青函フェリー はやぶさ
格安フェリー予約

はやぶさのフェリーを予約する

青森県と北海道を結ぶ青函フェリー。その中でも人気のフェリーが「はやぶさ」です。2014年の3月に就航して以来、多くの観光客を乗せて運行しています。そんな「はやぶさ」は、総重量が約3000トンのフェリーで、青森県と北海道の函館間をおよそ4時間で移動することが可能。船内は明るく広々とした空間となっていて、清潔感の溢れる綺麗な印象のフェリー。また、1階と2階に分かれていて、それぞれに客室やトイレなどが設けてあります。もし、青森県や北海道へ観光で訪れるのなら、「はやぶさ」のフェリーを予約するのがおすすめ。のんびりと海の旅を満喫できるフェリーでの旅行プランをご検討下さい。

はやぶさの時刻表・ダイヤ

青森港発 函館港着
青森港発 函館港着 所要時間
11:35 15:25 3時間50分 予約
23:20 3:20 4時間 予約
函館港発 青森港着
函館港発 青森港着 所要時間
4:30 8:30 4時間 予約
18:00 21:50 3時間50分 予約

はやぶさについて

はやぶさとは
新しく生まれ変わった観光客向けフェリー

はやぶさは2014年に新しく就航したフェリーなので、船内の設備や客室などはとても綺麗です。今までは、長距離トラックなどで海を渡るのに利用されていたというイメージが強かった青函フェリー。ですが、この新しく生まれ変わった「はやぶさ」によって、観光客向けのオシャレで綺麗な観光フェリーへと変貌を遂げました。もし、青森県や北海道へ旅行のご予定があるのでしたら、この機会に是非「はやぶさ」を利用してみてはいかがでしょうか。

リクライニング席等充実したワンランク上の旅客サービス

「はやぶさ」には、青函フェリーで唯一となる個室ステートルームがあります。この他にも、リクライニング椅子の席や、女性専用ルームも「はやぶさ」ならではのサービスとなっています。より贅沢なフェリーでの旅に、これらの席を予約してみてはいかがでしょうか。また、「はやぶさ」は、多目的トイレやバリアフリーのエレベーター、車イスの方専用のスペースも完備。このように、船内の至る所がバリアフリーとなっているため、細かい所にも配慮を感じることができます。

たくさんの利用客を乗せて運航可能な最新設備

青函フェリーで運航しているフェリーの中でも「はやぶさ」は、旅客定員が300人となっていて、最もたくさんの利用客を乗せることができます。さらに、「はやぶさ」は比較的新しいフェリーのため、船内の設備も最新のものが採用されていて、最高の乗り心地を堪能できます。そんな「はやぶさ」の運航本数は、午前11時30分頃と午後11時30分頃の2便が青森から出航。また、午前4時30頃と午後6時頃の2便が函館を出航しますので、これらの中から希望の便を選んで下さい。

はやぶさの客室
ステートルーム
「はやぶさ」には、ルームチャージ制の個室ステートルームを完備。このステートルームは、1階に2部屋と2階に2部屋の計4部屋あり、4名和洋室と4名洋室の2種類から選ぶことが可能となっています。また、1名から利用が可能でさらに定員もないため、ご家族やグループなどで利用されると、リーズナブルでお得なお部屋となっています。
2等室
「はやぶさ」には、いくつかの2等室があり、それぞれ部屋の広さが異なります。1階には、2等室AとB、女性専用の3部屋があり、2階には2等室Cの計4部屋があります。これらの2等室は、カーペットの上に座ったり横になったりできるため、のんびりくつろげるのが特長的。さらに、授乳ができたり、着替えなどが可能なスペースも完備しています。
2等椅子席
「はやぶさ」の2階には、たくさんの椅子が並ぶ2等椅子席があります。こちらでは、すわり心地の良いシートで、ゆったりとくつろぐことができます。また、椅子と椅子の間には空間を設けてあるので、隣の方とのスペースも確保できますよ。さらに、窓際にはテーブル席もあるので、海や景色を眺めながらフェリーでの旅を楽しんで下さい。
バリアフリー客室
1階のエントランス横には、ゆとりのあるバリアフリー客室も完備しています。こちらは、座りやすい手すり付きのソファータイプの席となっているので、妊婦や小さなお子様連れの方、またお体の不自由な方でも安心して利用できます。「はやぶさ」には、こういったところにも配慮を感じられるので、利用者にはありがたいですよね。
ドライバー室
観光の移動手段としてフェリーを利用する以外に、トラックなどで長距離を移動するのにもフェリーは利用されています。その際に、ドライバーの方がゆっくり休むことができるドライバー室も「はやぶさ」には完備しています。こちらは、2段式のコンパクトな個室ベッドが、それぞれカーテンで仕切られているといったお部屋。その中には、布団が敷いてあり、照明や網棚、手持ちの荷物を引っかけるフックが備わっています。
はやぶさのパブリックスペース
自動販売機
自動販売機

「はやぶさ」には1階に、4台の飲料系と1台のカップ麺の計5台の自動販売機があります。フェリーに乗船中、喉が渇いたりお腹が空いた場合でも、これらがあるので安心ですね。

船舶公衆電話
船舶公衆電話

「はやぶさ」には船舶公衆電話も完備。この他にも、乗組員との連絡用のインターホンも備わっているので、何か用がある際はこちらを利用して下さい。

軽食カウンターコーナー
軽食カウンターコーナー

バリアフリー客室の前には、電子レンジや給湯・冷水器が備わった軽食カウンターコーナーがあります。すぐ隣にある自動販売機で飲食物を購入された場合などは、こちらを利用して下さい。

喫煙室
喫煙室

「はやぶさ」の1階には喫煙室もあります。エントランスから男性用トイレとドライバー室を過ぎた奥にあるので、たばこを吸われる際はこちらを利用して下さい。

シャワールーム
シャワールーム

「はやぶさ」には、男性専用と女性専用に分かれたシャワールームが完備。さらに、それぞれ個室には扉も付いていて、プライバシーも守られているので安心して利用できます。

車いすスペース
車いすスペース

バリアフリーにも配慮された「はやぶさ」には、車いすスペースも設けてあります。1階のエントランス部の、多目的トイレ周辺に2か所用意されていますので、車いすの方も安心して利用できます。

はやぶさの船内での食事
朝食
朝食

青函フェリーの旅客船「はやぶさ」には、食事ができる施設が備わっていません。ですので、朝食の時間に乗船される場合は、事前にご自分で用意しておきましょう。

昼食
昼食

「はやぶさ」の船内には、レストランやカフェといった飲食が可能な施設はありません。なので、昼食はご自分で用意されるか、乗船前や到着した先で食べることをおすすめします。

夕食
夕食

夕食の時間帯に「はやぶさ」を利用される場合は、食事が付いていないため、あらかじめ購入しておくなど用意しておく必要があります。また、乗船前にターミナル周辺で食事を済ませておくのも良いかもしれません。

はやぶさの出発到着ターミナル

青函フェリー 青森ターミナル
青函フェリー 青森ターミナル

こぢんまりとした2階建ての青函フェリー 青森ターミナル。その2階には、自動販売機やテレビが置かれた待合室があります。乗船前にドリンクを飲みながら一休みしたり、下船後にテレビでお目当ての場所の天気を見たりと24時間思い思いの時間を過ごせますね。フェリー乗り場には、台数は限られますが旅客者専用の無料駐車場も用意されています。マイカーを置いて船旅に出掛ける人には嬉しい配慮です。青函フェリー 青森ターミナル内を起点に、船旅を楽しみましょう。

住所 青森県青森市沖館2丁目11-1
電話番号 017-782-3671
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
青函フェリー 青森ターミナルの詳細ページへ
青函フェリー 函館ターミナル
青函フェリー 函館ターミナル

白地の看板に赤い文字が特徴の青函フェリー 函館ターミナルは、2014年の3月に新しく作られた建物。カップ麺やジュースの自動販売機や待合室を備えたこじんまりとした空間で、24時間開放されています。いつでも安心して自由に過ごすことができますね。ターミナル内にレストランや売店はありませんが、徒歩圏内にセブンイレブンなどのコンビニがあります。必要なものがあればそちらで購入しておくのがお勧め。

住所 北海道函館市浅野町5-11
電話番号 0138-42-5561
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
青函フェリー 函館ターミナルの詳細ページへ

はやぶさのサービス

サロンスペース

「はやぶさ」の2階にある2等椅子席には、窓際のスペースにテーブル席もいくつかあります。こちらでは、窓から海を眺めながら、軽食を取ったりもできますよ。落ち着いた雰囲気の中で、景色を楽しみながらフェリーでの旅を堪能できます。また、夜には港に近づいてくると街の夜景を観ることもできます。この青函フェリーの「はやぶさ」は、所要時間がおよそ4時間。その間、のんびり快適に過ごすことができるので、人気となっています。

2階デッキ

「はやぶさ」の2階デッキには、景色を眺めることができるように椅子も用意されています。船内には、ベッドやソファーが備えられている個室ステートルームや、カーペットでのんびり過ごせる2等室などいくつかのお部屋があります。これらのお部屋では、快適に過ごすことができますが、2階デッキも心地よい風を浴びながら海を渡ることができるのでおすすめ。天気の良い日は、是非この2階デッキを利用してみてはいかがでしょうか。

テレビ

「はやぶさ」には、各スペースやお部屋に大きなテレビが完備しています。個室のステートルームはもちろんのこと、バリアフリー客室や2等椅子席にもテレビは備え付けてあります。「はやぶさ」での旅は、海や流れる景色を眺める楽しみもありますし、テレビを観ることもできるので、移動時間に退屈な思いをすることはないでしょう。「はやぶさ」の綺麗な船内には、これらのサービスが随所に配慮されているので、利用者の満足度も高いようです。