佐賀関港(大分県)発 三崎港(愛媛県)行きの格安フェリー料金比較・予約

九州と四国をフェリーで移動する予定の方は、スカイチケットで乗船券を予約することをおすすめします。九州の佐賀関と四国の三崎を運航しているのは国道九四フェリーですが、スカイチケットでは佐賀関-三崎のお得なプランを一括で検索・比較することができます。申し込みまでのフローもとてもシンプルなので、誰でも簡単に手続きを済ませますよ。飛行機では行きづらく、車だと大変な九州と四国間もフェリーを予約すれば安心ですね。佐賀関にある高島の景観や三崎港でとれる新鮮な魚介をフェリーを利用して堪能してみてはいかかがですか。

佐賀関港(大分県)発 三崎港(愛媛県)行きのフェリー会社

国道九四フェリー
国道九四フェリー画像

国道九四フェリー株式会社は、九州大分県佐賀関と四国愛媛県三崎を結ぶフェリー航路を運営している会社です。1968年の設立以降、九州と四国を経済的・文化的に繋ぐ役割を担いながら多くの人々に利用されてきました。三崎-佐賀関航路は距離にして31km、所要時間約70分と、九州~四国間の航路の中で最も短いのが特徴。長すぎないほどよい時間の快適な船旅を楽しみたい方、車での移動距離を短縮したい方にとっても嬉しいポイントです。

国道九四フェリー詳細へ

佐賀関港(大分県)発 三崎港(愛媛県)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

佐賀関港発 三崎港着
佐賀関港発 三崎港着 所要時間
6:00 7:10 1時間10分 ※1 予約
7:00 8:10 1時間10分 予約
8:00 9:10 1時間10分 予約
9:00 10:10 1時間10分 予約
10:00 11:10 1時間10分 予約
11:00 12:10 1時間10分 予約
12:00 13:10 1時間10分 ※2 予約
13:00 14:10 1時間10分 予約
14:00 15:10 1時間10分 予約
15:00 16:10 1時間10分 予約
16:00 17:10 1時間10分 予約
17:00 18:10 1時間10分 予約
18:00 19:10 1時間10分 予約
19:00 20:10 1時間10分 予約
20:00 21:10 1時間10分 予約
21:00 22:10 1時間10分 予約
22:00 23:10 1時間10分 予約
23:00 0:10 1時間10分 ※3 予約

※1 3/16~11/15のみ運航 ※2 臨時便:2017年9/16~9/18・10/7~10/9・11/3~11/5のみ運航 ※3 11/16~翌年3/15のみ運航

三崎港発 佐賀関港着
三崎港発 佐賀関港着 所要時間
6:30 7:40 1時間10分 ※1 予約
7:30 8:40 1時間10分 予約
8:30 9:40 1時間10分 予約
9:30 10:40 1時間10分 予約
10:30 11:40 1時間10分 予約
11:30 12:40 1時間10分 予約
12:30 13:40 1時間10分 予約
13:30 14:40 1時間10分 ※2 予約
14:30 15:40 1時間10分 予約
15:30 16:40 1時間10分 予約
16:30 17:40 1時間10分 予約
17:30 18:40 1時間10分 予約
18:30 19:40 1時間10分 予約
19:30 20:40 1時間10分 予約
20:30 21:40 1時間10分 予約
21:30 22:40 1時間10分 予約
22:30 23:40 1時間10分 予約
23:30 0:40 1時間10分 ※3. 予約

※1 3/16~11/15のみ運航 ※2 臨時便:2017年9/16~9/18・10/7~10/9・11/3~11/5のみ運航 ※3 11/16~翌年3/15のみ運航

佐賀関港(大分県)発 三崎港(愛媛県)行きを運航している船舶

遊なぎ
遊なぎ画像

夕方になって風や波がおさまり穏やかな海になる様子を表す「夕凪」に由来して名付けられた遊なぎ。そんな遊なぎには、横揺れ防止のための「フィンスタビライザー」という装置が装着されています。船底周辺に取り付けられた魚のヒレのような金属板が、船の揺れに対して自動的に動き、揺れを最小限におさえてくれるのです。遊なぎの船名には、すべての人が安全で快適に過ごすせるクルージングへの願いが込められていると言っても過言ではありません。子供連れの人や船酔いが心配という人にも安心の遊なぎで、快適な船旅を満喫しましょう。

遊なぎ 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
998トン 16ノット 78.52m 292名 51台
速なみ
速なみ画像

速なみは、国道九四フェリーの遊なぎと遥かぜとともに、1日16便という本数で九州と四国の間の海をつないでいます。朝一番のフェリーは夏季が6時台、冬季が7時台、最終便は夏季が22時台、冬季が23時台となっています。早朝から深夜まで多くの本数が運航しているので、都合の良い時間のフェリーを選べてとても便利。「朝早くから移動したい」や「夜まで滞在したい」などといった旅行のスタイルに合わせ、柔軟に計画を立てられるのが嬉しいですね。

速なみ 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
995トン 16ノット 78.5m 292名 48台
遥かぜ
遥かぜ画像

遥かぜは、愛媛県西宇和郡伊方町の三崎港と大分県大分市の佐賀関港を、最短約70分で結んでくれるフェリーです。関門海峡を経由せずとも気軽に四国と九州を行き来できることから、ビジネスや旅行をはじめとしたさまざまな用途に活用されています。旅客定員数は292名、車両積載数は普通自動車換算で41台です。2016年のリニューアル時に定員数や車両積載数を増やしたことによって、より使いやすいフェリーに生まれ変わりました。

遥かぜ 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
697トン 16ノット 70m 292名 41台

佐賀関港(大分県)発 三崎港(愛媛県)行きの観光情報

佐賀関(大分県)周辺の観光スポット
関崎海星館
関崎海星館画像

豊予海峡方面に突き出た半島、佐賀関半島の先端にある関崎海星館。展望台と天文台の複合施設で、昼夜問わず美しい景色を楽しむことができます。昼間は展望台から臨む300°の大パノラマ。国崎半島や別府湾、そして海上を進む舟やフェリーなどを見る事ができますよ。圧巻の風景はせとうち風景30選にも選ばれました。また夜は、大分県内屈指の反射望遠鏡や屈折望遠鏡で惑星や星の観察ができます。こちらも昼間とは一味違った魅力がありますね。館内には展示ゾーンやレストランも備えられており、季節や時間に関係なく気軽に利用できるスポットです。

黒ヶ浜
黒ヶ浜画像

黒ヶ浜は佐賀関半島の先端、関崎という岬にある浜です。波で丸く削られた蛇紋岩が所狭しと散乱している為、その名の通り黒く見える海岸が特徴的。その海岸美は渚百選に選ばれており、また国定公園にも指定されています。また海水浴場としても人気が高く、夏には多くの海水浴客で賑わっています。すぐ近くには真っ白な砂浜でできた白ヶ浜海岸があり、このように2つの異なる砂質の海岸が隣接している場所は全国的にも珍しく他ではなかなか見ることができません。フェリーで佐賀関を訪れた際には是非ともチェックしておきたい観光地の一つです。

三崎(愛媛県)周辺の観光スポット
佐田岬灯台
佐田岬灯台画像

三崎に来たなら是非訪れたいスポットが佐田岬灯台です。三崎港からは車で約30分。日本一細長いとされる佐田岬半島の先端に位置しています。豊予海峡はもちろんの事、天気が良い日には遠くに九州を見る事もできますよ。四国最西端からの絶景に思わず時間が経つのを忘れてしまうかもしれませんね。また、戦時中に旧日本軍によって設置された砲台の一部が現在でも取り壊されずに残っています。戦時中の面影を垣間見る事ができる、歴史的にも重要な観光地です。フェリーと灯台、風景と歴史など様々な角度から佐田岬の魅力を感じてみてはいかがでしょう。

亀ヶ池
亀ヶ池画像

亀ヶ池は周囲が約2㎞、愛媛県内では最大の湖です。現在は湖になっていますが、かつては入江であったと記録されています。土砂が少しずつ堆積して現在の姿になりました。畳8枚ほどもあったと言われる大カニにまつわる亀ヶ池の伝説が有名になっていますが、広く穏やかな湖を眺めているとその話にも納得がいくかもしれません。湖を横断するように架けられた長い橋や亀ヶ池農村公園の遊歩道では散策も可能です。散歩をしながら池の様々な表情を眺めるのも良いですね。また四国最西端の温泉である亀ヶ池温泉がある事でも人気を博しています。フェリーでの旅の途中に立ち寄る際は、観光ついでに温泉で身体を癒してはいかがでしょう。