種子屋久高速船の航路と最安値

種子屋久高速船とは(会社・フェリーの特徴)

  1. 大手フェリー会社2社合弁の種子屋久高速船
    種子屋久高速船で運航しているフェリーには、「トッピー」と「ロケット」があり、かつてはそれぞれ別の会社が所有していました。トッピーは「鹿児島商船株式会社」、ロケットは「コスモライン株式会社」が運航していたのですが、2012年4月1日からは両社の合弁による運航となりました。どちらも旧称のまま引き継がれて、現在も同じ呼び名で活躍しています。ちなみに、トッピーという可愛らしい名前は、鹿児島の方言で「トビウオ」の意味があるのだとか。
  2. 鹿児島と種子島・屋久島間を結ぶ航路
    鹿児島と種子島・屋久島間を結ぶ航路の種子屋久高速船。鹿児島~種子島間はおよそ1時間35分、鹿児島~屋久島間は最長2時間35分で結びます。時速80kmで運航するため移動はとっても早く、所要時間も大幅に短縮されました。スピードが速いため、座席に付いたら必ずシートベルトを締めるよう指示があります。安全に利用できるように、きちんとルールを守って乗船するようにしましょう。通常の旅客フェリーとはまた違った乗り心地を体感してみてくださいね。
  3. 1日7便で便数が多い
    種子屋久高速船で運航している便数は、多いシーズンで1日7便、冬だと6便です。一番早い便は、朝は7時から出航し、最終便は夕方の16時45分まで運航しています。そのため、もし乗る予定の便に乗船できなかったとしても、次に出航する便に乗ることができますよ。便数が多いため、次の便までの待ち時間も短いのが嬉しいですね。移動時間も待ち時間も短縮できるので、旅行で鹿児島や種子島・屋久島を訪れる方は、滞在時間を有効に使えますよ。
  4. ボーイング社開発の水中翼船
    種子屋久高速船の「トッピー」と「ロケット」は、ボーイング社が開発した「水中翼船(すいちゅうよくせん)」という構造の船です。水中翼船とは、またの名を「ハイドロフォイル(Hydrofoil)」といい、船体が浮上して翼だけで進む構造となっています。そのことによって、波の影響や水の抵抗を少なくして、高速で進むことができるようになりました。運航中の姿は水面に浮いているように見えることもあり、まるで航空機のようなフェリーです。旅客用に改装されたものは「ジェットフォイル (Jetfoil)」と呼ばれ、「トッピー」「ロケット」はこれに当たります。
  5. 航空便に比べて予約が取りやすい
    1便に約260名の乗客を乗せることができるため、航空便に比べて最大で約8倍もの人を輸送できるのがフェリーを利用する最大のメリット。また、1日の出航便数も多いため、格段に予約が取りやすいのも種子屋久高速船の特長です。ゴールデンウィークや年末年始などの大型連休は旅行客が多いため、早めの予約は必要となりますが、それ以外の日だと予約はなしでも乗船できます。特に大人数で利用する場合は座席の確保がしやすいため、種子屋久高速船を利用するのがおすすめですよ。

種子屋久高速船の料金・割引・キャンセル

通常運賃
片道・往復運賃
・運賃は夕方便と深夜便の双方に適用しています。
・船会社での直接予約は2カ月前の同日の午前9時から、日曜日か祝日の場合は翌営業日からとなっていますが、スカイチケットではそれよりも早くからのお申込みが可能です
・出発予定日の約60日前から予約可能です。期限切れに注意しましょう。
・スカイチケットの購入・予約期限は、4日前となります。
・運賃支払い後の予約の変更は一度予約を取り消し、取り直す必要があります。その際はキャンセル料は発生しませんので、キャンセル時に新しい予約の予約番号をお伝え下さい。
・旅客、車両乗船予約以外にオプションもご予約される場合は必ず予約時に同時にお申込みください。但し、一部のオプション料金に関しては当日窓口での精算が必要となりますので、ご準備をお願いします。
お子様の運賃
・小学校に就学していないお子様を幼児、修学しているお子様を小児とします。中学生以上のお客様は大人料金となります。
・小児のお子様の場合、大人の方と一緒にご予約される場合は大人と同じ運賃を選択して予約できます。その際、小児運賃と比較をし料金が安い方が適用されます。
・幼児のお子様の場合、大人1名につき幼児1名がお膝に座ることができます。また、大人1人につき幼児2人が同行して頂けますが、1名はお膝の上に座って頂き、もう1名は座席確保が必要となります。
・幼児のお子様の航空券をインターネットで予約される場合、同伴者のお膝に座られる場合は「幼児」をご選択ください(無償)。また、座席確保をされる場合は0-1歳の方はお電話でのご予約となり、2歳以上の方は「小児」を選択してご予約となります。
キャンセル料金
スカイチケットでのご予約には以下のキャンセルポリシーが適用されます。
■キャンセル手数料
ご予約確定後のキャンセルは下記のキャンセル料及び予約取消手続料が
発生いたしますのでご注意ください。
〈キャンセル料〉
・旅行開始日の20日前より8日前まで:旅行代金の20%
・旅行開始日の7日前より2日前まで:旅行代金の30%
・旅行開始日前日:旅行代金の40%
・旅行開始日当日の開始時間まで:旅行代金の50%
・旅行開始後または無連絡不参加:乗船代金の100%

〈予約取消手続料〉
・旅行開始当日の開始時間まで:予約1件につき300円

※キャンセルについては予約確認ページにてお手続きをお願いいたします。
キャンセル理由により、キャンセル手数料(キャンセル料及び予約取消手続料)と決済手数料の条件が異なります。
予約確認ページからのキャンセル申込み時にキャンセル理由をご選択ください。
・お客様都合によるキャンセル:キャンセル手数料あり、決済手数料返金対象外
・フェリー欠航・運休等によるキャンセル:キャンセル手数料なし、決済手数料返金対象外
・予約取り直しによるキャンセル:キャンセル手数料なし、決済手数料返金

種子屋久高速船の乗船までの流れについて

必要な物の準備 必要な物の準備画像
港へ向かう 港へ向かう画像

乗船に必要なもの

〈当日必要な持ち物〉
・乗船券(窓口でチケットを購入された方)
・払込金受取書(銀行振込をされた方)
・クーポン券(旅行代理店で購入された方)
・決済確認メール(インターネット予約でクレジット決済をされた方)
・領収書または払込受領書(インターネット予約でコンビニ決済をされた方)

鹿児島本港南埠頭 種子・屋久高速旅客ターミナルへのアクセス
・鹿児島中央駅~桜島桟橋シャトルバス「高速船ターミナル」で下車
・タクシーは、JR「鹿児島駅」から約5分、JR「鹿児島中央駅」から約15分
・鹿児島空港のバス停2番より10分毎に鹿児島市内行きが運行(所要時間は約50分)
■指宿/指宿港 高速船ターミナルへの
・鹿児島空港から車で約130分
・JR鹿児島中央駅から車で約70分
■屋久島/宮之浦港 高速船ターミナルへのアクセス
・屋久島空港から車で約30分
■屋久島/安房港 高速船ターミナルへのアクセス
・屋久島空港から車で約15分
■種子島/西之表港 高速船ターミナルへのアクセス
・種子島空港から車で約40分

上記が必要になります。当日忘れずにご持参ください。

カウンター受付 カウンター受付画像
乗船 乗船画像
乗船券は事前に乗船の予約をしなくても、空席があれば当日の購入が可能です。ハイシーズンや時間帯などによっては、満席になる場合もあるのですが、平日は比較的空席がありますよ。座席の確保ができたのなら、次は座席指定窓口にて搭乗の手続きを行ないましょう。なお、受け付けは出港時刻の1時間前から開始となっています。当日の手続きは、必要な持ち物を持参の上、出港時刻の20分前までにご搭乗手続きをお済ませておきましょう。この時刻を過ぎると、乗船できない場合もあるのでご注意くださいね。また、天候などの影響によって、欠航となる場合もあります。もしも当日に運航するかどうか不安だという場合は、種子屋久高速船までお問合せくださいね。
注意事項
・それぞれのターミナルへは、バスやタクシーを利用して向かうのがおすすめ。
・乗船券は空席があれば当日の購入が可能。
・申し込み方法ごとに必要となるものを持参する。
・乗船の受け付けは、出港時刻の1時間前から開始。
・出港時刻の20分前までに搭乗手続きを済ませておく。

種子屋久高速船の受託手荷物・船内持込みについて

手荷物

種子屋久高速船のフェリーでは、手荷物として持ち込める物は、折りたたみ自転車やサーフボード(ショートボード)、釣具用品やクーラーボックスなど。サーフボード(ショートボード)を船内に持込む場合は、1本ごとに片道1,000円の料金が必要となります。なお、ロングボードは持ち込みやペットの同伴は不可となっているのでご注意ください。これらの他にも、手荷物として持ち込めるかどうか不明な荷物に関しては、事前にお問合せくださいね。

手荷物画像
大きさ 3辺の長さの合計がが115cm以内
重さ 一人重さ15㎏以内
個数 一人スーツケース2個程度

種子屋久高速船の船舶について

トッピー2
トッピー2画像

白と緑のデザインが印象的な、種子屋久高速船を代表するフェリーの「トッピー2」。1992年4月に竣工された2階建てのフェリーで、船内には青色を基調とした座席がたくさん設置されています。1階部分の階段横にあるスペースには、携帯電話使用場所も設置されているので、通話やメールなどで携帯電話を使用する場合はこちらでどうぞ。

トッピー2 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
163トン 43.0ノット 30.3m 260名 なし
トッピー3
トッピー3画像

白と黄色でカラフルな船体の「トッピー3」。2階建ての船内には、1階の前方部分にカーテンで仕切られたプレミアムシートが完備されています。目の前には邪魔するものが何もなく、絶景が広がる特別席ですよ。そんなトッピー3は、種子屋久高速船で運航しているフェリーの中で一番新しいフェリー。1995年3月に竣工して以来、たくさんの利用客に愛されているフェリーです。

トッピー3 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
164トン 43.0ノット 30.3m 260名 なし
トッピー7
トッピー7画像

白とピンクの可愛らしい外観が印象的な「トッピー7」。船内は明るく、座席の間の通路も広くて清潔感もありますよ。2階建てで、車いすの方でも安心して利用できる専用スペースが設置されているバリアフリーに配慮されたフェリー。竣工されたのは1979年2月で、種子屋久高速船で運航しているフェリーの中では、最も古くから活躍しているフェリーです。

トッピー7 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
281トン 43.0ノット 27.4m 260名 なし
ロケット1
ロケット1画像

船体は白ベースに赤・青・黄色のカラフルなデザインがとってもオシャレな「ロケット1」。2階建ての船内は、青を基調として座席とシンプルな内装となっています。1994年6月に竣工し、種子屋久高速船で運航しているフェリーの中でも比較的新しいフェリーです。また、ターミナルや行き先によってどのフェリーが運航するのか決まっているわけではありません。そのため、どのフェリーに乗ることができるか期待できるのも種子屋久高速船ならではの楽しみ方ですね。

ロケット1 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
165トン 43.0ノット 30.3m 230名 なし
ロケット2
ロケット2画像

種子屋久高速船で運航しているフェリーのロケットシリーズ。その中でも、最も古くから多くの乗客を乗せて運航しているのがこの「ロケット2」で、竣工は1984年6月となっています。2階建てのフェリーには、約230名の方が座れる座席が完備。鹿児島と種子島・屋久島間を進むフェリーで、のんびりと海の旅をお楽しみくださいね。

ロケット2 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
164トン 43.0ノット 30.3m 230名 なし
ロケット3
ロケット3画像

2階建てのフェリーで、清潔感のある船内が人気となっている「ロケット3」。竣工は1990年7月で、船内の1階前方部分には広々とした座席のスーパーシートを完備しています。そこからの景色は格別で、写真撮影をするのにもおすすめの座席ですよ。鹿児島や種子島・屋久島を旅行で訪れる際は、航空便にはない快適な乗り心地と景色を是非ご堪能くださいね。

ロケット3 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
164トン 43.0ノット 30.3m 230名 なし
種子屋久高速船の船内客室について
プレミアムシート

1階の前方部分に「プレミアムシート」が設置されています。こちらの座席を希望の場合は、窓口で発券のときに予約が可能。追加料金が発生し、通常の運賃にプラス1000円で、特等席に座ることができますよ。1階の最前列は人気の座席となっていて、数に限りがあります。もし予約するのであれば、座席がなくなる前に申し込みしておくのをおすすめします。

この部屋がある船:
プレミアムシート画像
スーパーシート

1階の前方部分には、やや大柄のシートでゆったりと座ることができる「スーパーシート」が完備。こちらの座席を利用する場合は、通常の運賃に1000円が追加となります。追加料金が発生しますが、特等席で景色を楽しみたいという方にはおすすめとなっています。天気の良い日などは特に眺めは最高ですよ! ご家族や友人同士のおでかけにちょっとリッチなスーパーシートを利用してみてはいかがでしょうか。

この部屋がある船:
スーパーシート画像
一般座席

種子屋久高速船が運航している全てのフェリーには、たくさんの方が利用できる一般座席が1階と2階にあります。こちらは、ブルーのシートでバスのような座席となっています。リクライニング可能な座席なので座り心地はとっても快適ですよ。また、座席の後ろにはドリンクホルダー付きの簡易テーブルが備わっているため、軽食をとったり、荷物を置くのにお使いくださいね。

この部屋がある船:
一般座席画像
種子屋久高速船の船内パブリックスペースについて
自動販売機コーナー
自動販売機コーナー画像

船内の1階部分には、2階へと上る階段横のスペースに自動販売機が設置されています。もしも、飲み物を買い忘れた時や、乗船中に喉が若いた時はこちらをご利用ください。

トイレ
トイレ画像

種子屋久高速船が運航している全てのフェリーには、男女別のトイレを完備しています。さらに1階と2階にそれぞれありますので、どなたも安心してお使いください。

車いす席
車いす席画像

種子屋久高速船が運航しているフェリーは、車いすでの乗船も可能で、専用のスペースも設けてあります。乗船の際は、必ずシートベルトを着用して頂きますので、あらかじめご了承ください。

種子屋久高速船の船内サービスについて

揺れが少なく船酔いしない

ジェットフォイルで運航している種子屋久高速船のフェリーは、普通の船よりも揺れが少ないのが特長です。このことによって、航海中も船酔いが少なく快適に過ごすことができます。浮上してからスピードアップする出発時は、大人も子供もテンションが上がりますよ。

1階の最前列は絶景を独り占めできる

操縦席が2階の前方にあるため、1階の最前列は絶景を独り占めできますよ。目の前には広い海や、そこに浮かぶ島々など前面展望が楽しめます。「プレミアムシート」や「スーパーシート」という名前で、追加料金1000円で利用が可能。

船内アナウンスでお知らせしてくれる

有名な島や半島、観光スポットなどが近づいて来ると、船内アナウンスでお知らせしてくれるサービスがありとってもありがたいと好評です。さらに目的地に到着後は、港ですぐにタクシーに乗れるようにと、船内で「予約希望の方はお声かけください」とアナウンスしてくれます。

船内にテレビが設置されている

船内に設置されているテレビでは、観光案内のビデオが流れているので、目的地に到着後の情報を知ることができます。窓の外を流れる景色を楽しんだり、テレビを観たりして移動時間ものんびりと過ごすことができますよ。

種子屋久高速船のターミナル

種子屋久高速船 鹿児島ターミナル
種子屋久高速船 鹿児島ターミナル

種子屋久高速船 鹿児島南埠頭ターミナルは、三角の屋根が印象的な建物で、待合室や売店などがあり待ち時間を快適に過ごすことができます。港からは桜島をバックに運航する船が見え、ここでしか見られない景色を楽しむことが可能。桜島へのアクセスが良く、スケジュールが合えば桜島観光もおすすめです。釣りスポットとしても人気がありますので、釣り好きの方は待ち時間に釣りをするのも良いのではないでしょうか。近くにはドルフィンポートという商業施設があり、飲食店も多数。旅の前にしっかり腹ごしらえをしたい方も安心。このようにさまざまな楽しみ方ができるので、船の待ち時間も退屈せずにいられるでしょう。

住所 鹿児島県鹿児島市本港新町5
電話番号 099-223-4251
特徴
  • 年中無休
  • お土産
種子屋久高速船 鹿児島ターミナルの詳細ページへ
種子屋久高速船 指宿ターミナル
種子屋久高速船 指宿ターミナル

種子屋久高速船 指宿ターミナルには、指宿港と鹿児島本港や種子島、屋久島を結ぶ高速船が発着。ピンク色の壁が目印のこじんまりとした待合所で、おしゃれとは言い難いですが、レトロな雰囲気が旅情をそそります。自動販売機があるので、待ち時間にのんびりお茶やジュース飲むのもおすすめ。種子屋久高速船 指宿ターミナルがある指宿は温泉街として人気があり、海を眺めながら入浴できる絶景露天風呂や足湯、砂むし温泉などが楽しめます。船旅のついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

住所 鹿児島県指宿市湊4-1274-15
電話番号 0993-22-4880
特徴
  • 年中無休
  • 連絡バス
種子屋久高速船 指宿ターミナルの詳細ページへ
種子屋久高速船 宮之浦ターミナル
種子屋久高速船 宮之浦ターミナル

発着場である種子屋久高速船 宮之浦ターミナルは屋久島を時計に見立てると12時から1時のあたりにあります。屋久島へ向かうための移動手段はいくつかありますが、種子屋久高速船はジェットフォイル「トッピー」「ロケット」で行く文字通りの高速航路。普通の旅客フェリーとは少し違い、乗り場もまた異なるので注意しましょう。海に突き出た形をする港ですが、種子屋久高速船 宮之浦ターミナルは港の根本、一番手前側にある建物です。

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-11
電話番号 0997-42-2003
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
種子屋久高速船 宮之浦ターミナルの詳細ページへ
種子屋久高速船 安房ターミナル
種子屋久高速船 安房ターミナル

やや歪んだ円を描く屋久島。時計に見立てたときにちょうど3時の方向に種子屋久高速船 安房ターミナルがあります。発着場は島の主要道路である県道77号線からやや外れた先で、地域の名前でもある安房川の河口部に面しています。かつては屋久杉の積み出し港としても栄え、歴史ある土地としても知られています。現在では主にジェットフォイルの発着ターミナルとして、大型の旅客ターミナルも停泊する宮之浦ターミナルと差別化が図られています。

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房176-1
電話番号 0997-46-3399
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
種子屋久高速船 安房ターミナルの詳細ページへ
種子屋久高速船 西之表ターミナル
種子屋久高速船 西之表ターミナル

種子島の海の玄関口、西之表港に位置する種子屋久高速船 西之表ターミナル。種子島空港とリムジンバスで直結していて、島内を一周する路線バスの停留所もあり、アクセス良好です。ターミナルには売店や待合室があり、快適にフェリーを待つことが可能。お土産が充実しているため、買い忘れていた場合はここで調達しましょう。日本の宇宙開発の中心である種子島らしく、ミニチュアのロケットがあるので、ぜひ見ていくことをおすすめ。記念写真のスポットとしても人気です。

住所 鹿児島県西之表市西町49-1
電話番号 0997-22-1224
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
  • レンタカー
種子屋久高速船 西之表ターミナルの詳細ページへ

種子屋久高速船 利用者の口コミ・評判

アイコン画像 20代前半 女性 鹿児島本港種子島 西之表港 トッピー

九州で趣味である一人旅をしてた時に利用しました。フェリーなら何度か乗ったことがありますがジェットフォイルに乗るのは今回が初めてです。受付する際に1階か2階かを選べるようです。ただし繁忙期などは出来ない模様。座席もゆとりを持った位置に案内してもらえるので、一人旅で慣れているとはいえのびのびと席に座ることができました。席の配置はフェリーというよりもどちらかといえば新幹線や航空機に近い感じで、座った際もシートベルト着用。航海時間も一時間半程度なので、通常の旅客フェリーを基準にしていた私はあまりの速さにびっくりしていました。またこの航海時間の影響か、同航路を運航する普通のフェリーは1日1便ですが、ジェットフォイルなら時期によりますが複数便出ています。その気になれば弾丸ツアーも可能なので、次回もまた利用してみたいと思います。


アイコン画像 30代後半 男性 鹿児島本港屋久島 宮之浦港 ロケット

鹿児島には湯治をしに向かったのですが、そんなに時間がかからないということで高速船に乗って屋久島へ行ってきました。ジェットフォイルという船に乗るのは初めてでしたが、なんというか、大型のモーターボートといった感じです。船底の前後についている翼のようなパーツで水の上に飛び上がって走るようですが、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。何しろ海の上を80kmもの速度で飛ばすので、幸運にも座れた窓際の席で大迫力の景色を眺められました。移動時間は三時間程度。ただこれは途中で別の港に寄港した影響だそうで、本来なら鹿児島から種子島まで一時間半程度で着くそうです。値段の方も、時間対費用で考えればかなり手ごろではないでしょうか。時間に気を使う場合や、海の上を高速で走る爽快感を感じたい場合にはおすすめです。


アイコン画像 40代前半 男性 鹿児島本港種子島 西之表港 ロケット

家族で種子島観光に行く際に利用しました。妻と子供と三人での旅行でしたが、船に乗ると聞いて子供も大喜び。ただ長時間の移動は子供にはきついものなので、一、二時間程度しかかからない高速船を選択しました。ジェットフォイルと呼ばれるその船は一般的なフェリーとは違い小ぢんまりとした形でした。とはいえ地味というわけでもなくスタイリッシュな格好良さがあったので、子供受けはいいと思います。実際喜んでいました。受け付け時には1階がいいか2階がいいか聞かれたので、眺めがいいという2階の席を指定。確かに視界が高くなり、2階建てバスに乗ったような感覚でした。行きも帰りもそれほど時間がかからなかったので、旅行日数を詰められたのもいいポイントです。ただ自分たちは身一つで旅行していたため気になりませんでしたが、高速船は乗用車の積載は不可。渡航した先で車に乗りたい場合は別のフェリーを利用するか、レンタカーを借りるしかなさそうでした。


アイコン画像 50代前半 男性 鹿児島本港屋久島 安房港 ロケット

毎年恒例となった屋久島旅行で利用しています。乗船するのはトッピーで、これも長い付き合いになりました。トッピーは飛び魚という意味で、その名の通り海の上を高速で駆ける船です。かなりの速さで走るので波に大きく揺らされることもありません。私は比較的酔いやすい方だと思いますが、幸いにも今まで乗った中で体調を崩したことはありませんでした。船内は2階建てで、席は両脇と中央で3列分。前方にはモニターがあって、テレビ番組や観光案内などが流れています。1階席と2階席にそれほど違いはありませんが、2階席の方が視点が高くなるので水平線までよく眺められます。一方で1階席は船首方向に追加の席があり、少し大きめの座席であるプレミアムシートが備えられた特別席。車いす用の席もこちらです。注意すべき点はシートベルト必須ということと、高速で移動しているので海の風を感じられないことぐらいでしょうか。これからも安全運転で頑張ってほしいです。


種子屋久高速船のよくある質問について

ペットの同伴は可能ですか?

ペットの同伴は不可となっています。ただし、盲導犬や聴導犬は対象外ですので一緒に乗船していただけます。詳しくは、種子屋久高速船にお問合せください。

欠航になった場合、その後の手続きはどのような扱いになりますか?

その日の天候や気象状況によって運転が欠航になった場合、事前にチケットをご購入されている方は全額払い戻しとなります。その際は、乗船予定日から1か月以内にチケットをご購入した場所へお申し出ください。運行状況は、種子屋久高速船のホームページや窓口でご確認ください。

条件付運航とは何ですか?

台風などの悪天候時、一旦出港した後に引き返す可能性があるという条件が付いた運航のことです。この場合の取消手数料(払戻し手数料)は一切かかりません。

港に駐車場はありますか?

各港には無料で利用できる駐車場がございます。ただし、鹿児島本港南埠頭ターミナル前にある県営駐車場は有料となっております。