1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. クロアチア
  4. ドブロブニーク
  5. ドブロブニク空港

ドブロブニク空港行き 国際線航空券を比較・検索

ドブロブニク空港行きの格安航空券

ドゥブロヴニク空港の画像

画像の出典元 pandopad.com

正式名称ドゥブロヴニク空港(Dubrovnik Airport)
空港コードDBV

ドブロブニク空港発の航空券情報はこちら

ドブロブニク空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からドブロブニク空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ドブロブニク空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ドブロブニク空港行き航空券の最安値を比較

ドブロブニク空港について

白を基調とした芸術的な空港

赤い瓦屋根の家と、白い街並みの風景が有名なドゥブロヴニク。その美しい街への玄関口となっているのが、ドゥブロヴニク空港です。ターミナルもそのイメージを裏切ることなく、白を基調とした芸術的なデザインとなっており、訪れた人達をワクワクさせます。 クロアチア国内では、ザグレブ国際空港に次いで2番目の規模を誇りますが、規模は大きくなくコンパクト。そのため、国内線・国際線・出発口・到着口が1つの建物に収まっており、とても利用しやすい空港です。素敵なドゥブロヴニクの旅をここから始めてください。

オススメのルート

日本からの直行便はありません。アリタリア航空、トルコ航空等を利用し、ヨーロッパの主要都市での乗り継ぎが必要です。

日本から就航している航空会社

- アリタリア航空(ローマ経由)
- 日本航空(JAL)(フランクフルト、ザグレブ経由)
- 全日本空輸(ANA)(ブリュッセル、ザグレブ経由)

ドゥブロヴニク空港の規模、設備情報

ドゥブロヴニク空港の規模、設備情報

規模も大き過ぎず、コンパクトな建物の造りになっているため、初めて訪れる方でも利用しやすい空港です。

インフォメーション 1階チェックインカウンターの向かいと、地上階荷物受け取り所の向かいにそれぞれあります。 営業時間は5:00~22:00です。
落とし物 地上階荷物受け取り所の向かいにあります。
Wi-Fi 空港内全域で無料Wi-Fi接続が可能です。
両替/銀行 銀行は地上階に1ヶ所。 両替所は地上階到着フロアと、1階チェックインフロアにそれぞれ1ヶ所づつ。 ATMは地上階に7ヶ所、1階に2ヶ所あります。
ラウンジ 3階の国際線出発エリアに、ビジネスラウンジがあります。ドリンクサービスや、無料Wi-Fiが利用できます。

ドゥブロヴニク空港から市街地へ

ドゥブロヴニク空港から市街地へ

空港から市内までの移動手段は、バスとタクシーがあります。

バス

アトラス(Atlas)という旅行会社が運行するバスが出ています。
空港~旧市街(ピレ門前)~中央バスターミナル(グルージュ港)間を運行しており、チケットは到着ゲート出口付近の、アトラスの窓口で購入可能。もし窓口が閉まっていた場合は、運転手さんから直接チケットを購入できます。
料金は40クーナで、旧市街までの所要時間は30分ほどです。

タクシー

タクシーも到着ゲート出口付近に待機しています。
旧市街までは30分ほどかかり、運賃は200~230クーナ。バビン・クック地区やラパド地区までは40分ほどで、運賃は250~300クーナです。
まれに高額な料金を請求してくるドライバーもいるので、乗車前に目的地までの目安料金をドライバーに尋ねておきましょう。目安の料金が分からない場合は、空港内の観光案内所で事前に確認しておくと安心です。

ドゥブロヴニク空港の搭乗手続き

ドゥブロヴニク空港の搭乗手続き

利用する航空会社のカウンターでチェックインをし、航空券を受け取ります。その後、セキュリティチェック、出国審査へと進みます。ドゥブロヴニク空港はコンパクトな空港であるため、各所で迷うことはないでしょう。

空港近辺のホテル情報

空港近辺のホテル情報

「Villa Tereza(ヴィラ・テレザ)」は、映画に出てくるような古風な美しさが特徴の宿。ムードの異なるさまざまな部屋を用意しており、大きな庭やプールでは、ゆっくり羽を伸ばせるでしょう。 「Sky Apartments & Rooms(スカイ・アパートメント・アンド・ルームズ)」は、リーズナブルな値段で泊まることができる宿で、コスト重視の方にオススメ。どちらの宿も空港から近く、シャトルバスを運行させているので便利です。

空港内のグルメ情報

空港内にレストランは無く、軽食やカフェのみになります。セキュリティチェック後は、食事をする場所も、お店もないので注意。お腹の空いている方は、チェック前、もしくは市街地で済ませておきましょう。

空港内のショップ情報

お土産を売っているショップや免税店は、出発前のフロアに数店舗あるのみです。グルメと同じく、セキュリティチェック後のフロアには、ショップや免税店もありませんので注意。なので、お土産や記念品は市街地で購入しておくことをオススメします。