両備フェリー おりんぴあどりーむ
格安フェリー予約

おりんぴあどりーむのフェリーを予約する

両備フェリーが運航する「おりんぴあ どりーむ」は、岡山県の新岡山港と香川県小豆島にある土庄港の間を結ぶカーフェリー。同じく新岡山港〜土庄港の間を航行する「にゅー おりんぴあ」と比べて一回り大きく、最大で500人の乗船が可能です。船体は、瀬戸内海を航行するフェリーには珍しい4層構造となっていて、大きなガラスが配された客室は開放的な雰囲気。世代問わず自由に移動できるように、バリアフリーに配慮されているのも特徴です。「おりんぴあ どりーむ」に乗って旅行を楽しむなら、インターネットで事前予約するのがおすすめ。段取りよく船旅をプランニングしてみてはいかがでしょうか。

おりんぴあどりーむの発着航路と料金最安値

おりんぴあどりーむの時刻表・ダイヤ

新岡山港発 小豆島 土庄港着
新岡山港発 小豆島 土庄港着 所要時間
07:20 08:30 1時間10分 ※1 予約
8:30 9:40 1時間10分 ※2 予約
10:30 11:40 1時間10分 ※1 予約
11:20 12:30 1時間10分 ※2 予約
13:55 15:05 1時間10分 ※1 予約
15:00 16:10 1時間10分 ※2 予約
16:50 18:00 1時間10分 ※1 予約
18:05 19:15 1時間10分 ※2 予約
19:30 20:40 1時間10分 ※1 予約

※1 奇数日のみ運航 ※2 偶数日のみ運航

小豆島 土庄港発 新岡山港着
小豆島 土庄港発 新岡山港着 所要時間
7:00 8:10 1時間10分 ※2 予約
08:45 09:55 1時間10分 ※1 予約
9:50 11:00 1時間10分 ※2 予約
12:00 13:10 1時間10分 ※1 予約
13:00 14:10 1時間10分 ※2 予約
15:30 16:40 1時間10分 ※1 予約
16:30 17:40 1時間10分 ※2 予約
18:10 19:20 1時間10分 ※1 予約
19:25 20:35 1時間10分 ※2 予約

※1 奇数日のみ運航 ※2 偶数日のみ運航

おりんぴあどりーむについて

おりんぴあどりーむとは
従来船より一回り大きな船体・乗用車60台搭載可能

2005年に運航を開始した「おりんぴあ どりーむ」は、全長66.03m、総トン数990トン。同じ航路の「にゅー おりんぴあ(全長50m、総トン数690トン)」と比べ、一回り大きいのが特徴です。定員は500人で、普通乗用車を60台搭載することが可能。運転に疲れたドライバーさんも、70分の航行時間をゆっくりと過ごすことができます。一日13往復する新岡山港~土庄港の航路のうち、「おりんぴあ どりーむ」は4~5往復運航しているので、前もって運航ダイヤをチェックしておくとよいでしょう。

日本を代表するデザイナー水戸岡鋭治氏がプロデュース

「おりんぴあ どりーむ」は、日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」のデザインを手掛けた水戸岡鋭治氏が、トータルデザインを担当しました。瀬戸内海の青に映える真っ白な船体は、まるで豪華客船のよう。横並びの大きな窓や180度のパノラマを望む展望席など、瀬戸内海の眺望を楽しめるように設計されています。船体は1階の車両甲板から4階の展望場所の4層構造となっていて、2階の船室には暖色を基調とした一般客席を約160席配置。水戸岡氏が得意とする木の風合いを生かした座席で、ワンランク上の船旅を満喫することができます。

バリアフリーに配慮された安心便利設計

観光客はもちろん、地元の方も利用する「おりんぴあ どりーむ」には、バリアフリー法に基づき、世代問わず船内で自由に過ごせる設計がなされています。段差をできる限り少なくした船内は、スムーズな移動が可能。車いすを利用する方も船旅を楽しめるように、船内中央部にはバリアフリーエレベーターが完備されています。また、トイレもバリアフリー仕様となっていて、小さな子供連れの方のためのおむつ替えシートも設置。誰もが安心して利用できる、心配りがされたフェリーです。

おりんぴあどりーむの船内
1F
1F
2F
2F
3F
3F
おりんぴあどりーむの客室
一般客席
2階客席に設けられた一般客席は、船内で一番多い約160席あるメインシートです。暖色系のシートカバーが配された座席は、随所に木目のやわらかさを生かしたデザイン。若干傾斜があるので、腰を下ろしてゆったりと寛ぐことができます。時間を忘れてゆっくりと船旅を過ごしたい方は、一般客席を利用してみてはいかがでしょうか。
展望席
2階客室の最前部には、180度のパノラマを楽しめる展望席が約20席設けられています。前方の景色を独占できる1人掛けシートのほか、サロン風の丸テーブルを囲んだベンチシートを配置。さらに近くにある木製ピアノが、優雅な船旅の雰囲気を演出します。目の前に広がる美しい海の景色を眺めながら過ごすひと時は、忘れられない思い出となるでしょう。
コンパートメント席
2階客室中央部には、向かい合って会話を楽しめるコンパートメント席が約24席あります。2人掛け用の椅子がボックス型に配置されたシートで、一部にはテーブルが配置された席も用意。ガラス越しに、日の光を浴びて煌めく瀬戸内海の景色も楽しめます。また、座席は一般客席よりも背が高いので、ドライバーさんなど体を休めたい方もリラックスして過ごせるでしょう。
サロン席
2階客室内、エレベーターの目の前には、談笑に最適なサロン風の客席が約20席設けられています。ベンチシートと1人掛けの座席が向かい合って配置されていて、グループで船内を過ごす際にぴったり。旅先で買ったお弁当を広げたり、船内のショップや自動販売機で買ったお茶やコーヒーを飲んだりしながら、いろいろな話に花が咲くでしょう。
おりんぴあどりーむのパブリックスペース
ラウンジ
ラウンジ

軽食やドリンクを楽しめるラウンジは、2階客室の後方部分にあります。うどんやカレー、ドリンク類などのメニューを提供。ガラス越しに絶景を眺めながら味わうのも、船旅ならではの楽しみですよね!なお、朝・夜の便では、ラウンジの営業が行われていないので注意してください。

ショップ
ショップ

2階後方部分には、小豆島や岡山のお土産などを購入できるショップも設置。ラウンジ同様、朝・夜の便は営業していませんので気をつけてください。

おりんぴあどりーむの船内での食事
朝食
朝食

「おりんぴあ どりーむ」では、朝食の用意はありません。また、ラウンジ・ショップ共に閉まっているので、乗船前に朝食を済ませておきましょう。

昼食
昼食

2階にあるラウンジで、うどんやカレー、ピラフといった軽食メニューをオーダーすることができます。目の前に広がる大海原を眺めながら食べる昼食は、きっと格別ですよ!

夕食
夕食

「おりんぴあ どりーむ」では、夕食の用意がありません。また、ラウンジ・ショップ共に営業していないので、乗船前に夕食を済ませておきましょう。

おりんぴあどりーむの出発到着ターミナル

両備フェリー 新岡山ターミナル
両備フェリー 新岡山ターミナル

両備フェリー 新岡山ターミナルは、フェリーの出航までの時間に利用できる待合所となっています。白い木造の建物で、港にぴったりのオシャレな外観が特徴的。建物の中には売店や食堂などもあるので、待ち時間を退屈せずにのんびりと過ごすことができますよ。乗船は出航の10分前から開始しますので、それまでには乗船券を用意しておきましょう。ゆったりと過ごすことのできるフェリーでの旅は、忙しい日々の疲れを癒す旅の始まりにはぴったりの移動方法となるでしょう。

住所 岡山市中区新築港9-1
電話番号 086-274-1222
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
  • レンタカー
両備フェリー 新岡山ターミナルの詳細ページへ
両備フェリー 土庄フェリーターミナル
両備フェリー 土庄フェリーターミナル

土庄港にそびえ立つガラス張りでできた、円筒形の両備フェリー 土庄ターミナル。ここは待合所にもなっているので、フェリーの出航時間までゆっくり待つことが可能。また周りが海に囲まれているので、停泊しているフェリーなどを眺めながら、のんびりと過ごすことができます。さらに両備フェリー 土庄ターミナル内はフリーWi-Fiスポットとなっているので、待ち時間を利用して観光スポットやいろんな情報を調べておくこともできますよ。

住所 小豆郡土庄町甲5165-201
電話番号 0879-62-0875
特徴
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
  • レンタカー
両備フェリー 土庄フェリーターミナルの詳細ページへ

おりんぴあどりーむのサービス

足湯

3階のナビゲーションデッキには、なんと無料で利用できる足湯が設けられています。しかも普通のお湯ではなく、海水をエンジンの余熱を利用して温めたもの。ミネラル成分たっぷりで、体の芯まで温まります。潮の香りに包まれてリラックスできるなんて、船旅ではなかなかできない体験ですよね。また、タオルは2階のショップで販売されているので、事前に購入しておきましょう。ちなみに、荒天時及び朝・夜の便では足湯は利用できません。

アートワーク

2階客室の中央部、バリアフリーエレベーターがある付近には、船内に訪れた乗客を出迎えるように「和」をイメージしたアートワークが配置されています。赤茶色の壁に掲げられているのは、マツやサクラなど4枚。どれも日本を代表する植物を描いた作品です。まるで美術館のような空間作りを展開しているのも、「おりんぴあ どりーむ」をトータルデザインした水戸岡氏ならではの心配り。心安らぐ美しい作品に、しばし足を止めてみるのはいかがでしょうか。

船内からの景色

波穏やかな瀬戸内海を航行する「おりんぴあ どりーむ」は、時間帯によってそれぞれ違った景色を楽しめるのも魅力です。昇る日の光を浴びてキラキラと輝く午前の海、抜けるような青空を満喫できる午後、そして水平線に映る美しい夕陽を眺められる夕刻のひと時。年間を通して雨が少ない瀬戸内海だからこそ、眺められる景色がここにはあります。行きは4階のサンデッキで開放的な気分を。帰りは2階の展望席からのんびりと景色を眺める、など気分に合わせて過ごす場所を変えてみるのもいいですね。