あざれあのフェリーを予約する

「あざれあ」は北海道の雪をモチーフにした、透明感のある爽やかな空間の船。映画シアターやプロムナードを廃止した分、個室を広くしオーシャンビュー可能な部屋を増やしました。エントランスで無料映画鑑賞やコンサート、各種イベントを行いスペースをフル活用しています。それに伴い、それまでエントランスに設置されていた各フェリー独特のモニュメントがないので、船長コスプレで記念写真。こんな「あざれあ」でのフェリー旅行をご計画の際は、ネット予約が便利です。

あざれあの発着航路と料金最安値

あざれあの時刻表・ダイヤ

新潟港発 小樽港着
新潟港発 小樽港着 所要時間
11:45 4:30 16時間45分 ※1 予約

船舶らべんだあ・あざれあでの運航 ※1 火~日のみ運航

小樽港発 新潟港着
小樽港発 新潟港着 所要時間
17:00 9:00 16時間 ※2 予約

船舶らべんだあ・あざれあでの運航 ※2 月~土のみ運航

あざれあについて

あざれあとは
2017年就航の新造船でゆったり贅沢な時間を

2017年6月28日に就航した「あざれあ」は旅客定員600名で新潟から小樽を姉妹船と共に週3日運行しています。従来のフェリーにあったプロムナード、シアタールームをなくしゲームセンターを縮小することにより客室スペースを広くとれるようにしました。1例を挙げると、スイートルームは56平米の広さがあり、スイートと呼ぶにふさわしい広々とした空間。また大部屋を寝台化にすることにより、各プライベートルームがより広いスペースを確保できています。

デッキ付き個室で味わえる自分だけのオーシャンビュー

宿泊する 部屋に専用デッキがあり思う存分オーシャンビューを楽しめたら最高ですね。「あざれあ」と姉妹船には、専用デッキ付きの部屋がたくさんあります。また個室のほとんどの窓からも海が見える設計。新日本海フェリーは、以前階層でグレードを分ける方式でした。しかし「あざれあ」と姉妹船からは階層ではなく外側に部屋があるかインサイドかによってグレードを決めるように変更。だれにも邪魔されずに、オーシャンビューを満喫できますよ。

無料映画上映サービスなどのエントランスホール各種イベント

もともと新日本海フェリーではエントランス中央にコンセプトを象徴するモニュメントが飾られているのが普通でした。「あざれあ」と姉妹船では従来の固定観念にとらわれず、エントランスホールを合理的に活用できるスペースに。以前はシアタールームで上映されていた無料映画上映のサービスをはじめ、コンサートや各種イベントなどをエントランスホールで開催。屋外劇場のような開放感があり、座りきれないような人気のイベントの時は、上部螺旋階段から見ることもできますよ。

あざれあの客室
スイートルーム
「あざれあ」のスイートルームは、56平米もある広々としたお部屋です。船内にツイン4室を設置。専用デッキに座り、潮風に吹かれながら青い大海原を満喫した後は、オーシャンビューの浴室で湯浴みしながらのサンセット。風呂上りには無料DVDソフトで映画鑑賞もできますよ。選りすぐりの食事サービスもついていて、思い出に残る旅行になりますね。
デラックスルームA
「あざれあ」のデラックスAの特筆すべき点は、なんといっても全室オーシャンビューの専用デッキ付き。24室あるツインの洋室は室内のソファから海を眺めることもできます。2~3名定員で8室ある和室は純和風でホッとする空間で、もちろん専用デッキも。バスルームはシティホテルのように必要な備品は揃っていますので、プライベートにゆっくりくつろげそうです。
ステートルームA
ステートルームA(ツイン)は「あざれあ」5階インサイドに12室、4階に44室。また和洋室タイプは22室あり、ツインとソファベッドの4名用です。ペット同伴で宿泊できるウィズペットルームも2室ありますよ。このお部屋には、シャワーとシャワートイレ、洗面所があります。機能的になっているので、家族旅行にピッタリですよ。
ツーリストS
バイクのツーリングのお客様に人気のツーリストSは、「あざれあ」に全44室。そのうち24室はバリアフリー対応です。1段ベッドの個室タイプなのでプライベートを確保。荷物もたくさん置ける広さですし、施錠も可能です。テレビはベッドの足元に設置済み。風呂は6階の露天風呂、大浴場サウナを利用できます。バリアフリー対応のトイレと浴室は4階にあります。
ツーリストA
グループ旅行に最適なツーリストAは5階に22名定員3室、4階に28名定員5室。2段ベッドタイプですが、はしごでなく階段で昇降できるので使いやすいです。各ベッドには枕とキルトケット、シーツを完備。風呂は6階の露天風呂、大浴場サウナを使ってください。施錠はできませんので、貴重品はロッカー保管をおすすめします。
ツーリストC
ツーリストCは「あざれあ」に1室だけある18名の寝台大部屋。ツーリストAと設計は同じです。備品の違いは、ツーリストAがキルトケットのところ、ツーリストCが毛布でリーズナブルだという点。それとこれは大切な点になりますが、ツーリストCはトイレの隣にあるので流水音など気にならない眠りの深い方にはお得でおすすめのお部屋です。
ドライバーズルーム
「あざれあ」はトラック積載台数150台の船。仕事でフェリーを利用するドライバーのお客様が大勢いらっしゃいます。「あざれあ」ではドライバールーム8室を設置。個室ではありませんが、仕事で何度も利用する方にとってリーズナブルな大部屋は便利でしょう。風呂はドライバー浴室がありますので、ぜひ利用してみてください。
あざれあのパブリックスペース
ドッグフィールド
ドッグフィールド

ステートルームA(ウィズペットルーム)のそばにペットが遊べる広いドッグフィールドがあります。11月~3月は利用できませんので注意してください。

ゲームルーム
ゲームルーム

スロットゲームとUFOキャッチャーがある小さめのゲームセンター。フェリー内ではクイズラリーやビンゴゲームなどのイベントがあるのでそちらも楽しんでください。

アミューズボックス
アミューズボックス

カラオケボックスのようなスペース。2室あります。カラオケのほかにもレンタルDVD(有料)のサービスもあるので、お好みで映画鑑賞もできますよ。

コインロッカー
コインロッカー

100円返却式のコインロッカーと、番号暗証式の小型ロッカーの2種類あります。施錠出来ない大部屋のお客様や、お風呂に行くときなどに利用すると便利。

案内所
案内所

乗下船口から入ってエントランスの左側にあります。こちらでお部屋の確認をし、個室のお客様はカードキーを受け取ってください。

自販機コーナー
自販機コーナー

ちょっと小腹が空いた時に、焼きおにぎりやタコ焼きなどのホットメニューを買えます。そのほか、ソフトドリンクやビールなどもありますよ。

コインランドリー
コインランドリー

旅行中洗濯できると便利ですね。コインランドリーは4階の船首と中央トイレの近くの2か所。男女別になっているので、女性のお客様は使いやすいです。

エントランス
エントランス

螺旋階段が美しいエントランスは、大きい液晶画面のある多目的ステージとして使用。無料の映画上映やイベントなどこちらで楽しめますよ。

バリアフリー浴室
バリアフリー浴室

バリアフリー浴室は4階にあり、バリアフリートイレと隣接しています。バリアフリー浴室は通常施錠されていますので、お使いの際は案内所に声をかけましょう。

ドライバー浴室
ドライバー浴室

ドライバールームの近くにドライバーのお客様のために、ドライバー浴室を設置。一般の観光客とは別となっていますので、気兼ねなく利用できます。

あざれあの船内での食事
朝食
朝食

朝食は和盛合わせと洋盛合わせのセットメニューのほか、焼き魚やベーコンソテーなどの単品メニューもあります。朝小鉢や朝フルーツもどうぞ。

昼食
昼食

昼食は新日本海フェリー特製カレーや、北海道の幸を使ったラーメンをいただけます。ワンランク上の食事をご希望なら、グリルのランチをおすすめします。

夕食
夕食

夕食は、新日本海フェリー特製ビーフカレーや、北海道の幸を使ったセット料理があります。中華料理などもいただけますよ。ホテル監修のディナーならグリルがおすすめです。

あざれあの出発到着ターミナル

新日本海フェリー 新潟フェリーターミナル
新日本海フェリー 新潟フェリーターミナル

新日本海フェリー 新潟ターミナルは、白い建物が特徴的なフェリーターミナルです。海に向かって左右に伸びるターミナルの入り口前には、大きな駐車場も完備。決して派手ではありませんが、中には清潔感あふれる素敵な空間が広がっています。近隣はのんびりとした雰囲気が漂う閑静な住宅街。徒歩圏内にはコンビニがないため、ターミナル内の売店やレストランはたくさんの方に利用されています。お土産を購入したり軽い食事を取るなど、乗船時間までの過ごし方は人それぞれ。フェリーの模型が見られる展示室も好評ですよ。

住所 新潟県新潟市東区古湊町 2番20号 山の下埠頭
電話番号 0252-73-2171
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 新潟フェリーターミナルの詳細ページへ
新日本海フェリー 小樽ターミナル
新日本海フェリー 小樽ターミナル

かつては石炭の積出港として栄えた小樽港。現在では、人や物を運ぶ日本海側の重要な拠点としても親しまれています。そんな新日本海フェリー 小樽ターミナルからは、日本海側の新潟港や京都府の舞鶴港へ定期便が運航しています。日本海に昇る朝日や夕日などの壮大な風景を愛でながら、癒しの時間を過ごせますよ。デザイン性の高い新日本海フェリー 小樽ターミナルには、レストランやショップ、荷物の保管に便利なコインロッカーもあります。ご飯を食べたり、地元のお土産を選んだりと出港までや寄港後の時間を有意義に過ごせます。フェリーならではの風景を眺めながら旅するのもたまには良いものですね。

住所 北海道小樽市築港7番2号勝納埠頭
電話番号 0134-22-6191
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 小樽ターミナルの詳細ページへ

あざれあのサービス

オーシャンビューの和洋室

2017年に就航した「あざれあ」と姉妹船では二等和室がなくなり、その代わりに和洋室というタイプの部屋が登場しました。一見普通のツインのようですが、入口を入ると床が一段高くなっておりそこから靴を脱ぐ仕様。奥のソファは簡易ベッドになっているので夜はベッドとして利用できます。お子様との家族旅行にピッタリのお部屋。船全体で客室スペースを広くとっているため、和洋室では全室オーシャンビューの窓がついた設計となりました。

船長コスプレ記念写真

今までの新日本海フェリーのエントランスには、船のコンセプトをテーマにしたモニュメントがありそこで記念写真を撮れるようになっていました。「あざれあ」と姉妹船ではエントランススペースを多目的ホールとして利用しているためにモニュメントはなくなりました。しかし昔からの船長コスプレ写真撮影は今でも残っています。ここには、白とブルーの船員服が用意されています。船長コスプレで「あざれあ」乗船の思い出ショットを撮ってください。

バーベキューガーデンの給湯器

今まで新日本海フェリーでは、各階に給湯器が設置されていましたが「あざれあ」と姉妹船では1か所のみです。場所は船尾左舷バーベキュースペースという屋外。なんでこの場所かという理由は、カップラーメンと関係があるようです。船内にカップラーメンコーナーがあると匂いが強いので、それが気になるお客様もいるとか。屋外に給湯器を設置することで、バーベキュースペースやオープンデッキでカップラーメンなどのインスタント食品を楽しむことが出来るようになりました。