東京湾フェリー かなや丸
格安フェリー予約

かなや丸のフェリーを予約する

「かなや丸」は、東京湾フェリーが運航するフェリーです。神奈川県横須賀市の久里浜港と、千葉県富津市にある金谷港の11.5kmの間を約40分で結びます。ダイヤは1日12便の日と14便の日があるので、前もって確認しておくとよいでしょう。「かなや丸」は、同社の「しらはま丸」と共に2隻体制で、東京湾の東西を航行。たくさんの船が出入りする浦賀水道を通るだけあって、大型船の雄大な姿を近くで観られるのが魅力です。船内は、1階と2階にそれぞれゆったりと座れる座席を配置。ラグジュアリーな設備が配された、グリーン室も設けられています。「かなや丸」で行く旅行には、インターネットでの事前予約がおすすめ。スムーズな旅のプランを計画してみてはいかがでしょうか。

かなや丸の時刻表・ダイヤ

久里浜港発 金谷港着
久里浜港発 金谷港着 所要時間
6:20 7:00 40分 予約
7:20 8:00 40分 予約
8:20 9:00 40分 予約
9:25 10:05 40分 予約
10:20 11:00 40分 予約
11:25 12:05 40分 ※2 予約
12:10 12:50 40分 ※1 予約
12:15 12:55 40分 ※2 予約
13:20 14:00 40分 ※2 予約
13:50 14:30 40分 ※1 予約
14:20 15:00 40分 ※2 予約
15:25 16:05 40分 予約
16:20 17:00 40分 予約
17:25 18:05 40分 予約
18:15 18:55 40分 予約
19:15 19:55 40分 予約

船舶しらはま丸・かなや丸での運航 ※1 平日(GW、夏休み、年末年始を除く)のみ運航 ※2 土日祝日、GW、夏休み、年末年始のみ運航

金谷港発 久里浜港着
金谷港発 久里浜港着 所要時間
6:20 7:00 40分 予約
7:15 7:55 40分 予約
8:15 8:55 40分 予約
9:20 10:00 40分 予約
10:25 11:05 40分 予約
11:20 12:00 40分 ※2 予約
12:00 12:40 40分 ※1 予約
12:25 13:05 40分 ※2 予約
13:15 13:55 40分 ※2 予約
13:40 14:20 40分 ※1 予約
14:20 15:00 40分 ※2 予約
15:20 16:00 40分 予約
16:30 17:10 40分 予約
17:20 18:00 40分 予約
18:25 19:05 40分 予約
19:30 20:10 40分 予約

船舶しらはま丸・かなや丸での運航 ※1 平日(GW、夏休み、年末年始を除く)のみ運航 ※2 土日祝日、GW、夏休み、年末年始のみ運航

かなや丸について

かなや丸とは
国道16号線の海上ルートとしての役割も担う大型フェリー

久里浜港と金谷港の間を走る「かなや丸」。観光客や地元の方を運ぶ役割はもちろん、国道16号線の海上ルートとして、大切な物流の足を担う役割もあります。「かなや丸」の大きさは、全長79.0m、総トン数3.580tと大きいのが特徴。時速約13ノットで航行しますが、船体が大きいため、揺れを感じることも少ないでしょう。「かなや丸」には、最大680名まで乗船可能で、車両積載台数も、バスのみの場合は最大12台、乗用車のみの場合は105台まで載せることが可能。40分という短い時間ですが、運転で疲れたドライバーさんもしばしの間、船上でゆっくりと休息をとることができます。

浦賀水道ならではのすれ違う大迫力大型船

「かなや丸」は、主に神奈川県の三浦半島と千葉県の房総半島に挟まれた浦賀水道を航行。太平洋と東京湾をつなぐ浦賀水道だけあって、「かなや丸」のほかにも、たくさんのフェリーや貨物船が航行します。時間帯にもよりますが、船内からは浦賀水道を走る大型船を望むことが可能。豪華客船やLNG船、貨物船といった大きな船が進む姿は圧巻の一言です。もちろん「かなや丸」は安全に配慮して航行しているので、安心して大きな船を眺めることができます。

夕陽を堪能できる最適便をご案内

「かなや丸」の船上からは、感動的な夕陽を一望することができます。天候により見れないこともありますが、晴れた日には真っ赤な夕陽を独占。感動的な景色は、いつまでも心に残る思い出となるでしょう。フェリー船上から夕陽を見ることができる時間は、インターネット上などで案内していますよ。久里浜港から金谷港までの便、金谷港から久里浜港行きの便、それぞれの最適便をチェックできます。「かなや丸」に乗船する方は、前もって確認しておくといいですね。

かなや丸の客室
椅子席
船室のなかで一番数が多い椅子席は、「かなや丸」の1階と2階前方にそれぞれ設けられています。リクライニング状になった座席は、腰を下ろしてゆっくり過ごしたい方にぴったり。40分の船旅をリラックスして過ごせるでしょう。また、窓の向こうにはキラキラと輝く海を望むことができ、開放的な船旅を満喫することができます。
ボックス席
「かなや丸」に乗船するグループには、ボックス席の利用が最適。テーブルがある座席もあるので、食事を摂ったり、お茶を飲んだりしながら過ごすことができます。また、窓が配された席では、時間と共に変わる海の景色を独占することができ、美しい景色を共有する船旅が実現。みんなの思い出に残るワンシーンになるでしょう。
ソファ席
「かなや丸」の2階客室の後方、スナックコーナーの近くにはゆったりと座ることができるソファ席が配されています。居心地の良い空間は、個人、グループを問わずリラックスしたい方に最適。長時間の運転で疲れたドライバーさんもくつろげそうです。40分という短い時間ではありますが、コーヒーやお茶を飲みながらいこいのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。
ベンチシート
海を一望できる場所に備えられたベンチシート。「かなや丸」の2階に3つあり、それぞれ2名、もしくは3名程度が利用できる広さです。背もたれもあるので、ゆったりと座ることが可能。朝、昼、夕、それぞれ表情の異なる海の景色をゆっくりと眺めたい方に最適。時間を忘れて海の景色に見惚れる、スローな船旅を満喫できるでしょう。
グリーン室
「かなや丸」の2階には、別途使用料を払って利用できるグリーン室が1室設けられています。室内は、まるでホテルのようにゴージャスなインテリアが印象的。ゆっくりと過ごしてもらうように、豪華なソファが配されています。最大20名まで利用できるので、家族やグループだけで楽しみたい方に最適。もちろん、1名から利用も可能です。
かなや丸のパブリックスペース
トイレ
トイレ

「かなや丸」のトイレは、男性・女性共に1階客室の後方部分にあります。2階客室にトイレはありませんので、乗船する際は注意が必要です。

自動販売機
自動販売機

1階には、ジュースやアルコール類を販売する自動販売機が設置されています。売店には紙コップのソフトドリンクしか用意されていないので、缶やペットボトルのドリンクが欲しい方はこちらで買うとよいでしょう。

かなや丸の船内での食事
朝食
朝食

「かなや丸」の船内には、レストランはありません。久里浜港や金谷港にはレストランがそれぞれあるので、乗船する前に利用するのがおすすめです。

昼食
昼食

船内には食事を摂る施設がないので、久里浜港や金谷港に併設するレストランの利用をおすすめします。また近くのコンビニなどで食べ物を買ってから乗船するのもおすすめ。海を眺めながら食べるごはんは、格別の味です。

夕食
夕食

船内に食事をする施設がない「かなや丸」。近くの食堂などで食事を済ませてから乗船するのが良さそうです。前もってどんな食堂があるか、リサーチしておくとよいですね。

かなや丸の出発到着ターミナル

東京湾フェリー 久里浜ターミナル
東京湾フェリー 久里浜ターミナル

横須賀市の久里浜港にある東京湾フェリー 久里浜ターミナル。建物の正面は、ガラス張りで明るい雰囲気なのが印象的です。そんな、東京湾フェリー 久里浜ターミナルの敷地内には、およそ100台の車を停めることが可能な有料駐車場も完備。また、建物内やフェリー乗り場はバリアフリーに対応しているので、車いすの方やお体の不自由な方も安心して利用いただけます。さらに、24時間営業・年中無休なので、いつでもフェリーを利用することができます。

住所 横須賀市久里浜8-17-20
電話番号 046-835-8855
特徴
  • 年中無休
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
東京湾フェリー 久里浜ターミナルの詳細ページへ
東京湾フェリー 金谷ターミナル
東京湾フェリー 金谷ターミナル

千葉県富津市の金谷港にある東京湾フェリー 金谷ターミナル。広い敷地内には、フェリーのりばや待合所などが一体となっています。また有料駐車場もあり、こちらには約60台の車が駐車可能。さらに、南房総の海の玄関口ともいえる東京湾フェリー 金谷ターミナルにはお土産店もあり、退屈しないよう工夫がされています。こちらでは数多くのお土産を選ぶこともできますので、じっくり見てまわれるよう時間に余裕を持って行かれるのをおすすめします。

住所 千葉県富津市金谷4303
電話番号 0439-69-2111
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
東京湾フェリー 金谷ターミナルの詳細ページへ

かなや丸のサービス

ゴルフを楽しむ方への配慮

金谷港の近くには、千葉県を代表するゴルフ場がたくさんあり、神奈川県方面からフェリーに乗って、千葉県のゴルフ場に行く客が多くいることで知られています。「かなや丸」には、ゴルフ客が船内でリラックスできるように、乗船口近くににゴルフバッグを置くスペースを用意。スペースは、土日ともなれば、多くのゴルフバッグが並んでいます。ゴルフでいい汗をかいた後は、「かなや丸」で潮風に吹かれて爽やかな時間を過ごす。なんとも優雅な休日ですね。

フェリー船上からの景色

「かなや丸」では、東京湾、そして神奈川や東京、千葉の景色を、海の上から眺めることができます。四方さえぎるものがない船の上だからこそ、美しい海の景色も、慣れ親しんだ関東の景色も独占できるのが魅力。朝日を浴びてキラキラ輝く海の景色、富士山に沈む夕日など、船旅ならではの情景を楽しむことができます。また、開放的なデッキでは、潮風に包まれた爽やかなひと時を満喫。開放的な気分で過ごす時間は、船旅の醍醐味と言えるでしょう。

プライベート空間

「かなや丸」の船内には、別途料金を支払って利用できるグリーン室が設けられています。最大20名まで利用可能。人数ごとの追加料金は必要ないので、人数が多いほうがお得ですね。室内はまるで豪華ホテルの部屋のよう。美しいインテリアが配され、くつろいで過ごせるソファのほかテレビも設置されています。40分という短い船旅ではありますが、まるでセレブのような気分で船旅を楽しめるグリーン室。プライベートな空間で過ごしたいグループや家族におすすめです。