阪九フェリー つくし
格安フェリー予約

つくしのフェリーを予約する

つくしは阪九フェリー株式会社が運行する北九州と神戸を繋ぐ大型客船です。2003年6月まで活躍していたニューせとに代わり就航しました。船内の客室は主に6つのクラスに分かれており、667名もの客室定員を設けています。顧客のニーズに合わせて様々なタイプの客室を提供しています。船内5F〜7Fの3デッキによって構成され、吹き抜けとなっているエントランスは船の中とは思えないような開放感があります。夕方または夜に出航ののち、翌朝に目的地に着港しますので、お昼ご飯は船内では食べることはできません。そんなつくしの予約はインターネットが便利です。

つくしの時刻表・ダイヤ

新門司港発 神戸港着
新門司港発 神戸港着 所要時間
18:40 7:10 12時間30分 ※1 予約
20:00 8:30 12時間30分 ※2 予約

船舶つくし・やまとでの運航 ※1 平日(月~木)のみ運航 ※2 週末(金~日)のみ運航

神戸港発 新門司港着
神戸港発 新門司港着 所要時間
18:30 7:00 12時間30分 ※1 予約
20:00 8:30 12時間30分 ※2 予約

船舶つくし・やまとでの運航 ※1 平日(月~木)のみ運航 ※2 週末(金~日)のみ運航

つくしについて

つくしとは
リゾート地にあるホテルのような大型船の旅

つくしの窓一面に広がる壮大な海景色は、まるでリゾート地をも思わせる素敵なひと時となるはず。船内は乗客がくつろげる工夫がたくさんあります。中でも船旅中の海の景色を楽しむための展望ロビーや船最上部のデッキは必見です。さらには景色を楽しみながら入浴を楽しめる展望浴場まであります。船内には子供向けのキッズルームもあります。ペットとの船旅も可能としたペットルームも完備。様々な顧客が船旅を楽しめるように、小さな子供がいる方も、家に愛犬を置き去りにできない方でも利用できる設備となっています。

海の上で幅広いメニューの食事を楽しむ

船旅での楽しみの一つといえば船内での食事。つくしにあるレストランでは幅広いメニューと海を一望する景色が楽しめます。まさに海の上のレストランという名がふさわしいものとなっています。新鮮な魚は季節やその時の仕入れによって変わり、お肉料理ではステーキも人気メニューです。和食から洋食まで幅広い要望に応えてくれます。ご飯は160円でおかわりし放題ですが、食べ過ぎには注意。白ご飯と合う一品はもちろんのこと、ディナーのお酒のおともになるおつまみも充実しています。

万全の安全体制で楽しむ安心航海

夕方または夜に出航ののち、翌朝に到着するつくし。船内で夜を過ごす際、万が一何かあった時スタッフがいるのか不安ですよね。つくしでは安全体制も万全。深夜の緊急時であっても、案内所の横にある緊急呼び出し電話で係員を呼ぶことができます。また緊急時のための救命胴衣も各客室やパブリックスペースに設置。AEDは船内の5Fに設置されています。長年大型船を運行する阪九フェリーの管理体制のもとですので、安心した船旅を送ることができますよ。何か不明点や疑問に思うことも、案内所の係員がいますので、気軽に問い合わせが可能です。

つくしの客室
特等室
つくしの船内で最も豪華な部屋が特等室。定員は2名で、トイレとバスが設置されている、つくしの船内唯一の部屋となります。テレビや冷蔵庫のほか、バスタオルやアメニティ類一式も完備。もちろんリンスインシャンプーやボディーソープもありますよ。船内にはわずか4室しかないので、特等室を希望の場合は早めに計画をたてて、おさえるようにしましょう。
1等室
つくしの1等室には和室と洋室の2種類あります。洋室が定員2名まで、和室が3名までの定員となります。つくしの船内の個室の中で唯一の和室が1等和室です。部屋にはタオルや浴衣の他にアメニティセットも一式あります。テレビと洗面台が備え付け。茶器セットもありますので部屋でのんびりお茶を楽しむこともできますよ。個室での和室は船内で12室のみとなりますので、和室希望の方は早めに押さえるようにしましょう。
2等指定A
1人での船旅に最適な個室が、2等指定A室洋室です。部屋の中には、テレビと洗面台が取り付けられており、浴衣やスリッパも完備。船内には36室用意されているため、部屋数には余裕がありますので、予約がぎりぎりになっても安心ですね。相部屋ではなく個室でゆっくりしたい方は早めに予約して押さえるようにしましょう。
2等指定B
2等指定B室洋室は、二段ベッドが二つ備え付けられ4名定員の部屋です。こちらは相部屋となるため、定員人数に達していない場合は他の人と同室になりますので注意してください。室内には浴衣の他にスリッパが用意されています。こちらは女性専用のレディースルームもありますが、限りがありますので、早めに問い合わせるようにしましょう。部屋にはテレビと洗面台もあります。
2等室
つくしの船内で最もリーズナブルな部屋が2等室。室内は和室仕様の相部屋です。頭上には簡易的な棚と衝立がありますので荷物などはそこにおくことが可能です。敷きマットに掛け布団、枕などの最低限寝れる環境は提供されています。この部屋の消灯時間は22:00までとなります。女性専用のレディースルームもありますので女性の方も安心して利用できますよ。また2室に限りバリアフリー対応の部屋になります。
ドライバーズルーム
つくしの船内にある個室の中で最もお手頃価格なお部屋です。部屋の中にはスリッパと浴衣が用意されています。こちらは通常、ドライバーズルームとして提供されている部屋ですので、シングル利用での予約に関しては事前に問い合わせるようにしましょう。また、室内にはテレビや洗面台などはありませんので注意してください。
つくしのパブリックスペース
キッズルーム
キッズルーム

つくしでは、小さなお子様向けのスペースも充実しています。小さな子連れのご家族でも、安心して船旅を楽しむことができますよ。

カラオケルーム
カラオケルーム

つくしの船内にはカラオケルームがあります。使用料金は3000円です。利用時間は24:00までとなりますので、使用時間には気をつけてください。

エントランスロビー
エントランスロビー

デッキで過ごすのもいいですが、空調で快適に過ごせるエントランスロビーもいいですよ。吹き抜けとなっていて広々とした開放的な造りです。

案内所
案内所

船内でわからないことがあっても、案内所にスタッフがいますので安心です。営業時間は乗船後から、22:00までとなります。

売店
売店

つくしの売店には九州や神戸ならではのお土産品から旅の便利グッズまで取り揃えています。船の中でしか購入できないような阪九フェリーオリジナルグッズもあります。万が一アメニティ類を忘れてもここで購入できます。

リラックスルーム
リラックスルーム

リラックスルームにはマッサージチェアが設置されています。自動車の運転の疲れを船上で取って、翌朝からの運転に備えるのもいいかもしれないですね。

ゲームコーナー
ゲームコーナー

「つくし」のゲームコーナーにはクレーンゲームやスロットマシンなどのコインゲームが並んでいて、乗船中はいつでも楽しむことができます。

つくしの船内での食事
朝食
朝食

朝食にはごはんに合う和食から、焼きたてのパンに合う洋食まで幅広く用意されています。つくしの料理長おすすめの朝食メニューはエッグベネディクト。船内でも幅広いバリエーションのメニューを楽しめます。それぞれのメニューは一品ごとに注文が可能。

昼食
昼食

夕方出発〜翌朝到着のダイヤによる運行のため、船内で昼食を食べることができません。船の乗船前または到着先で昼食をとるようにしましょう。

夕食
夕食

お酒にあう一品から、ご飯がすすむ一品まで幅広いメニューを取り揃えていますので、家族連れには嬉しいメニュー内容となっています。つくしの料理長おすすめの夕食メニューは、キーマカレーと夏野菜とポンデケージョです。

つくしの出発到着ターミナル

阪九フェリー 新門司ターミナル
阪九フェリー 新門司ターミナル

飛行機を使った旅もいいですが、ゆったりとした優雅な旅行を楽しみたい時はフェリーがおすすめです。そこで利用したいのが、九州と関西を結ぶ40年以上の歴史をもつ阪九フェリー。 阪九フェリー 新門司ターミナルから、神戸や大阪までのクルーズを存分にお楽しみいただけます。奈良時代の平城京の大極殿をモチーフに、1991年に建設された第一ターミナル。その独特なフォルムと存在感が、古代の大航海時代を彷彿とさせます。多目的トイレやエレベーターも設置され、どなたでも安心して旅行を楽しんでいただけるように配慮されていますよ。

住所 福岡県北九州市門司区新門司北1-1
電話番号 093-481-6581
特徴
  • 年中無休
  • お土産
  • 連絡バス
阪九フェリー 新門司ターミナルの詳細ページへ
阪九フェリー 神戸ターミナル
阪九フェリー 神戸ターミナル

阪九フェリー 神戸ターミナルは、小規模ながら体の不自由な方も旅を楽しめるように配慮された施設です。多目的トイレや90センチ幅のエレベーター、車椅子専用駐車場を完備。また小さいお子様とお母様のための授乳室や大型中型のロッカーなども設置されています。1階には午後から夕方にかけて営業している売店もあり、関西や九州地方のお土産を購入可能。1階で乗船手続きを済ませた後は、車の方は車内で待機します。それ以外の方は2階の待合室で待機して、3階から乗船します。

住所 兵庫県神戸市東灘区向洋町東3丁目2-1
電話番号 078-857-1211
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
阪九フェリー 神戸ターミナルの詳細ページへ

つくしのサービス

貴重品お預かりサービス

つくしには貴重品を預かってもらえるサービスがあります。広い船内ではありますが、出来るだけ身軽にして船内で過ごしたいですよね。阪九フェリーの中でも2017年8月現在、つくしとやまとにのみこの貴重品お預かりサービスがあります。展望風呂を楽しんだり、展望台でのんびり過ごす際は最低限のお金などを持ち、貴重品などは船内の貴重品お預かりサービスを利用しましょう。また室内にもロッカーがありますから、そちらもあわせて利用してください。

レディースルーム

つくしの船内の客室は全てが個室というわけではなく、客室クラスによっては相部屋である場合があります。そのため2等室と2等指定B洋室(4名)では、それぞれ女性専用のレディースルームを設けています。これなら女子旅でも安心して利用できますよ。また相部屋ですので女性の一人旅でもさみしい思いをすることはありません。阪九フェリーの中でも、いずみひびきに比べ様々なお部屋タイプや、レディースルームまで充実している点が嬉しいですね。

デッキからの壮大な景色

つくしのデッキは最上部の7Fにあります。大型船ならではの広いデッキからの壮大な景色はつくしならでは。九州と神戸を繋ぐ瀬戸内海の景色を楽しむことができます。その他にも来島海峡大橋や瀬戸内海の明石大橋など通過時は多くの人が楽しみにしています。これを楽しむことができるのは瀬戸内海を運航するフェリーでの船旅の醍醐味ですよね。。乗船後に案内所にて何時に橋を通るのか確認しておくのもいいかもしれません。季節によって日没のタイミングも随時変わりますので、2度目の以降の乗船の方も都度乗船時は確認してください。季節ごとの星座をデッキから楽しむのも最高な時間となるはずですよ。