四国フェリー オリーブマリン
格安フェリー予約

オリーブマリンのフェリーを予約する

オリーブマリンは香川県の高松港と小豆島の土庄港を結ぶ高速艇で、同じ航路を航行するフェリーのおよそ半分程度の所要時間で結んでいます。高速艇ですので自動車やトラックなどの航送はできず、人のみ乗船することが可能。この航路には2隻の高速艇が就航していますが、オリーブマリンは2015年10月に就航したばかりの新造船です。客船をイメージしたサロン高速艇がキャッチコピーだけあって、船内はゆったりとしたシートが並び、広々とした印象を受けますよ。インターネットにはどちらの高速艇が就航するのかを記した時刻表が掲載されていますので、あらかじめチェックしてから乗船しましょう。

オリーブマリンの発着航路と料金最安値

オリーブマリンの時刻表・ダイヤ

高松港発 小豆島 土庄港着
高松港発 小豆島 土庄港着 所要時間
8:20 8:55 35分 予約
10:00 10:35 35分 予約
11:20 11:55 35分 予約
13:40 14:15 35分 予約
15:10 15:45 35分 予約
16:30 17:05 35分 予約
17:50 18:25 35分 予約
小豆島 土庄港発 高松港着
小豆島 土庄港発 高松港着 所要時間
7:30 8:05 35分 予約
9:10 9:45 35分 予約
10:40 11:15 35分 予約
13:00 13:35 35分 予約
14:20 14:55 35分 予約
15:50 16:25 35分 予約
17:10 17:45 35分 予約

オリーブマリンについて

オリーブマリンとは
最新技術で小型化と乗り心地向上を両立したサロン高速艇

高松と土庄を結ぶ高速艇は2隻が配船されており、オリーブマリンは以前から就航する船に比べて旅客定員は96名に減るなど、船体自体が小型化しています。一般的に船は小さくなるほど波の影響を受けやすくなるので、揺れやすく乗り心地が悪化しやすいもの。ところが現在の技術では、船体が小さくなっても乗り心地が悪くなるどころか、相当向上しました。もちろん小型化することで燃費も向上。客船をイメージしたサロン高速艇というキャッチコピー通りの乗り心地を実現しています。

高松土庄間を約35分で移動・速達性に優れたオリーブマリン

高松港と土庄港はフェリーでは60~65分かかりますが、オリーブマリンは35分で結んでいます。この所要時間ですから通勤や通学をはじめ、所用で出掛ける方にも気軽に利用されていますが、観光の場合でもそれぞれの観光地での滞在時間が増えるなどメリットは大きいですよね。ちなみに高速艇は夜間便を併せて1日16往復しており、そのうち7往復がオリーブマリンでの運航となっています。概ね1時間に1~2本の運航ですから利便性も高いですよ。オリーブマリンの速達性を生かしたプランを組んで楽しんでみてください。

トイレ・座席など充実したバリアフリー設備

旅客定員96名の小さな船ではありますが、バリアフリー設備はかなり充実しています。トイレは1か所だけなのですが、そのトイレがバリアフリートイレとなっていて、車いすの方はもちろん、小さなお子様連れの方も利用しやすいのが特徴。またこのトイレのドア横には触知案内図が張られていて、目の不自由な方にもトイレ内の構造を分かりやすく説明しています。バリアフリーの客席もあり、一部は車いすの方と並んで座れる座席配置に。小さな段差部分にもスロープが設置されており、バリアフリー設備はかなり充実しています。

オリーブマリンの客室
椅子席
高速艇であるオリーブマリンは椅子席のみ。乗船口から前方は2列シートが3つ、後方は3列シートが2つ並ぶ配置となっています。なお乗船口から前方の2列シートの窓際はリクライニングシートとなっており、その他のシートはリクライニングしない固定タイプ。しかし座り心地は大変良く、あっという間に乗船時間が過ぎていきますよ。
バリアフリー客席
3列シートの最前部と、車いすスペースと並ぶ2列シートがバリアフリー客席となっています。特に3列シートは前に遮るものが無く、誰でも座りやすい場所に設けられました。お年寄りの方も安心して乗船することが出来ますね。妊娠中の方や車いすの方も気兼ねなくオリーブマリンを利用できますよ。航海がより楽しくなります。
オリーブマリンのパブリックスペース
トイレ
トイレ

オリーブマリンのトイレは船体後方に男女共用として設けられていて、体の不自由な方やお子さん連れでも利用しやすいバリフリートイレとなっています。

車いすスペース
車いすスペース

車いすスペースは3列シートの後方に、2列シートの横に並ぶように設けられています。車いすの方と同伴者が並んで座るように設置されました。

オリーブマリンの出発到着ターミナル

四国フェリー 高松ターミナル
四国フェリー 高松ターミナル

四国フェリー 高松ターミナルは、29年3月末までは宇野航路だけ徒歩で10分ほど離れた場所にありました。そして29年4月より小豆島航路と同じサンポート高松に移動しました。四国フェリー 高松ターミナルはレンガ調の2階建てで、まだ15年ほどしか経っていないためキレイな印象を受けますよ。館内は切符売り場とベンチが並ぶ程度のシンプルな造り。ですが、コリドー(回廊)で結ばれた高松港旅客ターミナルビルには、ホテルのロビー並みに立派な待合室が設置されています。四国フェリー 高松ターミナルは快適な船旅をアシストしてくれますよ。

住所 香川県高松市サンポート8-22
電話番号 087-822-4383
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
四国フェリー 高松ターミナルの詳細ページへ
四国フェリー 土庄ターミナル
四国フェリー 土庄ターミナル

珍しい円形状をしたチケット販売所が目を引くのは、香川県は土庄町にある四国フェリー 土庄ターミナル。四国フェリー 土庄ターミナルからは岡山県の新岡山、香川県の高松を結ぶフェリーが運航しています。四国フェリー 土庄ターミナルはシンプルな造りですが、近年リニューアルされ、アートギャラリーとしても人気を博すようになりました。周辺施設も充実しており、観光センターがすぐ近くにある事から設備面で困る様な事は無いのではないでしょうか。

住所 香川県小豆郡土庄町甲5165-201 土庄港フェリーセンター
電話番号 0879-62-0875
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
四国フェリー 土庄ターミナルの詳細ページへ

オリーブマリンのサービス

足元のコンセント

今やスマホやタブレットを持ち歩くのは当たり前のことですし、ノートパソコンをお仕事以外でも持って出かける方もよく目にします。長時間使い続けて充電がもちそうになくて、ちょっと焦ったことがある方も多いことでしょう。オリーブマリンの座席の足元にはコンセントが設置されており、もちろん誰でも自由に使えます。スマホやタブレット、ノートパソコンだけではなく携帯ゲーム機などの充電が心もとない時は、オリーブマリンの座席足元のコンセントで安心。でも電源ケーブルだけはお忘れなく。

選べる座席配置

オリーブマリンの座席は乗船口から前方と後方とで配置を変えています。前方は2列シートが3つ並んでおり、後方は3列シートが2つ並ぶ配置。2列シートと3列シートを設けることで、グループで乗船した時に座りやすくなるのです。2列シートだけだと、3人グループで乗船した場合に1人だけが離れてしまうことに。ですので奇数の人数で乗船するグループは後方の3列シートへ向かいましょう。このように人数によって2列シートと3列シートを使い分ければ、快適な船旅になること間違いないですよね。

座ったままでの眺望

フェリーの場合眺望を楽しむには、甲板やデッキに出ることが一般的。潮風に吹かれるのも気持ち良いですね。ただ海上は風がきつい日の方が多く、帽子などは簡単に飛ばされてしまいます。オリーブマリンは高速艇で甲板などに出ることはできませんが、座ったまま瀬戸内の眺望を堪能することが可能。フェリーの場合は見下ろすような視線になりますが、高速艇は背が低いために見上げるような眺望が楽しめるのです。さらにスピードも早いので、フェリーとは違った迫力ある眺望が座ったまま楽しめるのです。