1. トップ
  2. 南米
  3. エクアドル

エクアドル旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Ecuador

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%AD%E3%83%88-gm481129859-36887574?st=7277c1c

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称エクアドル共和国
人口約1360万人
首都キト
国コードEC
言語スペイン語(公用語)、ケチュア語、シュアール語
国番号(電話用)593
エクアドル発の航空券情報はこちら

エクアドルまでは飛行機でおよそ18~19時間で行くことができます。エクアドルの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なエクアドル旅行を楽しみましょう。


エクアドルは南アメリカ西部に位置する国です。西側は太平洋、北東側はコロンビア、南東側はペルーに隣接し赤道直下に位置しています。また、本土の西側にあるガラパゴス諸島を領有しています。

エクアドル行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発
  • 名古屋 (中部国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からエクアドルへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はなく、ヒューストンやニューヨーク、アトランタなどのアメリカの主要都市を経由します。 移転したばかりのキトとグアヤキルの空港があります。 乗り継ぎ時間を含め、キトまでは約20時間~25時間弱、グアヤキルまでは23時間~25時間程度掛かります。

日本との時差

日本とエクアドル本土の時差は14時間、ガラパゴス諸島では15時間です。日本が正午の時、エクアドルでは前日の夜10時で、ガラパゴス諸島は前日の夜9時です。 サマータイムは実施していません。

エクアドルにおけるビザ・入国手続きについて

ビザは1年間を通して合計90日以内の滞在なら必要ありません。旅券の残存有効期間がエクアドルに入国する時点で6ヵ月以上あることが条件です。機内で配布される入出国カードと税関申告書に必要事項をエクアドル到着までに記入しておきましょう。到着してすぐ入国審査があります。旅券と記入した書類を提出すると、滞在日数や目的などの質疑応答があります。なお、アメリカを経由して入国する場合にはESTAが必要ですので事前申請をお忘れなく。

エクアドルの気候について

エクアドルは赤道直下に位置していますが、標高が高い上にペルー海流という寒風の影響をうけているので1年を通して平均気温は日中が18.7℃、夜間が9.3℃と過ごしやすい春のような気候です。季節は雨季(10月~4月)と乾季(6月~9月)に分かれていて、特に2月~4月は降水量が多いです。

エクアドルの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 12%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

エクアドルの通貨とチップ

画像の出典元: google.co.jp

通貨について

通貨はアメリカドルを使用しています。紙幣は100、50、20、10、5、1ドルの6種類。硬貨のみエクアドルだけで使用可能なエクアドル製のドルが発行されています。USドルの硬貨と等価で重さも一緒ですが絵柄が異なります。硬貨には1、5、10、25、50セントと1ドルがあります。

チップについて

チップは場所によってはサービス料として料金込みになってることが多いです。 金額の目安は、レストランでは基本的に消費税として金額の12%とサービス料として金額10%を含んだ料金を表示しています。サービス料が込みになっているので必ずしもチップを渡さなくていいです。ただし、消費税のみでサービス料が請求金額に記載のない場合には金額の10%程度を渡すようにしましょう。 ホテルではポーターに荷物を運んでもらった場合などに1ドル程払います。 タクシーでは何か特別なことをしてもらった場合にのみ気持として渡すのが一般的です。

旅のお役立ち情報

エクアドルのコンセント形状はtype-a

エクアドルの電圧とコンセント

エクアドルのコンセントは日本と同じA型普及していますが稀に異なるものも見受けられます。電圧は日本と同じ110Vですので安心です。

77

エクアドルのネット環境

エクアドルのインターネットは市街地にある「Cabina(カビナ)」というお店や外国人が多く集まる繁華街、ショッピングセンターやカフェに無料Wi-Fiが使用できます。

103

エクアドルの飲料水

基本的に水道水は飲用に適していません。うがい程度なら使用できますが、ミネラルウォーターの購入をおすすめします。ミネラルウォーターはスーパーやキオスクで購入することが可能、炭酸の入ったもの(Con Gas)と普通の水(Sin Gas)があります。

文化・宗教・マナーについて

エクアドルの文化

エクアドルはアメリカ大陸の中で最も古い陶器や土器が発掘されています。バルビディア文化はB.C.3500年前の文化で、「バルビディアのビーナス」と呼ばれる子供を多く生んだ女性を象徴した土偶が多く発掘されました。この土偶は、縄文時代に青森周辺で作られた土偶と何らかの関係があるのではと言われています。 公用語はスペイン語ですが特に原住民インディヘナから伝わった「ケチュア語」は学校教育でも教えられていて、この土地を語るのに欠かせない言語です。

エクアドルの宗教

国民の約80%がカトリック教徒です。しかし近年ではプロテスタントを信仰している人が増加してきており、社会問題になっています。また、ユダヤ教やイスラーム教を信仰している人は少数ですが存在しています。

エクアドルのマナー

日本のマナーの1つである並ぶ習慣は一切ありません。横から後ろからどんどん前に割り込んできます。レストランのお会計は非常に遅いので、予定が詰まってる場合は先に頼んでおくことをお勧めします。またトイレではトイレットペーパーは流さず、ゴミ箱に捨てます。

エクアドルの食文化

画像の出典元: ana-foods.co.jp

エクアドルの料理は大皿1枚に沢山のものを少しずつのせて食べることが多いです。 お米は少しパサパサしています。バナナが世界で一番栽培されていて、揚げたり焼いたりと火を通しておかずとして食べるのが一般的。ホクホクした芋の様な食感です。海岸地方では魚介類が多く食されています。マグロを使った海鮮スープ、エンセボジャードが有名です。 また市場などでは動物(モルモットや豚)の丸焼きが食べられます。 スイーツでは「エスプミージャ」というアイスクリームに似たものが有名。フワフワした食感でマシュマロのようなアイスクリームに、イチゴなどのフルーツが混ぜてあるものも多く甘酸っぱい味がくせになりますよ。

エクアドルの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

エクアドルの主要観光地

エクアドルの主要観光地は、首都にある「キトの街並み」「イエズス教会」「独立広場」「パシリカ教会」「クレーター湖」「サン・フランシスコ修道院」などがあります。中でも数ある教会は建物そのものが美しく、内装にも大量の金が使用されており、その豪華さは圧巻のひとことです。

エクアドルの世界遺産

エクアドルには世界遺産が沢山あります。文化遺産としては「キトの市街」「アンデスの道路網カパック・ニャン」「サンタ・アナ・デ・ロス・クアトロ・リオス・デ・クエンカ」があり、自然遺産としては「ガラパゴス諸島」「サンガイ国立公園」があります。中でも「キトの街並み」は1978年、世界で最初に登録された世界遺産の1つです。紀元前から栄えはじめ、インカ帝国時代やスペインの植民地と多くの歴史的建造物が残る旧市街地が世界文化遺産に登録されています。16世紀のスペイン風の教会やカラフルな街並みが山の斜面にそって立ち並ぶ、ファンタジーの中にいるような世界観は圧倒的です。「世界トラベル・アワード2014」中南米エリアで第1位に輝いたキトの市街地、一生に一度は訪れてみたいものですね。

エクアドルのお土産について

エクアドルのお土産はバナナチップスが有名です。その他にはエクアドルコーヒーや、バナナジャム、チョコレートなども人気です。チョコレートや民芸品には色鮮やかなエクアドル地方の風景などが描かれていて、お土産屋さんをのぞくだけでもウキウキします。革を使った雑貨やアクセサリーに藁を使った民芸品などもお勧めです。

エクアドル行き航空券利用者の声

成田⇔エクアドル 40代男性

かねてから行きたいと思っていたエクアドルのガラパゴスへ旅行にいきました。アメリカン航空を使ってマイアミ乗り継ぎでエクアドルのキトへ着きました。格安航空券が手に入りANA・JALに較べて格段に安い価格だったので、これだけでも利用価値があると思います。ただし、受付もサービスも日系の航空会社に比べると雑ですが、慣れていれば問題がないと思います。キトからは現地発のツアーに参加しました。ガラパゴスは大小123個の島から成り立っているのですが、そのうち4つの島に人が住んでいるのだそうです。そんな島のひとつサン・クリストバル島に宿泊し、島の動物を観察しました。島内にはアシカやウミイグアナが普通に寝そべっていたのには驚きました。翌日はダーウィン研究所を訪れたり、キッカーロックという島を訪れアオアシカツオドリや軍艦鳥という珍しい鳥を見ることができました。イザベラ島は未開発の地で、ペンギンやアシカに遭遇し、湖ではフラミンゴを見ることができました。また、野生のゾウガメが歩いていたりと、とても興奮しました。ガラパゴスでは3日間を過ごし、キトへ戻り成田へ戻りました。あっという間の滞在でしたが、とても楽しい旅でした。

成田⇔エクアドル 50代男性

一生に一度は行ってみたいと思っていたガラパゴスにダイビングに行きました。ガラパゴスは世界遺産の第一号で、生態系の破壊が懸念され世界危機遺産リストにも登録されているそうです。自然保護のため、エクアドル政府は入島制限をしているので、ダーウイン&ウルフへのダイビングクルーズは常に満席状態だそうです。キャンセル待ちをしてやっと行くことができました。デルタ航空で成田を出発しエクアドルのキトへ到着。その後、国内線でガラパゴスへ移動し、クルーズ船に乗船しました。その後7日間のダイビング三昧!ガラパゴス諸島は寒流と暖流の合流点で、大型海洋生物の楽園とも言われています。ジンベエザメ、マンタ、イルカ、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイ、 ガラパゴスペンギン、ガラパゴスシャーク、ハンマーヘッドシャークの群れなどを見ることができダイナミックなダイビングを楽しみました。下船後、キトに戻り、キトの街を観光。そしてデルタ航空で日本へ戻りました。デルタ航空はマイアミで乗り継いだのですが、特に問題もなくスムースでした。食事はボリュームがありましたが、アメリカンな味でした。

成田⇔エクアドル 40代女性

遅い夏休みを取り、南米のエクアドルを訪れました。アンデス山脈の谷間に位置するキトは、インカ帝国の都市として栄えた場所です。旧市街は世界遺産に登録されていて、ぜひとも訪れてみたいと思っていました。フライトは成田からアメリカン航空を利用しました。セール時期だったのか、他の航空会社と比べて格安航空券が手に入りよかったです。サービスは大雑把で座席もやや狭いように思えましたが、料金のことを考えると仕方がありません。マイアミで乗り継いだのですが、広い空港で迷ってしまいました。時間に余裕があったのでよかったです。空港からキト市内までは35kmほどあり、市バスが通っていました。距離は短いのですが渋滞のため2時間近くかかったのには驚きました。キトの見所はたくさんあるのですが、日本では「イエズス会教会」と呼ばれているラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。完成までに約163年もかかったという美しい教会でした。またパシリカ教会、グアプロ聖堂や独立広場をはじめ、旧市街には見どころが多く、街歩きを楽しみました。修道院や教会の中は見学でき、その美しい内部を鑑賞することもでき本当に楽しかったです。あっという間の滞在でしたが、満足のいく旅でした。機会があったら再び訪れ、キトの郊外まで行ってみたいと思います。

エクアドル旅行 よくあるFAQ

アメリカン航空を利用の場合機内に預けられる手荷物の量を教えてください。

日本発着の太平洋横断路線では2個まで無料です。3個目からは1個につき200米ドルがかかります。1個につき重量は23kg、大きさは3辺の合計が158センチ以内となっています。ファースト/ビジネスクラスは3kgまで無料で預けることができます。

エクアドルの観光の過ごしやすい時期は?

6月から9月が比較的涼しく、過ごしやすいです。

エクアドルでは英語は通じますか?

エクアドルでは公用語がスペイン語のため、英語は首都のキトでは通じることがありますが、地方ではあまり通じません。

デルタ航空を利用します。機内に預けられる手荷物の量を教えてください。

エコノミークラスではサイズは3辺の合計が158センチ以内、1個が2kgの荷物2個まで無料です。