新潟港(新潟県)発 苫小牧港(北海道)行きの格安フェリー料金比較・予約

本島から北海道を結ぶ新日本海フェリーは全国各地から北海道までの航路を運航しています。中でも新潟-苫小牧港を結ぶ航路は、所要時間18時間を要する大航海に。そのため、運航する「らいらっく」や「ゆうかり」は船内が様々な施設で充実しているのが特徴的です。北海道の特産品が販売されている売店を始め、乗船した方なら誰でも無料で鑑賞できるシアタールームも。フェリー旅行を十分に楽しむことが出来ますよ。また、利用する際に気になるのがフェリーの運賃やダイヤですが、スカイチケットなら日付や航路を入力するだけで簡単に検索&予約が可能。北海道や新潟までフェリーで行きたいという方は、ぜひ一度スカイチケットを利用してみて下さいね。

新潟港(新潟県)発 苫小牧港(北海道)行きのフェリー会社

新日本海フェリー
新日本海フェリー画像

1970年、本州と北海道を連絡する船が飽和状態だった当時に、舞鶴港小樽港間の航路を開設した新日本海フェリー。日本海側初の北海道と関西をつなぐの長距離航路として注目されました。現在では日本海側の主要な港を結ぶ航路を展開。各地から北海道へ向かう旅行客を中心に、豪華な旅を楽しめる客船として人気を集めています。荒波で知られる日本海を進むための大きな船体は大容量を誇り、車やバイクで旅をしたいという方にも最適。家族や友人と、あるいは愛車と共にちょっと贅沢な船旅をしてみてはいかがでしょうか。

新日本海フェリー詳細へ

新潟港(新潟県)発 苫小牧港(北海道)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

新潟港発 苫小牧港着
新潟港発 苫小牧港着 所要時間
23:05 17:20 18時間15分 ※1 予約

船舶らいらっく・ゆうかりでの運航 ※1 月~土のみ運航

苫小牧港発 新潟港着
苫小牧港発 新潟港着 所要時間
19:30 15:30 20時間 ※1 予約

船舶らいらっく・ゆうかりでの運航 ※1 月~土のみ運航

新潟港(新潟県)発 苫小牧港(北海道)行きを運航している船舶

らいらっく
らいらっく画像

新日本海フェリーは他社よりもバリアフリーの対応が早かったため、船内のあらゆるシーンでスタッフの対応が良いと定評があります。なかでも「らいらっく」はバリアフリー法が改正されてから建造されているので、設備面が充実。上下船口のある3階から5階まではエレベーターを利用できます。さらにステートBとデラックスBの「ハンディキャップルーム」は、車椅子使用者を考慮して設計。4階にあるバリアフリー対応浴室も、配慮の行き届いた設備になっています。

らいらっく 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
18229トン 22.7ノット 199.9m 846名 トラック146台、乗用車58台
ゆうかり
ゆうかり画像

「ゆうかり」は、旅客定員846名の旅客フェリーです。新日本海フェリーのほかの船は直行便ですが、「ゆうかり」は福井県の敦賀港を出発し、新潟港秋田港の2か所を経由して、北海道南部の苫小牧港に到着します。お好きな区間だけ利用も可能ですし、北海道まで行って、広大な大地を車でドライブするのも素敵ですね。22.7ノットという比較的ゆったりしたスピードで、日本海を沈む夕日や、広大な太平洋の青い海を満喫させてくれます。

ゆうかり 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
18229トン 22.7ノット 199.90m 846名 トラック146台、乗用車58台

新潟港(新潟県)発 苫小牧港(北海道)行きの港とターミナル

新潟港(新潟県)
新日本海フェリー 新潟フェリーターミナル
新日本海フェリー 新潟フェリーターミナル画像

空や陸の旅もたくさんの方が利用されますが、船を利用した海の旅というのも時には良いものです。1人旅でも家族旅行でも、日本海の船旅は新日本海フェリーを利用するのがオススメ。雄大な海の景色は一生の思い出となることでしょう。新日本海フェリーは、日本海側には初めてとなる長距離航路を1970年に開設。フェリーでの国内旅行の先駆けともいえる会社です。1987年には新日本海フェリー 新潟ターミナルが完成。小樽へ直行する航路も誕生し、今ではゴールデンウィークなどの繁忙期を迎えると、ターミナル内が利用客で混雑するほどです。

住所 新潟県新潟市東区古湊町 2番20号 山の下埠頭
電話番号 0252-73-2171
特徴
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 新潟フェリーターミナルの詳細ページへ
苫小牧港(北海道)
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナル
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナル画像

北海道から秋田や新潟、福井を目指すなら、のんびりとしたフェリー旅はいかがでしょうか。北海道苫小牧市にある新日本海フェリー 苫小牧ターミナルでは、船上の景色を堪能しながらフェリー旅ができますよ。目的地にすぐ着く飛行機とは違った旅ができるので、忙しない日常から離れてゆったりとした時間を過ごしたい方にもおすすめです。福井県の敦賀には、苫小牧から直行便で行く約20時間の船旅と、秋田や新潟を経由して約31時間の船旅の2航路があります。時間に余裕のある方は、新日本海フェリー 苫小牧ターミナルからのフェリー旅もぜひ検討してみてくださいね。

住所 北海道勇払郡厚真町字浜厚真 17番地6号 苫小牧東港周文埠頭
電話番号 0145-28-2800
特徴
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
新日本海フェリー 苫小牧東ターミナルの詳細ページへ

新潟港(新潟県)発 苫小牧港(北海道)行きの観光情報

新潟(新潟県)周辺の観光スポット
新潟市水族館 マリンピア日本海
新潟市水族館 マリンピア日本海画像

新潟市水族館 マリンピア日本海は日本海川最大級の水族館で、約450種2万点の水生生物に出会うことができます。本館にある日本海の生き物たちを集めた「日本海大水槽」、まるで水槽の中を歩いているかのような「マリントンネル」からの眺めは迫力満点です。他にもアザラシ・アシカなどが飼育されている「マリンサファリ」や数種類のペンギンが生息する「ペンギン島」など見所満載。中でも、毎日開催されているイルカショーは人気のイベントであり、訪れる人の心を癒してくれる存在でもあります。フェリーの上からは中々観察することのできない、海の生物を間近で見ることができますよ。

萬代橋
萬代橋画像

日本で一番長い川でも有名な信濃川は、新潟県と長野県を流れる一級河川です。そんな信濃川にかかる萬代橋は、1964年に起きた新潟地震にも耐え抜いた、新潟県民にとって誇りとも、シンボルともなっています。萬代橋という名前は、萬代(よろず)まで未来永劫、新潟の発展に尽くすことを願って命名されました。初代は1886年に掛けられ、現在の橋は1929年に完成した3代目です。2004年には国の重要文化財にも指定されるなど、その姿には風格さえ感じられます。夜になると、6つの緩やかなアーチを描くこの橋にはライトが灯され、さらに幻想的な雰囲気を演出していますので、フェリーで訪れた際は、是非訪れてみてください。

苫小牧(北海道)周辺の観光スポット
樽前山
樽前山画像

広大な土地を有する北海道では自然豊かなドライブスポットが数多く点在しています。その中でも、苫小牧市にある樽前山は日本でも珍しい三重式の活火山。活火山はマグマが噴出する山のことで、その火山活動によって生まれた地形を火山体と総称します。通常はその火山体が一つですが、樽前山はその火山体が3つに重なった地形に。そのため、小規模な火山活動を頻繁に見ることができます。さらに、樽前山は登山の経験が少ない方でも比較的に登りやすいのが特徴の一つ。七合目から頂上まで50分程度で上ることができ、頂上からは支笏湖や太平洋の壮大な景観を眺められますよ。

苫小牧市科学センター
苫小牧市科学センター画像

苫小牧東港フェリーターミナルを利用したら新鮮な海鮮料理を堪能するのが定番ですが、周辺にドライブスポットがあったら尚更いいですよね。車で長時間走らないと観光できないイメージの北海道ですが、苫小牧東港フェリーターミナル周辺には人気のドライブスポットがいくつもありますよ。苫小牧市科学センターは苫小牧東港フェリーターミナルから車で約40分の所にある天文学系の博物館。2階にあるプラネタリウムは季節によって投影される星が変化し、訪れた時期に夜空に輝く星座を眺めることができます。同じ2階には世界に一機しかないといわれている宇宙ステーションミールの予備機が展示されており、一日中いても楽しめる博物館ですよ。