瀬戸内観光汽船 第三ひなせ丸
格安フェリー予約

第三ひなせ丸のフェリーを予約する

第三ひなせ丸は瀬戸内海を渡って小豆島まで定期運航しているフェリーひなせの予備船。増便やイベントのときに活躍しており、多くの観光客が小豆島に渡るときには第三ひなせ丸が出航します。予備船ですが、フェリーひなせに劣らない性能がある船で、3階船室には一等客室も備えています。第三ひなせ丸での航海でも十分に瀬戸内海の絶景を堪能しながら航海を楽しむことができます。そんな第三ひなせ丸での航海はインターネットでの事前予約がおすすめ。観光シーズンで人がたくさんいる時期に活躍する第三ひなせ丸のフェリーで瀬戸内海を巡ってみませんか。

第三ひなせ丸の時刻表・ダイヤ

日生港発 小豆島 大部港着
日生港発 小豆島 大部港着 所要時間
7:30 8:30 1時間 予約
10:05 11:10 1時間5分 予約
12:35 13:45 1時間10分 予約
15:40 16:50 1時間10分 予約
18:30 19:30 1時間 予約

船舶第三ひなせ丸・フェリーひなせでの運航

小豆島 大部港発 日生港着
小豆島 大部港発 日生港着 所要時間
8:40 9:40 1時間 予約
11:20 12:25 1時間5分 予約
14:25 15:30 1時間5分 予約
17:10 18:20 1時間10分 予約
19:40 20:40 1時間 予約

船舶第三ひなせ丸・フェリーひなせでの運航

第三ひなせ丸について

第三ひなせ丸とは
瀬戸内海に浮かぶ様々な島を航海するフェリー

第三ひなせ丸は瀬戸内海を定期運航しているフェリーひなせの予備船として、増便のときやイベントがあるときなどに活躍するフェリー。夏休みシーズンなど多くの人が小豆島へフェリーで行くときには第三ひなせ丸での航海ができるかもしれません。瀬戸大橋や瀬戸内海に浮かぶ大小の島々を巡り、多くの絶景を船の上から堪能することができます。陸路にはない航海の魅力をゆったりと楽しむことができるフェリーの旅。ぜひ一度フェリーで行く瀬戸内海の旅を計画してみてはいかがでしょうか。

海に臨む席など特徴的なシートが用意されています

第三ひなせ丸はフェリーひなせの予備船とはいうものの、設備面の充実度ではフェリーひなせに劣っていません。2階船室、3階船室ともに海を臨むシートがふんだんに用意され、トイレや売店などの設備も備えています。それぞれのシートには特徴があるので、お好みの席に座って眼前に迫る瀬戸内海の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。ただし、車椅子対応のお座席は用意がございませんのでご注意ください。

一等客席から見える開放的な絶景

フェリーひなせにも3階船室に一等船室が提供されていましたが、第三ひなせ丸にも3階船室に一等客席が用意されています。操舵室の後方にある一等客室からは2階よりも高い目線で瀬戸内海の景色を眺めることが可能。より遠くまで絶景を見渡すことができるので、多くの開放感を得ることができます。大人数での利用も可能なので、グループでの利用にもぴったりです。個室のようにして利用することができるので、グループだけで盛り上がりたいときなどにもおすすめ。特別な日のお祝いなどに一等船室を借り切って、瀬戸内海の素晴らしい景観とともに時間を過ごすのもいいでしょう。

第三ひなせ丸の客室
船首ビューシート
2階船室の船主側にあるシートで、眼前に迫る迫力ある瀬戸内海の景観を存分に堪能することができます。船室側にはテーブルも用意されているので、軽食をつまみながら景色を楽しむことも。瀬戸内海の海風や船に打ち上げられる波しぶきなども間近に感じることができるので、もっとも船の旅を体感できるシートでしょう。船の旅を存分に楽しみたい方にはおすすめのポジションです。
4人掛けシート
2階船室の側面に配置してあります。ボックス席になっており、グループや家族などで利用することもできます。波しぶきや海風を直接体感できる場所なので、海の旅路を存分に堪能したい方にはぴったり。船の進行とともに移り変わる瀬戸内海の絶景を、コーヒーや紅茶などを飲みながらゆったりと楽しむことができます。船首ほど向かい風も強く感じないので、ほどほどに海風を楽しみたい方におすすめです。
4人掛け長椅子
2階船室の中央部分には、4人掛けの長椅子が並んでいます。吹き込む海風や波しぶきなどを避けることができるシートなので、おだやかに瀬戸内海の景色を堪能することができる座席です。強い海風に当たることが少ないので、小さいお子さんを連れた方や、ご高齢の方などにおすすめ。そのほか静かな環境で瀬戸内海の絶景を堪能したいという方にもぴったりです。
片側テーブル席
2階船室の両側にある4人掛けシートの内側に、小さなテーブルを囲んで椅子が置いてある席があります。こちらの席も海風や波しぶきが直接当たることが少なく、静かに瀬戸内海の景色を鑑賞することが可能。少人数で座る席が多いので、1人ないし2、3名で旅行をしている方にもおすすめの席です。眼前に迫るような迫力は感じられないものの、ゆったりと景色を楽しむことができるので、落ち着いた航海を楽しみたい方に向いています。
2階後方円卓席
2階船室の甲板部分にも円卓に囲まれた席があります。屋根があまりない代わりに、海風や太陽の光を直接感じることができ、自然の中で絶景を堪能することが可能。瀬戸内海の自然の景色を全身で楽しみたいといった方にはぴったりの席です。また甲板を散歩しながら開放感のある景色に触れることができるので、自然と親しみたい方にも向いています。
一等客室
3階船室にある一等客室は操舵室のすぐ後ろにあり、高い位置から瀬戸内海の絶景を楽しむことができる贅沢な客室です。個室のようになっているため、グループだけで楽しみたいときの利用にも向いています。遠方まで見渡すことのできる瀬戸内海の絶景を、こころゆくまで堪能できるので特別な日に利用するのもおすすめ。ゆったりとした航海を満喫できるラグジュアリーな空間を楽しむことができるでしょう。
3階円卓席
3階船室の一等客室の左右には、円卓を囲んだ席が用意されています。2階船室よりも高い位置から瀬戸内海の景色を眺めることができるので、より遠くの方まで観賞することが可能。より遠方までの景色を堪能したい方には3階船室の円卓席をおすすめします。また甲板も広いため、席で座ってゆったりするもよし、甲板を歩きながらいろいろな方角の景観を楽しむもよしです。
第三ひなせ丸のパブリックスペース
船内売店
船内売店

2階船室にある船内売店では、コーヒーやお茶、軽食などを購入できます。飲み物を片手に船の上から瀬戸内海の景観をゆったりと眺めることが可能です。

2階遊歩甲板
2階遊歩甲板

2階船室の後方には歩き回ることができる甲板が用意されています。座ってゆったりと景色を楽しむのもいいですが、歩き回りながらいろいろな角度から景観を楽しむのも良いでしょう。

女性トイレ
女性トイレ

2階船室の遊歩甲板の付近には女性トイレが設置されています。フェリーひなせよりも広い構造になっており、ゆったりとした使用感です。

男性トイレ
男性トイレ

2階船室の遊歩甲板付近に女性トイレに並んで男性トイレも設置。こちらもフェリーひなせより広いスペースが設けられているのでゆったりと使うことができます。

第三ひなせ丸の船内での食事
朝食
朝食

第三ひなせ丸では朝食は提供されていません。運行時間が1時間程度と短いので、朝食をあらかじめ済ませてからの乗船をおすすめします。

昼食
昼食

第三ひなせ丸では昼食は提供されていません。小豆島に到着後、小豆島にある飲食店などで召し上がってください。事前に観光案内などで調べておくとスムーズです。

夕食
夕食

第三ひなせ丸では夕食は提供されていません。小豆島を出発後、到着した港周辺の飲食店か、宿泊先で夕食を取ってください。

第三ひなせ丸の出発到着ターミナル

瀬戸内観光汽船 日生ターミナル
瀬戸内観光汽船 日生ターミナル

岡山県備前市の日生港にある瀬戸内観光汽船 日生ターミナル。周りを緑と海に囲まれていて、自然豊かなところにあるのが印象的です。こちらには、フェリーの出航を待つために設けられた待合室があります。また、夜になり暗くなると楯越山に「ひなせ」の文字が明るく浮かび上がるイルミネーションを見ることができますよ。この他にも、瀬戸内観光汽船 日生ターミナルの周辺には、観光スポットやみどころがたくさん。フェリーの出航時間まで時間があるようでしたら、周辺をいろいろと散策してみてはいかがでしょうか。

住所 岡山県備前市日生町寒河2570−26
電話番号 0869-72-0698
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
瀬戸内観光汽船 日生ターミナルの詳細ページへ
瀬戸内観光汽船 大部ターミナル
瀬戸内観光汽船 大部ターミナル

小豆島の北部にある大部港。こちらには、岡山県・日生港との間を運航するフェリーが発着する瀬戸内観光汽船 大部ターミナルがあります。1階部分は駐車場や乗船券売り場などがあり、椅子が並んだ喫煙スペースも完備。階段を上った先にある2階部分には、フェリーの発着を待つことができる待合室があります。たくさんの長椅子があるので、座ってフェリーを待つことも可能。また、その隣のスペースにはお土産店などもありますよ。こちらでは、小豆島の特産品や銘菓などを購入することができます。

住所 香川県小豆郡土庄町大部3746−32
電話番号 0879-67-2331
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
瀬戸内観光汽船 大部ターミナルの詳細ページへ

第三ひなせ丸のサービス

マイカーで小豆島

第三ひなせ丸は大型バスのほか、普通乗用車も乗船できます。運賃はかかりますが、マイカーを小豆島に運ぶことで、乗りなれた車を使って好きなときに好きなだけ小豆島を散策が可能です。第三ひなせ丸に乗船して海の景色を堪能した後は、マイカーを使って小豆島を周遊。瀬戸内海の海と島を満喫できるコースでもあり、おすすめです。帰りはまたフェリーで運ぶことができるので、別の港に向かう際にも便利。あなたも一度船と車の贅沢な旅を経験してみませんか?

ペットOK

第三ひなせ丸には盲導犬・介助犬の同乗も認められていますので、お身体が不自由な方にも船旅を安全に楽しんでいただくことが可能です。もちろん客室内にも同伴していただけますので、甲板を歩いて風を感じたり飲み物を片手に瀬戸内海の景色を楽しんだりといったこともできます。盲導犬・介助犬以外のペットに関しては、お客様の責任においてケージなどに入れることで乗船が可能。また他のお客様のご迷惑になる場合は乗船を断られることもありますので、事前にインターネットなどで情報を確認をしておくといいでしょう。

小豆島観光に関する情報

瀬戸内観光汽船では、小豆島観光に関する情報をさまざまな方法で配信。小豆島の観光スポットの情報を得るのに大変役立ちます。国宝にもなっている学校や、赤穂浪士に関する観光スポット、地元飲食店の情報など、詳細な情報を発信。小豆島の魅力を堪能したいのであれば、こちらでも情報を取得しておいて損はないでしょう。第三ひなせ丸で瀬戸内海の景色を楽しんだ後は、小豆島を周遊して瀬戸内海の島の魅力も存分に味わっていってください。