鹿児島-西之表
格安フェリー予約

()発 種子島 西之表港(鹿児島県)行きの格安フェリー料金比較・予約

桜島を臨む鹿児島港と、種子島の北西部にある西之表港とを結ぶ航路。約1時間半で移動できる種子島高速船のジェットフォイルや、種子島の若狭姫伝説にちなんだコスモラインのプリンセスわかさなどが就航しています。両船ともに高齢者や車いすの利用者もスムーズに利用できるように、車いすスペースや車いす対応エレベーターを完備したバリアフリーのフェリーです。種子島には空港もありますが、リーズナブルに抑えたかったり海の旅を楽しんでみたい場合はフェリーの利用はいかがでしょうか。特に種子島は有名なサーフィンスポットでもあるので、サーファーの多くは自身のボードを運べるフェリーが人気。

()発 種子島 西之表港(鹿児島県)行きを運航している船舶

()発 種子島 西之表港(鹿児島県)行きの観光情報

鹿児島周辺周辺の観光スポット
仙巌園
仙巌園画像

鹿児島の自然を満喫しながら歴史に触れることが出来る「仙巌園」。国内屈指の大名庭園や歴史的建造物を有するだけでなく、レストランやお土産屋産などの施設も充実したスポットです。仙巌園の見どころは何といってもその荘厳な庭園。目の前に広がる錦江湾と桜島も圧巻です。島津家別邸として建築された御殿は、幕末や明治には迎賓館として国内外のセレブをもてなす外交の舞台にもなりました。重厚な建築や繊細な調度品は必見。鹿児島の銘菓や薩摩焼などの伝統工芸品を扱うショップも入っているので、観光からお土産までフォローできるのも魅力です。フェリーが出発するギリギリの時間まで楽しみたい人におすすめ。

いおワールドかごしま水族館
いおワールドかごしま水族館画像

大人も子供も楽しめるアミューズメント施設といえば、いおワールドかごしま水族館。ウォーターフロントにある立地はフェリーの港からも近く、徒歩約15分程でアクセスができます。ジンベエザメが泳ぐ黒潮大水槽では、カツオやエイなどがのびのび泳ぐ姿も。また鹿児島周辺の海に暮らす魚たちを展示した「西南諸島の海」では地元の海の様子を知ることができます。また、屋外にあるイルカ水路では、イルカの泳ぐ様子やトレーニング風景などを1日数回にわたって展開。ナマコやウニなどの海の生き物とふれあい体験ができるタッチプールも人気の展示施設です。愛らしい姿の生き物たちを近くで見ていると、毎日の疲れを忘れてしまいそう。

西之表周辺周辺の観光スポット
種子島開発総合センター
種子島開発総合センター画像

西之表港でフェリーを下船したらまず向かいたいのが、南蛮船をイメージさせる建物が印象的な種子島開発総合センターです。1543年に種子島に持ち込まれたポルトガル初伝銃や国産第1号と言われている火縄銃など、国内外の貴重な旧式銃をおよそ100丁も展示。そのため、鉄砲館とも呼ばれています。また島に伝わる刀鍛冶や火薬製法などの資料も展示されています。そのほかにも種子島の歴史や文化など約8000点を収蔵し、入り口では種子島の自然や歴史を映像で見ることも可能。種子島開発総合センターがあるのは港から歩いて10分ほどの場所で、駐車場も完備しています。種子島を満喫するためのヒントが見つかりそうですね。

浦田海水浴場
浦田海水浴場画像

西之表市の北側に位置し、日本の水浴場88選にも名を連ねる浦田海水浴場。絵画から抜け出たような白い砂浜と、エメラルドグリーンに澄み渡った海面が話題のスポットです。4月から9月のオンシーズンにはキャンプ場もオープン。テントやキャンプ用品のレンタルが可能です。もちろんシャワーやトイレも完備。楽園のような海で昼は釣りやダイビングを楽しみ、夜はテントで星空を眺めるという贅沢も夢ではありません。もちろんオフシーズンも海の美しさは抜群。静かな砂浜で打ち寄せる波を見ているだけで癒されそうです。フェリー旅で海を堪能したい人はぜひ立ち寄ってみては。