青函フェリー あさかぜ21
格安フェリー予約

あさかぜ21のフェリーを予約する

青函フェリーは青森県と北海道を結ぶフェリー。いくつか運航しているフェリーの中でも「あさかぜ21」は、2009年の4月に就航して以来、人気のフェリーとなっています。初代「あさかぜ」が引退後に、現在の「あさかぜ21」へと世代交代しました。そんな「あさかぜ21」の総重量は約2000トンで、青森県と北海道・函館間をおよそ4時間かけて運航しています。もし、観光でフェリーを利用されるのであれば「あさかぜ21」のフェリーを予約してみてはいかがでしょうか。飛行機や列車などもいいですが、時間を気にせずにのんびりと海を渡る船旅もたまには良いですよ。

あさかぜ21の時刻表・ダイヤ

青森港発 函館港着
青森港発 函館港着 所要時間
2:00 5:50 3時間50分 ※1 予約
14:35 14:35 3時間50分 ※1 予約

※1 特定便(危険物積載車両指定便)となる場合があります。その際は旅客定員が変更になります

函館港発 青森港着
函館港発 青森港着 所要時間
8:10 12:10 4時間 ※1 予約
20:30 0:20 3時間50分 予約

※1 特定便(危険物積載車両指定便)となる場合があります。その際は旅客定員が変更になります

あさかぜ21について

あさかぜ21とは
北海道青森を結ぶ3階建ての大型フェリー

「あさかぜ21」は、1階に車両甲板があり、2階と3階に旅客室がある3階建てのフェリーとなっています。およそ200人の旅客定員である「あさかぜ21」は、青森や北海道を旅行する観光客に利用されているフェリー。広い船内には、いくつもの旅客室があり、ゆったり過ごしながら目的地まで移動することが可能です。さらに、フェリーから眺める景色も最高で、海の旅をのんびりと楽しむことができますよ。旅行を考えている方は、是非「あさかぜ21」の利用を検討して下さい。

海を眺める客席が多数用意されデッキも完備

「あさかぜ21」には、眺めが最高の客席がたくさんありますよ。旅客席や展望ロビーには窓がたくさんあるので、外の景色や海を眺めることができます。さらに、デッキスペースに出ることも可能なので、潮風を浴びながら景色を楽しむのもおすすめ。また、景色だけでなく広い船内にはいろんな旅客室が備わっているため、全部を見てまわるには、4時間の乗船時間では足りないほどです。このようにいろんな楽しみ方ができる「あさかぜ21」は、何度でも乗りたくなるような素敵なフェリーですよ。

選べる出航時間帯で旅行計画に合わせたご利用が可能

「あさかぜ21」の運航本数は、青森からは午前2時発と午後2時35分発の2便、北海道の函館からは午前8時10分発と午後8時30分発の2便が出航しています。いろいろな時間帯に出航する便がありますので、これらの中からご都合に合った便を選んで下さい。青函フェリーで運航しているフェリーの中では、比較的新しいフェリーの「あさかぜ21」。それぞれの特長は異なっているため、他のフェリーと乗り比べたりする方も多いのだそう。そんな「あさかぜ21」に乗っていると、他のフェリーとすれ違うこともあるので、それらも楽しみながら乗船してみてはいかがでしょうか。

あさかぜ21の客室
旅客室
「あさかぜ21」には、2階に2部屋、3階に1部屋の旅客室が完備。これらの2等室は、全てカーペット敷きとなっていて、こちらでは座ったり横になったりすることができますよ。中でも、2階にある第1旅客室はバリアフリー対応のお部屋となっています。また、それぞれのお部屋には、靴箱や荷物を置く棚などが備わっていて、ゆったりくつろぐのにはおすすめです。
ドライバー室
車でフェリーに乗って移動するドライバーの方のために、「あさかぜ21」の船内には、ベッドが並ぶドライバー室も用意されています。2階の船尾部分にあり、第1と第2の2部屋に分かれています。さらに通路を挟んだ向かいには、ドライバー専用のロビーやトイレも完備。このように「あさかぜ21」は、旅行客と同じくドライバーの方への配慮にもこだわっています。長距離の運転をしているようなドライバーの方には、本当にありがたいですよね。
あさかぜ21のパブリックスペース
ロビー
ロビー

談話や飲食するのにぴったりなソファが備わっているロビー。「あさかぜ21」には、このようなロビーが2階の中央部にあり、さらにテレビも設置されています。またこちらには、飲料系やカップ麺の自動販売機もあるので、是非利用してください。

シャワールーム
シャワールーム

「あさかぜ21」の2階部分には、シャワールームも完備。男性専用と女性専用とスペースも分かれているので、安心して利用できます。

電子レンジ
電子レンジ

2階中央部にあるロビーには、電子レンジを備え付けています。持参したお弁当などの飲食時に利用して下さい。なお、電子レンジは1台のみとなっているので、譲り合って利用しましょう。

冷水器
冷水器

2等中央部のロビーには、電子レンジの横に冷水器も完備。どなたでも気軽に利用することが可能ですので、必要な場合はこちらを利用して下さい。

喫煙室
喫煙室

2階のロビー横には、喫煙室も用意されていますので、たばこを吸われる方はこちらを利用して下さい。このように「あさかぜ21」は、分煙化も導入しているので、小さなお子様や妊婦の方にも安心です。

あさかぜ21の船内での食事
朝食
朝食

「あさかぜ21」の船内には、レストランやカフェなどの食事ができる施設はありません。ですので、朝食の時間帯に乗船される場合は、事前にご自分で用意しておきましょう。

昼食
昼食

「あさかぜ21」には、食堂などの飲食が可能な施設が備わっていません。なので、昼食は乗船前や到着した先で食べるか、あらかじめご自分で用意されるかをおすすめします。

夕食
夕食

「あさかぜ21」を利用される場合、夕食の時間帯に乗船されるのであれば、食事が付いていないため、あらかじ用意しておく必要があります。または、乗船前に食事を済ませておくか、到着した先のターミナル周辺でお店を探しておくと良いですよ。

あさかぜ21の出発到着ターミナル

青函フェリー 青森ターミナル
青函フェリー 青森ターミナル

こぢんまりとした2階建ての青函フェリー 青森ターミナル。その2階には、自動販売機やテレビが置かれた待合室があります。乗船前にドリンクを飲みながら一休みしたり、下船後にテレビでお目当ての場所の天気を見たりと24時間思い思いの時間を過ごせますね。フェリー乗り場には、台数は限られますが旅客者専用の無料駐車場も用意されています。マイカーを置いて船旅に出掛ける人には嬉しい配慮です。青函フェリー 青森ターミナル内を起点に、船旅を楽しみましょう。

住所 青森県青森市沖館2丁目11-1
電話番号 017-782-3671
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
青函フェリー 青森ターミナルの詳細ページへ
青函フェリー 函館ターミナル
青函フェリー 函館ターミナル

白地の看板に赤い文字が特徴の青函フェリー 函館ターミナルは、2014年の3月に新しく作られた建物。カップ麺やジュースの自動販売機や待合室を備えたこじんまりとした空間で、24時間開放されています。いつでも安心して自由に過ごすことができますね。ターミナル内にレストランや売店はありませんが、徒歩圏内にセブンイレブンなどのコンビニがあります。必要なものがあればそちらで購入しておくのがお勧め。

住所 北海道函館市浅野町5-11
電話番号 0138-42-5561
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • 連絡バス
青函フェリー 函館ターミナルの詳細ページへ

あさかぜ21のサービス

バリアフリー

「あさかぜ21」は、青函航路の中で初めてバリアフリー対応となったフェリーです。そのため船内には、車いすの方でも安心して利用することができる多目的トイレや車いす専用のスペース、バリアフリー昇降機などを導入しています。さらに床には点字ブロックも設置されているため、いろいろな方の目線になって造られています。至る所にこうした配慮がされているのは、利用者にとっては本当に嬉しいですよね。そんな、海の旅を快適に過ごすことができる「あさかぜ21」はおすすめのフェリーです。

GPSモニター

最近のフェリーにはよく見かけるGPSモニターも、「あさかぜ21」には装備されています。こちらは、2階の中央部にあるロビーに設置されていて、隣にはテレビもありますよ。どなたでも見ることができるので、現在どのあたりを運航しているのかが一目で分かるようになっています。こうした設備やサービスがあるのは、フェリー好きにはたまらないですよね。この他にも、「あさかぜ21」にはさまざまなサービスはたくさん。乗船した際は、是非船内を散策してみてはいかがでしょうか。

アルコール除菌

「あさかぜ21」の船内には、各旅客室やスペースにアルコール除菌ができるように消毒液が置いてあります。船内は綺麗に清掃されていて清潔感があるのですが、さらにこれらのような配慮がしてあると、より気持ちよく利用することができますよね。さらに、小さなお子様連れで利用される方や、妊婦の方にも安心してご利用いただけます。バリアフリー化と共に、いろいろな方の利用を考えているところも、「あさかぜ21」が人気である理由の一つなのではないでしょうか。