで行って、広大な大地を車でドライブするのも素敵ですね。22.7ノットという比較的ゆったりしたスピードで、日本海を沈む夕日や、広大な太平洋の青い海を満喫させてくれます。

ゆうかり 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
18229トン 22.7ノット 199.90m 846名 トラック146台、乗用車58台

苫小牧港(北海道)発 秋田港(秋田県)行きの港とターミナル

苫小牧港(北海道)
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナル
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナル画像

北海道から秋田や新潟、福井を目指すなら、のんびりとしたフェリー旅はいかがでしょうか。北海道苫小牧市にある新日本海フェリー 苫小牧ターミナルでは、船上の景色を堪能しながらフェリー旅ができますよ。目的地にすぐ着く飛行機とは違った旅ができるので、忙しない日常から離れてゆったりとした時間を過ごしたい方にもおすすめです。福井県の敦賀には、苫小牧から直行便で行く約20時間の船旅と、秋田や新潟を経由して約31時間の船旅の2航路があります。時間に余裕のある方は、新日本海フェリー 苫小牧ターミナルからのフェリー旅もぜひ検討してみてくださいね。

住所 北海道勇払郡厚真町字浜厚真 17番地6号 苫小牧東港周文埠頭
電話番号 0145-28-2800
特徴
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナルの詳細ページへ
秋田港(秋田県)
新日本海フェリー 秋田ターミナル
新日本海フェリー 秋田ターミナル画像

飛行機や列車での旅もいいですが、たまにはのんびりと時間をかけてフェリーで旅をしてみませんか。もし、東北方面や北海道へ旅行するなら、新日本海フェリー 秋田ターミナル発着のフェリーを予約するのがおすすめ。新日本海フェリー 秋田ターミナルからは、北海道の苫小牧東港や新潟の港までのフェリーが出ています。大きなフェリーは利用者も多く、ゴールデンウィークや夏休み、また年末年始といった大型連休などには大変込み合います。なので、余裕を持って出航時間の60分前には新日本海フェリー 秋田ターミナルで待機しておきましょう。

住所 秋田県秋田市土崎港西1丁目13番地13号 中島埠頭
電話番号 0188-80-2600
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 秋田ターミナルの詳細ページへ

苫小牧港(北海道)発 秋田港(秋田県)行きの観光情報

苫小牧(北海道)周辺の観光スポット
王子製紙苫小牧工場
王子製紙苫小牧工場画像

苫小牧東フェリーターミナルから車で30分のところにある、王子製紙苫小牧工場。ここは北海道の製紙事業の礎となった場所で、当時大活躍だった機関車と客車が大切に保管されています。これは資材運搬や木材搬入などに利用された軽便鉄道と呼ばれるもので、千歳や支笏湖方面に向けて走っていたようです。全盛期には旅客営業にも利用されましたが、時代とともに需要が減少したため、戦後惜しまれつつも廃止を余儀なくされました。その後、一時は東京にある紙の博物館に保存されたのち、現在の王子製紙苫小牧工場に戻り、今に至ります。当時の賑わいを垣間見ることができる、貴重な文化遺産に皆さんも触れてみてはいかがでしょうか。

勇払マリーナ
勇払マリーナ画像

苫小牧東港フェリーターミナルから、車でわずか10分のところにある勇払マリーナ。ここは、給付施設やメンテナンス整備機能を備えた公共マリーナで、セイリングや釣りを楽しむことのできるスポットとして人気です。高台に設けられた展望台から眼下に広がる青い海は圧巻。毎年7月には勇払マリーナを会場に花火大会が行われ、多くの人で賑わいます。勇払千人隊御会所太鼓と花火のコラボレーションは勇払マリーナならでは。さらに、苫小牧の伝統漁法を用いたイベントなど盛りだくさん。苫小牧東を訪れる際は、是非立ち寄ってみてくださいね。

秋田(秋田県)周辺の観光スポット
セリオン
セリオン画像

秋田港フェリーターミナルから徒歩5分の位地にある、道の駅あきた港 ポートタワー・セリオン。地元の人たちからはセリオンと呼ばれている、道の駅を兼ねた複合施設として人気のスポットです。セリオンは海を意味するシーと館を意味するパビリオンの造語で、ポートタワー、リスタ、プラザの3つから成りたっています。秋田の街並みを一望できる、ポートタワー5階にある展望室。マルシェとなっている1階では、秋田の名産品や名物の数々が購入可能。リスタには今では目にすることが少なくなった、昔なつかしい雰囲気のうどん・そばの自動販売機が設置されており、密かなブームを呼んでいます。

久保田城
久保田城画像

秋田港フェリーターミナルから車で15分ほど、秋田市中心部近くにある久保田城。現在は石垣や土塁がわずかに残っている程度ですが、入口には立派な門が復元されています。御隅櫓には在りし日の姿を記録した資料が保存されており、一般客にも閲覧可能。また、この櫓は展望台も兼ねており、ここから見る市街地の風景は、他の展望台とは一味も二味も違いますよ。城内を整備してつくられた千秋公園は、秋田市民いこいの場となっており、毎年春には植樹された760本もの桜が満開となります。秋の稲穂だけでなく、春の桜を楽しむ秋田の旅も、趣きがあっていいかもしれませんね。