中国東方航空で行く航空券+ホテルの格安旅行

中国東方航空の航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
中国東方航空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

中国東方航空の感想・口コミ

中国東方航空について

中国東方航空でご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインで中国東方航空のセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したら中国東方航空の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行は中国東方航空で行く皆さまの旅をサポートします。中国東方航空(China Eastern Airlines)は、上海市に拠点を置く中華人民共和国の航空会社です。英語表記のチャイナイースタンと呼ばれることもあります。中国国内の主な路線と国際線を運航しており、世界的にも利用旅客数の多い会社です。上海の上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港、北京の北京大興国際空港の3つをハブ空港としています。また、エールフランスやKLMオランダ航空等と同じスカイチームアライアンスに加盟し、またスカイチーム加盟会社以外に日本航空、キャセイパシフィック航空、カンタス航空ともマイレージの提携関係です。
中華人民共和国では、建国後長らく軍の管轄下にある中国民用航空総局(CAAC)のみが国内の航空便全てを管轄していました。しかし、1980年にこのCACCは軍の管轄を離れて企業となり、5つの地方管理局を設立しています。この地方管理局のうち、上海に拠点を置いていた上海管理局が空港管理と分離して航空会社として独立し、現在の中国東方航空となりました。2002年には、民間航空会社を集約する政府の政策で中国西北航空、中国雲南航空、長城航空、武漢航空を合併し、2010年には同じ上海を拠点とする上海航空を子会社化しています。
中国の航空会社は、中国民用航空総局時代の1973年に羽田空港へ初めて就航しました。その路線を引き継いだ中国東方航空は、中国の航空会社では初めて日本人の客室乗務員が搭乗し、ハブ空港の上海浦東国際空港にも日本人地上スタッフが勤務する等、日本人の採用が進みました。また、日本航空(JAL)とはコードシェア便を運航しています。
使用している航空機は主にボーイングとエアバスですが、中国国内では国産の航空機を使う路線もあります。座席のクラスは、基本的にファーストクラス(F)、ビジネスクラス(C)、プレミアムエコノミー(W)、エコノミー(Y)です。しかし、設置されるクラスは使用する航空機の機種によって異なります。以前は比較的運賃が安いのと「中国の」航空会社という事もあって、機内サービスが悪いというイメージが付いていましたが、会社も最新の機材を入れる等した結果、他の航空会社と遜色なくなりました。
無料で預けられる荷物の範囲は、路線や座席のクラスによって異なります。日本、韓国、ドバイ、シンガポール、オーストラリア、ヨーロッパの路線の場合、座席クラス共通で3辺の和が158cm以内、重量はファーストクラス及びビジネスクラスが1個あたり32kg以内です。プレミアムエコノミーとエコノミークラスでは、1個あたり23kg以内が預けられます。預けられる個数は、ファーストクラスが3個まで、他のクラスは2個です。なお、サイズが超える場合、超過料金が3辺の和が158cm 以上203cm 以下なら1個あたり1000人民元、それ以上は2000人民元掛かります。個数オーバーは、1個目は1000人民元、2個目以上は2000人民元です。エコノミークラスで重量オーバーの場合、23kg以上32kgなら1個あたり1000人民元です。クラス共通で32kg以上の荷物は預けられません。また、座席を取っていない乳幼児がいる時は、10kgまでの荷物と折り畳み式のベビーカー1台が無料預かりです。アメリカ・カナダ路線では、預けられる個数が全クラス2個になります。中国国内路線では、1個あたりのサイズが40x60x100cm以内、最大重量が32kgです。しかし、エコノミークラスでは無料で預けられるのは20kg、ビジネスクラスでも30kgまでなので注意しましょう。中国東方航空のマイレージサービス「東方万里行(イースタンマイルズ)」会員の場合、ランクによって無料で預けられる手荷物の数が追加になるサービスもあります。
機内に持ち込める荷物は、3辺の合計が115cm以内(各辺の最大高さ55cm、長さ40cm、幅20cm)、重量10kgまでです。大体、機内の収納棚や座席の下にきちんと収まるぐらいが限度と考えて良いでしょう。
リチウムイオン電池を搭載したパソコンやカメラ、携帯電話等の電子機器等や予備用の電池は、100Wh以下なら機内持ち込みのみが可能です。100Wh~160Whの電池は、航空会社の承認が必要ですが、乗客1人につき2個まで認められます。それ以上の出力の電池は、一般の航空機での輸送を禁止されているので機内持ち込みも預けることもできません。

以下の地名のリンクをクリックすると空港の詳細情報が表示されます

中国東方航空 直行便で行く  成田空港 出発

label[for="overseas"]{width:100%}
document.addEventListener('DOMContentLoaded',()=>document.getElementById('overseas').checked=true)

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー