1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. エストニア

エストニア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Estonia

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97%E3%81%AE%E6%99%AF%E8%A6%B3-gm180850280-25523269?st=9da2906

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称エストニア共和国
人口約130万人
首都タリン
国コードEE
言語エストニア語
国番号(電話用)372
エストニア発の航空券情報はこちら

エストニアまでは飛行機でおよそ11~12時間で行くことができます。エストニアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なエストニア旅行を楽しみましょう。


エストニアはフィンランド湾とバルト海に面するバルト三国の1つで、3国のなかではもっとも北に位置しています。国土面積は九州より少し大きいくらいです。ヨーロッパでも1位2位を争うほどのIT産業国家としても知られ、インターネット電話サービスのスカイプが誕生したのもこのエストニアです。

エストニア行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発
  • 仙台 (仙台空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からエストニアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からエストニアへの直行便はありません。ロシアやヘルシンキでの乗り継ぎが必要です。乗り継ぎ時間を含めて12~13時間ほどのフライトです。

日本との時差

日本とエストニアの時差は7時間です。サマータイムを実施しており、期間中の時差はマイナス6時間に縮まります。

エストニアにおけるビザ・入国手続きについて

エストニアはシェンゲン協定の加盟国ですので、取り決めにより観光目的であればあらゆる180日間で90日以内の滞在にビザは不要です。入国審査の際にはパスポートのみ提示します。なお、一度シェンゲン協定内の国に入国すると、他のシェンゲン域に入る際の手続きは必要ありません。

エストニアの気候について

エストニアは夏と冬が長く、春と秋が短いです。夏については海水浴が出来るほどには気温が上がりますが、夜は涼しくなるので一枚上に羽織るものがあった方がよいでしょう。冬は北ヨーロッパに位置することもあり、最高気温でも氷点下となります。また、夏は夜遅くまで明るく白夜となる期間もあり、反面冬は日没の時間がかなり早くなります。年間を通じて天候が変わりやすいので雨具があると便利です。

エストニアの免税について

TAX FREE加盟店で1日1店舗あたりの免税対象額以上を購入したときに自己申告して免税書類を受け取ってください。購入レシート、未使用の購入品、パスポート、搭乗券、そして免税書類を出国時に税関に提示して、書類に税関印をもらいましょう。税関手続き後は払い戻し金を受け取ります。払い戻し方法は、現金やクレジットカード、そして銀行小切手等があります。

必要最低払い戻し購入額 38.01ユーロ
VAT税率 20%
払い戻し率 8.8-14%
税関スタンプ受領期限 購入月末日より3か月
免税書類申請期限 購入日から1年
免税条件
必要な税関スタンプ エストニア、またはEU圏最終出国税関
特記事項 レシート原本添付要 20%以外の税率商品はVAT払い戻し対象外

エストニアの通貨とチップ

画像の出典元: en.wikipedia.org

通貨について

エストニアはEU加盟国なので、ユーロとセントが使われています。

チップについて

エストニアにはチップを渡す習慣はありません。ただ観光化が近年進んでいることにより、渡す人も増えているようです。レストランやカフェ、タクシーなどを利用した際は心づけで渡すのが良いでしょう。

旅のお役立ち情報

エストニアのコンセント形状はtype-e

エストニアの電圧とコンセント

エストニアの電圧は220Vなので、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグはCタイプです。

77

エストニアのネット環境

ヨーロッパ有数のIT国家ということもあり、エストニアの至る所でWi-Fiを使用することが出来ます。都市内だけでなく森の中やビーチなど様々な場所でも使える点が、エストニアの大きな特長となっています。

103

エストニアの飲料水

エストニアの水道水は飲用としては問題ありませんが、硬水なのでお腹を下しやすい人はミネラルウォーターの購入をおすすめします。安価で購入できますが、炭酸ガスが入っているものとないものがあるので注意しましょう。

文化・宗教・マナーについて

エストニアの文化

煮込み料理が多く、ジャガイモや魚がふんだんに使用されている食文化は、かつてこの地域を占領していたドイツやスウェーデンの影響が感じられます。またエストニア民族の4分の1がロシア人であることから、ロシア文化の影響もみられます。公用語のエストニア語は近隣国のフィンランド語と近しく、習慣も似通っています。エストニアの国歌がフィンランドの国歌とほぼメロディが同じことから、フィンランドの文化の流れもうかがうことが出来ます。

エストニアの宗教

主な宗教はキリスト教のプロテスタントとロシア正教会ですが、エストニア全体でみると特定の宗教を信仰している人は約20%と少なめです。

エストニアのマナー

ほとんどの公衆トイレが有料です。料金は0.3~0.4ユーロ程です。料金所付近に紙があるトイレもあるので、それをもってトイレに入る必要があります。飲食店での喫煙所以外の喫煙は法律で禁止されています。また、公共の場での飲酒も禁じられています。

エストニアの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

主にドイツ料理とスウェーデン料理の特徴がエストニア料理の随所にみられます。特に頻繁に使われる食材は牛乳とジャガイモです。主食はライ麦を使った黒パンで、食前のお祈りで「パンがなくなりませんように」と唱えられるほどによく食べられます。牛肉はあまり使われず、豚肉や羊肉を煮込んだものががよく食されます。漁業も盛んで、中でもイワシやニシンの料理が多くみられます。野菜は肉や魚料理の具材として使われたり、つけあわせとして出されますが、特にジャガイモが主食以上の量で盛られることもあるほど食されています。

エストニアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

エストニアの主要観光地

世界遺産の1つ、首都タリンの旧市街の町並みは必見です。13世紀から建設が始まった町並みは、支配する国家がいくつも変わりながらも現在にまで残る城壁や通りを随所に見ることができます。タリン市内は街を一望できる丘や公園、広場など街自体を楽しめるスポットがありますので、散策する度にいろいろな発見をすることができます。

エストニアの世界遺産

エストニア国内には世界文化遺産が2つあります。1つは首都タリンの歴史地区です。中世に建設が始まり今も残る街並みや教会、城塞に歴史を感じることができる一方で、レストランやカフェも多く、観光客だけでなく市民の憩いの場としてにぎわっています。もう1つはシュトルーヴェの測地弧で、地球の大きさを正確に測るために用いられたものです。エストニアだけでなく10か国にまたがる世界遺産ですが、そのうちの1か国として登録されています。タリンから160kmほどタルトゥに測定の際に使用された旧天文台がありますが、現在は資料館として残されています。

エストニアのお土産について

エストニアにしかないお土産というものはとりたててなく、北欧共通のお土産が選ばれることが多いです。チョコレートやマジパンなどのお菓子や現地で食されている食べ物、手袋やセーターなどの衣服類、文房具や工芸品がよく選ばれています。

エストニア行き航空券利用者の声

名古屋⇔タリン 30歳男性

世界遺産の本を見ていて、目に留まったエストニアの首都タリン。いつもバーチャル旅行で見ている航空券サイトで調べてみると、わが町名古屋からフィンランド航空がヘルシンキまで毎日運航しているではないですか、知らなかった!確かヘルシンキとタリンは近いはずとマップを見ると、海を挟んですぐそば、飛行時間も35分です。ならばと名古屋からタリンで検索をすると、帰りのヘルシンキでの乗り継ぎ時間が様々なフライトがずらりと出てきました。一番短いパターンは8時間、昼間なので観光できますよね。長いパターンは23時間、これだとたっぷり観光はできますが、空港で夜明かしかホテルを取る事になります。選んだのはもちろん長いパターン。欲張りにヘルシンキとタリンの旅の決定です。名古屋からヘルシンキまではまさかの満席、ヨーロッパ内の乗り継ぎに便利で安いので、直行便を使わない格安ツアーなどが利用しているみたいです。一人なので座席を指定しようかと思いましたが、チェックイン時に希望の通路側をゲットできたので助かりました。ヘルシンキからタリンまでのフライトも満席、僕以外は全員フィンランド人(おそらく)という状態で、フィンランド人にも人気の観光地なんですね。タリンでは世界遺産の旧市街を歩き回り、名物料理を食べたりお土産を見たりして楽しみました。小さな町なので3泊したらすっかり詳しくなりました。ヘルシンキでは見たかった世界遺産、スオメンリンナの要塞まで見れて大満足、予想していたより何倍も素晴らしい旅になりました。

成田⇔タリン 37歳男性

毎日楽しみに読んでいる世界一周ブログのブロガーさんがエストニアに行った記事を見て以来、何故かとっても行ってみたくなり、どうやっていけるのか?とサーチをしてみると、フィンランド航空が結構頑張った値段で飛んでいるんですね。この値段なら行ける!とエストニアがどこ?という状態の妻を連れて旅行してきました。これにはちょっとしたサプライズがあって、帰国日にあえて選んだヘルシンキでの長い乗り継ぎ時間、この間に妻の好きなイッタラのアウトレットに行ったり、行ってみたいと言っていた「かもめ食堂」で食事をする、そしてホテルにも泊まるというプランです。成田からヘルシンキまではあっという間、空港で早速買い物をしたいという妻を制するのが大変、帰りにまたこの空港に来るからとなだめました。でも機内販売ではマリメッコの限定販売品をプレオーダーしていました、帰りの機内で受け取るシステムなんだそうで便利ですね。フィンランド航空はサービスもスマートで、機内食も美味しかったです。タリンは旧市街が丸ごと世界遺産というだけあって、とても雰囲気があり、なおかつ可愛い!ヘルシンキからフェリーで2時間なので日帰りや一泊などで遊びに来ているフィンランド人も多いようで、とても賑わっていました。ブロガーさんが絶賛していたチョコレートカフェには美味しすぎて3日連続で通ってしまいました。ちなみにヘルシンキのサプライズは大成功!今度はゆっくりフィンランドを周りたいねと話しています。

福岡⇔タリン 40歳女性

一度行ってみたいと思っていたバルト三国、何と期間限定ながらフィンランド航空が福岡からヘルシンキに就航すると知り、これはチャンスだと思ってエストニア旅行を即決、航空券もすぐに予約しました。後で知りましたが、去年から夏期は就航していたそうです。一瞬、ビザ(査証)が必要?と焦りましたが調べると日本人は90日以内の観光は不要とあり安心しました。夏の良い時期なのにこんな格安航空券、それも地元からの直行便で行けるなんてビックリです。初めて乗ったフィンランド航空はとてもオシャレな雰囲気で、何でかなと思ったら乗務員さんの制服が有名テキスタイルブランドのマリメッコ!よく見ると飲み物と一緒に配られるナプキンや、紙コップ、ブランケットなどあちこちにマリメッコのデザインが使用されていました。ちょっと量は少な目でしたが機内食も美味しく、ドリンク類も豊富だし、ヘルシンキまではとても短く感じました。乗り心地が良いという証拠です。ヘルシンキまでのフライトは、長すぎず短すぎず丁度良いですね、前回の旅行でイベリア航空のマドリッド便直行便は14時間乗りっぱなしだったので、疲れました。今後ヨーロッパに行く時は成田からでもフィンランド航空を利用して、ヘルシンキで乗り継いでいくのが私に合っている気がしました。タリンではネットで評判が良かった小さなホテルに泊まり、途中でラトビアのリガに小旅行する予定でしたが、タリンの居心地が良すぎて結局ずっとタリンにいました。日本では知名度のないタリンですが、おススメですよ!

エストニア旅行 よくあるFAQ

フィンランド航空のオンラインチェックインの開始時間は?

オンラインチェックインは出発の36時間前から受付を開始します。

エストニアのベストシーズンは?

エストニアは6月から8月が過ごしやすいベストシーズンです。

座席の事前指定は有料ですか?利用するのはエコノミークラスです。

はい、エコノミークラスでの座席の事前指定は有料です。料金は座席タイプ、航空券のタイプ、フライトの長さ、お客様のマイレージプログラムのステータスによって異なります。

フィンランド航空では、自分の食べ物を機内に持ち込むことはできますか。

機内持込手荷物の安全規則に従って、機内に食べ物をお持ち込みいただけます。ただし、お持ち込みいただいた食べ物をフライト中に温めることはできません。