中国国際航空で行く航空券+ホテルの格安旅行

中国国際航空の航空券+ホテルの同時予約のセット旅行ツアーを格安でお申し込みいただけます。
中国国際航空の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

中国国際航空の感想・口コミ

中国国際航空について

中国国際航空でご旅行へいくならスカイチケットのセット旅行のホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインで中国国際航空のセット旅行プランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したら中国国際航空の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのセット旅行は中国国際航空で行く皆さまの旅をサポートします。中国国際航空は中華人民共和国(中国本土)の大手航空会社で、フルサービスキャリアです。中国国際航空が設立されたのは1988年で、前身の中国民用航空局は1949年に空軍の指揮下で運行を開始した国営航空会社です。民営化された当時は多くの旧ソ連製の機材が使用されていましたが、現在はエアバスとボーイングの機材で占められています。中国国際航空は民航時代からハブ空港である北京首都国際空港・成都双流国際空港などの主要空港と中国国内の各地や海外を結ぶ路線を運航しており、国際線には日本と中国を結ぶ路線も含まれます。中国国際航空では、日本の東京(成田および羽田)・関空・中部国際・新千歳・仙台・広島・福岡・那覇に乗り入れています。日本便以外の国際線であれば、中国国内の主要空港から東アジアの主要都市や東南アジア・南アジア・中東(ドバイ)・欧州・北米・南米・オセアニア・アフリカ(ヨハネスブルグ)を結んでいます。北京と平壌国際空港を結ぶ路線も運航しており、北朝鮮に定期便を運航している海外で唯一の民間航空会社です。中国国際航空は他の大手航空会社よりも航空券が安いという特徴があり、期間限定の割引セールを活用すれば格安航空会社と同じくらいの運賃で旅行ができます。このため日本から安い料金で欧州や他の国々にアクセスする際に、中国国際航空を利用する方法があります。ヨーロッパに行く場合は北京で乗り継ぎをする必要があるので所要時間がかかってしまいますが、日本や欧州の航空会社の直行便を利用する場合よりも旅費を大幅に節約することができます。中国国際航空の機内サービスですが、日本発着便を含む中短距離路線ではビジネス・エコノミーの2クラス制です。オーストラリアや欧米を結ぶ長距離路線に限り、ファースト・ビジネス・エコノミーの3クラス制となっています。中国国際航空のエコノミークラスのシートピッチは機種によって異なりますが、多くの機体では80cm前後です。格安航空会社のシート(70~75cm)と比較すると、足元がゆったりしています。中国国際航空フルサービスキャリアなので、フライト中に機内で食事やドリンクが無料で提供されます。日本発着便でも軽食ではなくミールサービスがあり、中国料理が中心です。欧米に向かう路線でも、朝食に中華風のお粥を選ぶことができます。中国国際航空を利用する場合は、機内に持ち込みが可能な手荷物・身の回り品の重量を注意する必要があります。機内持ち込みが許されている手荷物の総重量はシートクラスによって違いがあり、エコノミークラスだと1個(5kg以下)に制限されています。ビジネス・ファーストクラスを利用する場合は、1個あたりの重量が8kg以下の手荷物を2個まで機内に持ち込むことができます。他の多くの航空会社であれば機内持ち込みが可能な手荷物の重量の上限が7~10kgであることを考慮すると、制限が厳しいので要注意です。飲料水や食べ物を持ち込むと重量オーバーになる恐れがあるので、フライト中の飲食は機内サービスを利用する必要があります。機内持ち込みができない荷物は空港で預け入れをして貨物室で運んでもらうことになりますが、縦・横・高さの3辺の合計が158cmを超えると超過料金が必要になります。受託手荷物が無料の範囲はシートクラスごとに違いがあり、エコノミークラスであれば23kg以下の荷物1個まで無料です。ビジネス・ファーストクラス利用者であれば、1個あたり32kgの荷物を2個まで無料で預け入れることができます。スターアライアンスゴールドカードを持っている人は、各シートクラスごとに定められている範囲に加えて23kg以下の手荷物1個を追加することが可能です。中国国際航空の国内線を利用して地方に移動する場合は、受託手荷物が無料になる範囲が国際線と異なるので注意が必要です。中国国内で運行されている国内線で無料で預けることができる手荷物のサイズは、3辺の合計が40×60×100cm以内です。国内線で無料で預け入れができる荷物の重量の上限は、エコノミー(20kg)・ビジネス(30kg)・ファースト(40kg)です。例えば中国国際航空の国際線を利用して日本から中国に向かい、国内線に乗り換えて中国国内の別の都市に移動するような場合は特に注意が必要です。22kgの手荷物を持って移動すると、国内線に乗り換える時に超過料金が請求されます。ちなみに国内線での手荷物の超過料金は、1kg超過するごとに成人のエコノミー運賃の1.5%です。国際線は、路線ごとに超過料金の金額が定められています。

航空会社から航空券+ホテルの格安旅行を探す

全日空全日空
日本航空日本航空
ジェットスタージェットスター
ピーチピーチ
春秋航空日本春秋航空日本
チェジュ航空チェジュ航空
大韓航空大韓航空
キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空
アシアナ航空アシアナ航空
デルタ航空デルタ航空
タイ国際航空タイ国際航空
タイ・エアアジアXタイ・エアアジアX
アメリカン航空アメリカン航空
ユナイテッド航空ユナイテッド航空
中国国際航空中国国際航空
エアアジアXエアアジアX
スクートスクート
ティーウェイ航空ティーウェイ航空
ベトジェットエアベトジェットエア
ベトナム航空ベトナム航空
シンガポール航空シンガポール航空
フィリピン航空フィリピン航空
中国東方航空中国東方航空
エアソウルエアソウル
香港エクスプレス航空香港エクスプレス航空
ハワイアン航空ハワイアン航空
ノックスクートノックスクート
セブパシフィックエアーセブパシフィックエアー
エールフランスエールフランス
ジンエアージンエアー