天草本渡港(熊本県)発 天草三角港(熊本県)行きの格安フェリー料金比較・予約

飛行機の旅もいいですが、美しい海や島々を眺めながらゆったりとした船旅もいいですね。熊本県宇城市と天草市を結ぶシークルーズのフェリーなら熊本県宇城市三角港から、天草市にある本渡港までの所要時間は約1時間程。正午前後に三角港を出港し午後には本渡港に到着します。特急列車の内装に引けを取らない、高級感のあるデザインを持つ3隻のクルーザー。エアコン、トイレ完備なので年配者やお子さんも安心して利用できます。インターネットで簡単に予約や状況確認可能。こんな快適なシークルーズのフェリーで天草への旅を楽しみませんか。

天草本渡港(熊本県)発 天草三角港(熊本県)行きのフェリー会社

シークルーズ
シークルーズ画像

シークルーズは、昭和53年に設立された九州の熊本に特化した会社です。フェリーはもちろんのこと、マリーナや旅行事業なども展開しており、クルーズとプラスアルファで満喫できる娯楽も魅力。特急との接続運行や、女子に嬉しいスイーツクルーズなどもあり、利便性と観光ニーズの両方を兼ね備えています。九州エリアに特化し、地域密着型の会社だからこそのサービスや取り組みが売りです。女性同士でもファミリーでも利用しやすいので、是非1度は利用してみてはいかがでしょうか。

シークルーズ詳細へ

天草本渡港(熊本県)発 天草三角港(熊本県)行きのフェリー時刻表・ダイヤ

天草本渡港発 天草三角港着
天草本渡港発 天草三角港着 所要時間
12:20 13:17 57分 予約
12:28 13:24 57分※ 予約
14:45 14:52 57分 予約
14:45 15:42 57分 予約
14:50 15:47 57分※ 予約

※A列車で行こう運航ダイヤ ダイヤは日によって異なりますので、公式ホームページにてご確認ください。

天草三角港発 天草本渡港着
天草三角港発 天草本渡港着 所要時間
11:15 12:12 57分 予約
11:24 12:21 57分※ 予約
13:36 14:33 57分※ 予約
13:40 14:37 57分 予約

※A列車で行こう運航ダイヤ ダイヤは日によって異なりますので、公式ホームページにてご確認ください。

天草本渡港(熊本県)発 天草三角港(熊本県)行きを運航している船舶

ビスタボニータ号
ビスタボニータ号画像

ビスタボニータ号は旅客定員が88名の大型高速フェリーです。天草宝島ラインを就航する3隻の中で、ビスタボニータ号は船体の大きさと定員数が最大。客席はキャビン内と外に分かれており、キャビン内には座席が40名分用意されています。通路を挟んで左右に3つずつ連なる座席。全て前方を向いている座席は、まるで飛行機の機内のようです。キャビン外の座席は船体の後方に設置。木製のベンチが前のキャビンの方を向いて並んでいます。連携して運航するJR九州の臨時特急列車A列車で行こうからは、最大84名が三角駅で下車。三角港で全員がビスタボニータ号に乗り継ぐことを考慮して、列車の定員を上回る座席数を確保しています。

ビスタボニータ号 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
30ノット 88人 なし
マリソル号
マリソル号画像

マリソル号は、豪華客船を思わせる外観デザインが特徴の高速フェリーです。上から白・黒・赤というカラーリングが施され、黒字の部分には金色のライン。船名やマークも金色で描かれており、高級感が漂います。キャビン外は、高速船には珍しいウッドデッキが敷かれ、木製のベンチが並んでいます。デッキの両側には、アクリル板が張られた窓があり、潮の香りを感じながらも風は防いでくれますよ。シークルーズが運航する高速フェリーの中で、キャビン内がセミコンパートメント席となっているのはマリソル号だけ。定員は12名で、座り心地の良いソファータイプの座席と、木目の床や壁がラグジュアリーなリゾートの雰囲気を感じさせてくれますよ。

マリソル号 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
26ノット 75人 なし
セレナ号
セレナ号画像

セレナ号は高速フェリーで、天草宝島ラインで就航する3隻のうちのひとつです。天草宝島ラインはJR九州の臨時特急列車A列車で行こうと連携して運航。乗客が三角駅で降り、正面の三角港で高速フェリーに乗り換えます。特急列車はクラシカルで高級感がある大人の雰囲気。列車のデザインを手がけた工業デザイナーがセレナ号をデザインし、黒をベースに金色のラインやマークを船体に描きました。キャビン外の座席の床にはウッドデッキ敷き詰め、キャビン内の座席には列車の座席と同様の生地に張り替えています。高級感あふれる洗練されたデザインの高速フェリーセレナ号で、天草諸島を巡る旅に出かけましょう。

セレナ号 詳細ページへ
総トン数 航海速力 全長 旅客定員 車載搭載数
25ノット 59人 なし

天草本渡港(熊本県)発 天草三角港(熊本県)行きの港とターミナル

天草本渡港(熊本県)
シークルーズ 本渡ターミナル
シークルーズ 本渡ターミナル画像

旅の移動手段は飛行機も良いですが、潮の香りがするフェリーでの移動も良いものです。熊本県の天草諸島は大小様々な島からなる絶景が見どころのひとつ。そんな天草諸島の観光にはフェリーを利用するのがおすすめです。シークルーズ 本渡ターミナルを発着するフェリーは1日2便。前島にある松島港を経由して、九州本土の熊本県宇城市三角町にある三角港との間を往復します。シークルーズ 本渡ターミナルは静かな港町にたたずむ落ち着いたターミナルですが、九州本土への移動手段として大切な場所。のんびりと天草の旅を楽しむ観光客の姿も絶えません。バス停やタクシー会社の営業所が隣接するなど交通手段も豊富。バリアフリー設備も充実したシークルーズ 本渡ターミナルは、お子様やお年寄りが一緒のご家族連れでも安心して利用できるフェリーターミナルです。

住所 熊本県天草市港町1-8
電話番号 0969-23-2133
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
シークルーズ 本渡ターミナルの詳細ページへ
天草三角港(熊本県)
シークルーズ 三角ターミナル
シークルーズ 三角ターミナル画像

天草諸島への旅は、飛行機で一気に移動するのも良いですが、島々を見ながらフェリーで海を移動するのもおすすめです。シークルーズ 三角ターミナルからは1日5便のフェリーが就航。天草諸島で最大の下島へは1日2便、リゾート施設が充実した前島へは1日3便就航する便利なフェリーターミナルです。シークルーズ 三角ターミナルがあるのは宇土半島の南西の方角で、正面に戸馳縞が見える半島の先端にあります。電車や路線バスが通っているため、ターミナルへのアクセスは容易で、遠方から訪れる方でも安心ですね。各種交通機関を上手に活用すれば、熊本中のあらゆる場所から簡単にアクセス出来ますよ。広い無料駐車場も設備されていて、自家用車やレンタカーでも安心。待合所やトイレなどの設備も美しく清潔に保たれていて、利用者が快適に過ごせるよう工夫されています。

住所 熊本県宇城市三角町三角浦1160-179
電話番号 0964-52-2079
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
シークルーズ 三角ターミナルの詳細ページへ

天草本渡港(熊本県)発 天草三角港(熊本県)行きの観光情報

本渡(熊本県)周辺の観光スポット
妙見浦
妙見浦画像

妙見浦は国指定店記念物に指定されている天草の景勝地。島の藩主の所に大切な来客が来た時、案内して見せたという記録が残っています。十三仏公園展望所から妙見浦をみると、中央の奇岩がまるで大きなゾウが歩いているように見えます。それで、この奇岩の愛称はゾウ岩。この島の周りは、海水が透明で日本で初めて海中公園として指定された地域です。夏になると多くのダイバー達が、美しいサンゴ礁の景観を満喫。奇岩の洞窟や緑の木、バックの碧い海の景観は今でも多くの人に感動を与えています。フェリーで本渡を訪ねるときは、天草の絶景妙見浦を見てみませんか。

祇園橋
祇園橋画像

本渡ターミナルのある天草には、国指定重要文化財に指定されている祇園橋があります。石造桁橋では日本最大級、特に多脚式というのは珍しいもの。近くで見てみるとわかりますが、大きな石柱を組み合わせて作ったとてもシンプルな設計の橋。橋の向こう側に祇園神社があるので、この橋の名前が祇園橋となりました。島原の乱の時はこの周辺一帯激戦地で祇園橋の下を流れる川が血に染まったという逸話があります。本渡ターミナルのすぐ近くに位置し、橋の近くに観光客向けの無料駐車場もあるので比較的行きやすいスポット。フェリーで本渡を訪ねる際は、石造では日本最大級の祇園橋を見てみませんか。

三角(熊本県)周辺の観光スポット
三角西港
三角西港画像

三角西港は明治20年にオランダの技師と、天草の熟練した石工や大工たち約20万人によって建築された港。宮城や福井と並び明治三大築港と呼ばれています。2015年には、明治日本の産業革命の記念として世界遺産に登録されました。石積の埠頭や水路、そして建物は当時の面影そのまま。展望所からは、東シナ海に浮かぶ島々、天草一号橋や西港のオランダ風の街並みの眺望を楽しめます。国の登録有形文化財である龍驤館や復元した当時の旅館浦島屋などもありますよ。フェリーの旅で三角ターミナルを訪れるときは、三角西港でフォトジェニックな写真撮影はいかがですか。

御輿来海岸
御輿来海岸画像

御輿来海岸は古事記に出てくる景行天皇が、輿を止めてしばし見とれてしまったという逸話が残っている干潟の美しい海岸。潮が引いた砂地には、風と波が織りなす美しい流線模様が現れます。特に干潟景勝地からの眺望は素晴らしいです。一年を通して、干潮と夕陽の時間が重なるのは数十日しかありません。そのタイミングを狙ってプロアマ問わず多くのカメラマンたちが御輿来海岸にやってきます。宇土観光協会に問い合わせると年間の干潮時間を教えてくれますよ。フェリーで三角を訪れた際は、車を止めて休憩しながら、波と風の芸術を楽しむのはいかがですか。