1. トップ
  2. アジア
  3. 東ティモール

東ティモール旅行へ行く前に確認するポイント

Democratic Republic of Timor-Leste

https://www.flickr.com/photos/globalvoyager/91979990/

画像の出典元: flickr.com

正式名称東ティモール民主共和国
人口約113万人
首都ディリ
国コードTL
言語テトゥン語、ポルトガル語
国番号(電話用)670
東ティモール発の航空券情報はこちら

東ティモールまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。東ティモールの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適な東ティモール旅行を楽しみましょう。


東ティモールは東南アジアに位置する、小スンダ列島に連なるティモール島の東部とアタウロ島、ジャコ島、飛地オエクシで成り立っている共和制国家です。1999年に国連の主導による住民投票を行った結果、インドネシアの支配下から解放されました。独立は2002年5月20日。21世紀最初の独立国となります。

日本から東ティモールへの渡航について

直行便と飛行時間

日本から東ティモールへの直行便は就航していないため、バリ経由が主流となっています。日本からバリ島までの所要時間は、ガルーダインドネシア航空または日本航空を利用して8時間から9時間。バリから東ティモールへはガルーダインドネシア航空の翌朝便となるので、バリで1泊する必要があります。なお、バリから東ティモールへはメルパチ航空が毎日1便ですが就航しており、所要時間は約3時間となっています。

日本との時差

日本と東ティモールとの間に時差はありません。

東ティモールにおけるビザ・入国手続きについて

東ティモールへ入国するにはビザが必要。空港に到着した際に滞在期間分のビザが発行されます。なお、滞在が1ヶ月を超える場合には滞在費として1日あたり1ドルを支払わなければならないため要注意。また、パスポートの残存有効期間は6ヶ月間以上必要です。 インドネシア経由の場合、インドネシア到着時にビザ料金を支払わなければならない。料金は滞在日数によって異なります。なお、ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店等に確認することをオススメします。

東ティモールの気候について

東ティモールは熱帯モンスーン気候となっており、年間を通して気温が高いです。乾季は4月から10月、雨季は11月から3月です。雨季は激しいスコールに見舞われることがあるので注意が必要。なお、蚊が大量発生しているため、どんなに暑い日であっても肌の露出はオススメできません。蚊を媒介としたマラリアやデング熱も流行っているので、外出する際は長袖・長ズボンが好ましいです。また、蚊よけのスプレー、ティッシュは必ず用意するようにしましょう。

東ティモールの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

東ティモールの通貨とチップ

画像の出典元: torange.biz

通貨について

東ティモールの通貨は米ドルが使用されています。そのほかにセントと同じ価値を持つ独自のコインとして、センタボがあります。

チップについて

基本的には不要。気持ちでチップを渡す程度で問題ありません。

旅のお役立ち情報

東ティモールのコンセント形状はtype-e

東ティモールの電圧とコンセント

東ティモールの電圧は220Vのため、日本の電化製品では場合により変圧器が必要です。また、コンセントはCタイプ、Oタイプ、O2タイプ、SEタイプと日本と異なるため、変換アダプターを用意してください。

77

東ティモールのネット環境

東ティモールのネット環境はかなり繋がりづらいです。首都・ディリのホテルであればほとんどのホテルがWi-Fiや有線LANを用意していますが、繋がるかどうかは各々で異なります。

103

東ティモールの飲料水

水道水は飲料に適しません。氷にも気を付けましょう。多くの地域で未だ水道が整備されておらず、川から汲んだ水を使っているところがほとんど。公共の水道もありますがパイプが引かれているだけで、出ないケースもみられます。

文化・宗教・マナーについて

東ティモールの文化

東ティモールには大部分を占めるメラネシア系やマレー系、中華系、欧州人およびその混血といった民族が暮らしています。そのため、様々な国や部族の文化から影響を受けているのが特徴。民俗音楽にはリクライダンスというものがあり、女性が男性を家に招き入れる(求愛)時などに行われています。

東ティモールの宗教

国民の99.1%がキリスト教徒。残り0.7%がイスラム教を信仰しており、ヒンドゥー教、仏教、アニミズムも支持されています。

東ティモールのマナー

東ティモールのトイレはタンクに溜めてある水をひしゃくで流すタイプがほとんどなので、ホテルで済ませてから外出した方が良いでしょう。また、トイレットペーパーは用意されていないことが基本的となっているため、常備する必要があります。

東ティモールの食文化

画像の出典元: flickr.com

東ティモールは長きにわたりポルトガルの統治下にあったため、食文化にもその影響が表れています。基本的にはインドネシア料理と共通するものが多く主食はお米。おかずはナシゴレンやミーゴレン、イカン・ペペスという魚とハーブを蒸し焼きにした料理が好まれています。また、首都ディリ周辺になると、ポルトガル人が南米から伝えたキャッサバ・とうもろこしがお米の代わりに食されています。

東ティモールの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: asiancafe3232.blog.fc2.com

東ティモールの主要観光地

<クリスト・レイ> ディリのランドマークとしても知られる、世界で2番目の大きさを誇る巨大キリスト像の中心部から約10キロ離れた半島の先端にあります。高さは27メートル。 <真実和解委員会博物館> インドネシア時代は刑務所だった真実和解委員会博物館。ちなみに真実和解委員会とは、深刻な人権侵害の歴史を抱えている様々な国が過去の過ちを発見・公表することで、積み重なった軋轢を解決しようという活動を行っている委員会です。 <サンタクルス墓地> サンタクルス墓地は1991年に「サンタクルス事件」と呼ばれる出来事が起こった、悲劇の場所。独立を求めるためのデモ行進をしていた多くの市民が、インドネシア国軍の無差別発砲により命を失くしました。当日には記念式典が行われるなど、今もなお忘れることができない出来事として多くの国民に記憶されています。 <タイス市場> タイス市場では地方で作られた織物を販売しており、織物の実演をしている場合もあるので楽しむことができるでしょう。ちなみに、タイスとは東ティモール伝統の織物のことをいいます。

東ティモールの世界遺産

東ティモールにおいて登録されている世界遺産はありません。

東ティモールのお土産について

東ティモールの首都・ディリは大型スーパーなどに各国のNGO団体の支援で作られた商品など、お土産向きのものが色々と販売されています。ティモールコーヒーは日本のNGO団体も支援している商品で、さっぱりとした飲み口が人気。近年ではフェアトレードの観点などから注目が高まっている一品です。また、南国で緑あふれる地方部ではココナッツの収穫が盛んなため、NGO団体の支援によって製品化されたココナッツオイルもオススメとなっています。

東ティモール行き航空券利用者の声

成田⇔東ティモール 35歳男性

仕事で東ティモールへ行きました。日本からは直行便がなく、格安飛行機を探したのですが見つからず、結局JALを利用してジャカルタ〜バリ島(デンパサール〜東ティモールというルートで行きました。トランジット含めて約25時間の長い道のりです。ジャカルタまでは日本人のビジネスマンが多く乗っていました。さすがJAL、とても快適な旅でした。ジャカルタで預けた荷物を引き取り、今度はガルーダインドネシア航空へ乗り継ぎバリ島へ。ガルーダインドネシア航空の機内食はそれほど悪くありませんでしが、眠かったのでほとんど食べることができませんでした。デンパサールに着いたのは深夜1時。ここでエアポートホテルに泊まり、翌朝NAMエアで東ティモールへ向かいました。長い旅でしたが、特にトラブルもなく無事着くことができてよかったです。東ティモールではキッチン付のゲストハウスに宿泊。ティモール唯一のショッピングセンター「ティモールプラザ」までも近くとても便利でした。東ティモールはとても素朴な村で、大昔のバリのような感じでした。特に観光スポットもなかったので、仕事を済ませるとぶらぶらとビーチ沿いを観光しました。帰路も行きと同様、長旅をして日本へ戻って来ました。

福岡⇔東ティモール 35歳女性

私は世界の辺境の地と言われる場所を旅するのが好きなのですが、今回は東ティモールを訪れることにしました。日本からは直行便がないので、福岡〜ソウル~バリ島(デンパサール〜東ティモールというルートです。福岡からはコリアンエアーでデンパサールに行き、フライトの関係でここで1泊。翌朝スリーヴィジャヤ航空で東ティモールのディリに着きました。東ティモールではホテルに泊まりました。ディリ市内には旅行会社がいくつかあり、その中から一つを選んで観光をお願いすることにしました。英語のガイドさん付で1日。プライベートツアーです。クリスト・レイ像は高台にあり、ここから望む風景は最高でした。その後、革命記念館、タイス市場など市内をざっと見たあと、ポルトガル植民地時代の要塞、ムバラへ向かいました。ここにはポルトガル植民地時代の牢獄などがありました。ツアー後はホテルで食事をしました。シーフードがとてもおいしかったです。スタッフもいろいろと話しかえてくれるので楽しかったです。翌日にはディルを離れたのですが、デンパサールで時間があったので、車をチャーターしてケチャックダンスとレゴンダンスの鑑賞に行きました。こちらはとても見ごたえがありました。その後、コリアンエアでソウル経由で福岡に戻りました。

成田⇔東ティモール 40歳女性

ゴールデンウィークに東ティモールへ旅行に行きました。行きは成田-ジャカルタ-デンパサール-ディリ。帰りはディリ-デンパサール-クアラルンプール-成田です。成田‐ジャカルタ間はJAL ,ジャカルタ-デンパサールはガルーダ航空、デンパサール-ディリはNam エアです。合計25時間という長い長い旅でした。東ティモールのディリ空港ではまずビザを購入します。入国審査は簡単で問題もなく通過できました。市内まではバスが走っているはずなのですが、よく分からずタクシーを使ってしまいました。宿はバックパッカー用の宿を予約しておきました。4人部屋だったのですが、誰もいなかったので一人で一部屋を使いました。シャワーは24時間使えましたが、お湯は出ませんでした。観光はタクシーを交渉してチャーター。クリストレイ(キリスト像)、小さな灯台、ビーチなどを回ってもらいました。夕食は、宿の近くのレストランへ。チキンカレーがおいしかったです。翌日はインドネシア風の焼きそばで朝ごはん。もう一度、市内をぶらぶらして帰路に着くことにしました。

東ティモール旅行 よくあるFAQ

東ティモール観光のベストシーズンは?

1年を通して30℃前後と温暖な気候で雨季を除けば、比較的一年中過ごしやすいです。6月から10月ごろの乾季が観光しやすいでしょう。

東ティモールへの一般的な行き方は?

日本から東ティモールへはシンガポールやインドネシアなどアジアの国を経由していくのが一般的です。

東ティモールでは英語は通じますか?

英語はホテルなど以外ではあまり通じず。ポルトガル語の方が通じることが多いです。

東ティモールではどんなアクティビティがありますか?

ディリ郊外の海ではスキューバダイビングが楽しめます。