瀬戸内シーラインの航路と最安値

瀬戸内シーラインとは(会社・フェリーの特徴)

  1. 瀬戸内シーラインの設立
    数度の統合を繰り返し昭和20年に誕生した瀬戸内海汽船。広島・呉・尾道と九州や四国・島しょ部を結ぶ航路として発展してきました。しかし、本州と島しょ部を結ぶ橋の開通や、四国と本州を結ぶ本州四国連絡橋の開通により旅客数が低迷し徐々に航路再編を行うことに。2001年に瀬戸内汽船の子会社としてファーストビーチを設立し、広島や呉と宮島、江田島の小用港を結ぶ航路を分離して受け持つことになりました。広島湾近郊航路のみを受け持つことで、効率的できめ細やかな運航が可能となっています。創業10周年となる2011年に現社名の瀬戸内シーラインに変更し現在に至っています。
  2. 通勤通学の大事な足
    瀬戸内シーラインが受け持つ航路は、瀬戸内海汽船から分離された広島と宮島や江田島の小用港を結ぶ高速船、呉と江田島の小用港を結ぶフェリーと高速船。そして2015年に江田島市企業局から移管された広島と能美島の高田港と中町港を結ぶ高速船。更に2016年には同じ瀬戸内海汽船グループの江田島汽船を統合し、広島と江田島の三高港を結ぶフェリー航路を引き継ぎ現在に至っています。宮島航路を除く各航路では定期券が発売されており、広島湾の各島しょ部と広島・呉を結ぶ大事な通勤通学の足として今日も活躍しています。
  3. 広島湾の島々を楽しみながら宮島へ
    宮島への一般的なアクセスは、JRや広島電鉄で宮島口へ出てフェリーで向かうという方法です。本数も多く便利なのですが、宮島口と宮島は目と鼻の先にあるので素晴らしい風景を楽しむチャンスを逃してしまう結果に。瀬戸内シーラインの高速船ならば、大小さまざまな島と波の穏やかな海が作り出す景色を楽しむことができ、まさに絶景を楽しみながら宮島へ向かうことができます。広島港から宮島へは途中プリンスホテル前に立ち寄って30分ほど。景色を楽しみながら所要時間も短縮できる素晴らしいアクセス方法なのです。
  4. 宮島には見どころがたくさん
    宮島の通称のほうが有名な厳島。1996年に世界遺産に登録された厳島神社をはじめ、周囲30㎞ほどの島には見どころがたくさんあります。豊臣秀吉の命で建てられた豊国神社(千畳閣)は、秀吉の死後工事が中止されて未完成のまま国の重要文化財に指定されました。弥山の山頂からの眺めは素晴らしく、伊藤博文がたびたび訪れたほど。山頂へはロープウェイが通じています。牡蠣やアナゴが食べられるお店も多く、宮島が人気である理由がうかがえます。
  5. お得な切符で島めぐり
    瀬戸内シーラインが結ぶ場所にはぜひ訪れたい場所がたくさんあります。宮島のほかにも呉には「大和ミュージアム」や「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」、江田島の「旧海軍兵学校」など。これらを周遊するのにお得な「1日フリーパス」が発売されています。瀬戸内シーラインのすべての航路が乗り降り自由ですから、広島の美しい島しょ部を訪れる旅行にはピッタリ。ほかにも宮島水族館の入館券と広島~宮島間の乗船券がセットになった券や、松山~広島~宮島間のお得な片道切符も発売されています。旅行のスケジュールに合わせてうまく活用したいですね。

瀬戸内シーラインの料金・割引・キャンセル

通常運賃
片道運賃
片道運賃
・広島港(宇品港)~宮島港 大人1850円 小人930円
・プリンスホテル~宮島港 大人1850円 小人930円
・広島港 (宇品港)~プリンスホテル 大人1030円 小人520円
・大人料金は満12歳以上の方に適用します。ただし小学校を卒業後の3月31日までは小人料金を適用します。
・予約は瀬戸内シーラインの広島予約センターで扱っています。
・乗船当日の予約は、乗船する港へ電話することで可能となっています。
往復運賃
・往復運賃の設定はありません。
・往復利用の場合は1日フリーパスを利用することで、料金を安く抑えることができます。

※スカイチケットフェリーでは、フェリー会社で企画された割引の適用は行っておりませんので、ご注意下さい。
割引運賃
身体障害者手帳&療育手帳所持者割引
・身体、知的障碍者の方は障碍者割引が適用されます。どちらの1種・2種も共に半額。
・精神障碍者の方も障碍者割引が適用されます。こちらも1級・2級・3級共に半額。
・身体、知的、精神障害1種または1級の場合、同乗する介護者も1名までなら割引が適用されます。
・利用する際は手帳の提示が必要です。

※スカイチケットフェリーでは、フェリー会社で企画された割引の適用は行っておりませんので、ご注意下さい。
お子様の運賃
・小人料金は6歳以上の方で、小学校へ入学する年の4月1日から必要となります。
・小学校を卒業後の3月31日までは小人料金を適用し、4月1日からは大人料金を適用します。
・6歳未満の小学校入学前のお子さんは、大人1名につき1名の同伴までは無賃で乗船できますが、2人目からは小人料金が必要です。
・0歳児は無料です。
・電話予約の際は大人と小人の人数を伝えた上で予約を取るようにしてください。
・小人の年齢を確認する書類などは特に必要ありません。
キャンセル料金
・基本的にキャンセル料はかかりません。
・予約の変更やキャンセルは、出港の1時間前までに、予約時に連絡をした場所へ連絡をしてください。
・ 予約をしていた場合でも、ご乗船の開始時刻までにお手続きをされない場合、予約の取り消しとなる場合があります。
・基本的に乗船後のチケットの変更はできません。
・予約の取り消しや払い戻しについての確認事項がある場合には、予約時に連絡した場所へ問い合わせることをお勧めします。

瀬戸内シーラインの乗船までの流れについて

必要な物の準備 必要な物の準備画像
港へ向かう 港へ向かう画像

乗船に必要なもの

〈当日必要な持ち物〉
・乗船券引換証を印刷したもの
・各種割引をご利用の際は証明書
・身体障害者手帳、療育手帳(愛の手帳)、精神障害者保健福祉手帳

■広島ターミナルへのアクセス
山陽自動車道から瀬戸内シーライン 広島ターミナルまで車で向かう場合は、広島東インターで広島高速1号線へ向かってください。1号線は道なりに2号線になり、広島呉道路との分岐地点で3号線方面へ。宇島インターチェンジから出て、広島南道路国道2号線を直進し、広島港入口交差点で左折します。そこから約30秒ほどでターミナルに到着です。
■宮島ターミナルへのアクセス
宮島では路線バスが運行しています。島の北東に位置する宮島包ヶ浦自然公園から、43号線に沿って走り、終点は島の北西部にある宮島水族館まで。1本の道を1時間に約1本くらいのダイヤがあり、朝から夕方にかけて稼働しています。
■広島プリンスホテル前ターミナルへのアクセス
プリンスホテル前ターミナルの最寄りの新幹線発着駅は、JR広島駅です。JR広島駅からターミナルに向かうために、広島電鉄に乗り換えます。広島電鉄広島駅から広島電鉄5系統広島港行に乗車し、約30分で元宇品口駅に到着。そこからフェリーターミナルまで徒歩約20分。

上記が必要になります。当日忘れずにご持参ください。

カウンター受付 カウンター受付画像
乗船 乗船画像
交通社発行の船車券をお持ちの方をはじめ、電話予約した方も窓口で乗船券の発行が必要です。出航の10分前までには乗船券の発行が済むように早めに港へ行きましょう。船には幅65㎝・長さ300㎝のタラップによって乗下船しますが、やや勾配がきつい構造となっていますし、船の出入り口部分には3㎝ほどの高さの段差があります。このためベビーカーや車いすを押しての乗下船は難しく、危険であるともいえます。ベビーカーや車いすで利用する際には、乗船券購入時に窓口の係員にお手伝いが必要である旨を申し出ておきましょう。また船内には売店や自動販売機がありません。短時間の航海ではありますが、飲み物などは乗船前に港で購入しておくようにしましょう。
注意事項
・宮島発の便は広島港経由プリンスホテル着ですが、最終便のみプリンスホテル経由広島港着となります。

瀬戸内シーラインの受託手荷物・船内持込みについて

自転車

おやしお」はフェリーではなく高速船のため、自動車や二輪車など車両の運搬はできません。ただし自転車は前輪を外し輪行袋へ収納することで手荷物として扱われ、船室への持ち込みができます。しまなみ海道のサイクリングなど、瀬戸内海沿いを自転車で訪れる方も大変多いのですが、宮島へのサイクリングはいかがでしょうか。宮島港周辺にはレンタサイクルもあり、自転車で島内を巡る方もおられますが、ぜひご自身の自転車で出かけてみてください。

自転車画像

瀬戸内シーラインの船舶について

おやしお
おやしお画像

「おやしお」は1992年に建造された小型の双胴タイプの高速船です。船体を小さいまま客室部分を広くとり、水中の抵抗を減らすため双胴タイプに。さらに双胴の間に小型の水中翼を設けることで船体を水から浮かし、水の抵抗を大幅に減らして水中翼船並みの高速での航行が可能になりました。水の抵抗が減ることで小型船に付きものの揺れも軽減することができ、快適な移動時間と空間を提供しています。

おやしお 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
52トン 24ノット 21.12メートル 97名 車両の積載はできません
瀬戸内シーラインの船内客室について
リクライニングシート

窓際は2列、客室中央部は4列のリクライニングシートが並び、「おやしお」では最も多い座席です。足元は35㎝の幅を確保しており、座席の前後の幅は75㎝で座席の横幅は45㎝あるので、狭さを感じず十分くつろげるサイズとなっています。座席背面にはテーブルも備わっており、乗船時間が短い割には充実した装備になっていますね。

この部屋がある船:
リクライニングシート画像
サロン風席

リクライニングシートが並ぶエリアの前方で、船首部分に並ぶのがサロン風席です。左右それぞれの窓際にコーナーソファーが配置され、それと対面する形で1人掛けソファーを数個配置。コーナーソファーと1人掛けソファーの間にはテーブルが配置されており、景色を楽しみながらゆっくりくつろげる設計となっています。乗船時間が短いことが難点に感じるかもしれません。

この部屋がある船:
サロン風席画像
ベンチ席

1階客室のリクライニングシートが並ぶ中央部分に階段があり、そこを昇ると操舵室後方のオープンデッキに出ることができます。オープンデッキの中央部には、海側へ向くようにベンチ席が設けられています。屋根も設置されていますので、雨が降っても濡れることがなく利用可能。広島と宮島との間の短い航海ですが、広島湾の島々を潮風に吹かれながら楽しむのはまた格別ですよ。

この部屋がある船:
ベンチ席画像
瀬戸内シーラインの船内パブリックスペースについて
トイレ
トイレ画像

「おやしお」のトイレは男女共用の洋式トイレで客室後部にあります。入り口が狭くまた段差もありますので、乗船前にお手洗いを済ませておくほうが良いでしょう。

オープンデッキ
オープンデッキ画像

2階の操舵室後方にオープンデッキが設けられており、広島湾に浮かぶ島々を潮風を受けながら眺めるには最高の場所です。客室中央部の階段を昇って出ることができます。

瀬戸内シーラインの船内サービスについて

テレビ

客室中央部の階段の裏側に大型テレビを設置しており、客室後方のリクライニングシートにお座りの方が楽しむことができます。広島と宮島の間は長くても30分ほどの航海ですが、テレビを観て退屈することなく過ごせますよ。

乗組員によるお手伝い

「おやしお」はバリアフリー法制定前の1992年に建造された船のため、バリアフリーに対応した船内とはなっていません。特に乗下船時には車いすやベビーカーではお手伝いがないと厳しい状況になります。そんな時には「おやしお」の乗組員や港湾職員に気軽に申し出てください。乗下船のお手伝いをしてもらえます。

瀬戸内シーラインのターミナル

瀬戸内シーライン 宮島ターミナル
瀬戸内シーライン 宮島ターミナル

瀬戸内シーライン 宮島ターミナルは、世界遺産日本三景の景観にマッチした神社と同じ照り屋根作りのターミナル。玉石の護岸や松の木からこの島の歴史を感じます。ターミナル内には売店、コインロッカーや自販機もあります。ターミナルからタクシーやバスのアクセスがいいので、フェリーを降りたあとすぐにホテルや観光スポットに行きやすいところもポイント。3号桟橋の前にチケット売り場があるので、必要な場合はそこでチケットを購入しましょう。

住所 広島県廿日市市宮島町胡町地先
電話番号 0829-44-0086
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
瀬戸内シーライン 宮島ターミナルの詳細ページへ
瀬戸内シーライン 広島ターミナル
瀬戸内シーライン 広島ターミナル

瀬戸内シーライン 広島ターミナルは、シルバーメタリックの外壁に、大きな窓を組み合わせたデザインの3階建てフェリーターミナル。バリアフリー仕様になっているため、体の不自由な方もフェリーの旅を楽しめるように設計されています。ターミナル内には数か所にテナントが入っていますので、フェリーの待ち時間などを利用してショッピングを楽しむこともできますよ。近くに広い駐車スペースが数か所あるので便利。1時間無料なので、送迎の人も利用しやすいです。

住所 広島市南区宇品海岸一丁目13-26
電話番号 082-251-5191
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
瀬戸内シーライン 広島ターミナルの詳細ページへ
瀬戸内シーライン 広島プリンスホテル前ターミナル
瀬戸内シーライン 広島プリンスホテル前ターミナル

宿泊したホテルの前の波止場から船に乗り、オーシャンビューのクルーズに出発しましょう。瀬戸内シーライン 広島プリンスホテル前ターミナルは、桟橋と波止場というシンプルな設計。そのためホテルの窓から眺める海の景観を損なうことなく、機能的な船の発着を行っています。広島港から出航したフェリーが、まずこのターミナルに立ち寄り、ホテルの乗客を乗せて、日本三景の宮島へのクルーズに出発です。出発直前までロビーでくつろぐことも可能ですよ。

住所 広島県広島市南区元宇品町23-23
電話番号 082-256-1111
特徴
  • 連絡バス
瀬戸内シーライン 広島プリンスホテル前ターミナルの詳細ページへ

瀬戸内シーライン 利用者の口コミ・評判

アイコン画像 20代前半 女性 広島港宮島港 おやしお

海の展望が素晴らしいグランドプリンスホテル広島で一泊し、翌日の朝一番に宮島へ渡りました。プリンスホテルの裏手には桟橋があり、そこから瀬戸内シーラインの高速船が出航しています。フェリーは広島港からプリンスホテルを経由して宮島に向かうので、わざわざ広島港まで向かう必要なく直接乗り込め、時間の短縮につながりました。高速船に揺られて(ひどい船酔いになるくらい揺れが激しいかと心配でしたがそこまででもなかったです)約25分、宮島に到着して観光。夕方に帰りの便を利用してプリンスホテルへ戻り、もう一泊してから帰宅しました。今回わたしは余裕を持った予定で利用していましたが、うまく使いこなせばさらに時間の節約が出来そうな便利なフェリーだと思います。


アイコン画像 20代後半 男性 宮島港広島港 おやしお

宮島観光を終えたあと、広島に向かう用事があったので帰りの便だけ利用しました。広島湾は数多くの船舶が行き交う海なので、宮島へ向かうフェリーも少なくありません。瀬戸内シーラインをフェリーは高速船なので航海時間はそれほど長くなく、約30分弱といったところ。のんびり海の旅といった雰囲気ではありませんでしたが、何より速度が出るので爽快感は抜群でした。フェリーには2階部分にオープンデッキが備わっており、ダイレクトに吹き付けてくる潮風を感じられます。広島港からは広島駅へ直通の電車が通っていたり、すぐそばを高速道路が走っていたりとアクセスも良好。行くも帰るも便利なので選択肢の一つとして優秀だと思います。ただし帰りの最終便は広島港の前にプリンスホテルに寄るそうです。誤って降りないように注意。


アイコン画像 30代後半 女性 宮島港広島港 おやしお

宮島口から宮島へ、宮島から広島へ、広島から松山へ。一日の内の強行軍ですが、そのうちの宮島から広島へ向かうフェリーは高速船ですのでうまいこと時間調整が効きました。宮島から出る瀬戸内シーラインのフェリーは1日8便と多いわけではありませんが、朝から夕方まで、1時間に1便出ると考えると計画が立てやすいダイヤだと思います。この航路では広島港だけでなくプリンスホテル方面にも寄港するので、そちらを利用している人も多く乗船していました。実際問題本土の海沿いを移動するよりも直接海上を進んだ方が、車や電車の準備時間分だけ早く到着することができます。高速船らしく少々値段が張りますが、時間優先でかつ計画通りに旅をするならおすすめです。正に時は金なり。


アイコン画像 40代前半 男性 広島港宮島港 おやしお

家族旅行でグランドプリンスホテル広島に滞在していたんですが、裏手にある桟橋から宮島行のフェリーが出ていると聞き、利用することにしました。元々は別の航路でお伊勢参りに行こうかと思っていたのですが、プリンスホテルのすぐ側なので実質徒歩0分の移動時間。浮いた時間でのんびり宮島見物が出来ました。広島湾には数多くの見どころがあるので、そういう意味でもこの航路を選んで正解でした。プリンスホテルから離れてすぐに見えてくるのは似島。有名な安芸小富士や牡蠣いかだを見物できますし、海上から眺める広島の街並みもまた乙なものです。利用した時間帯は朝でしたし、このフェリーの最終便は17時ですが、時期によっては夜景を拝むこともできそうですね。


瀬戸内シーラインのよくある質問について

車は乗れますか?

瀬戸内シーラインのフェリーは小型の高速船なので、車両積載能力はありません。

運航日はいつですか?

基本的に毎日運航していますが、土日祝のみ運行するダイヤも存在します。各航路ページか、公式HPをご確認ください。

売店などで食品は売っていますか?

船内には売店や自販機などはありません。あらかじめ購入してからの乗船をお勧めします。