1. トップ
  2. アジア
  3. バングラデシュ
  4. ダッカ

ダッカの概要

ダッカ

画像の出典元: Khan minhaz imran

人口-
都市コードDAC
人気の航空会社
  • タイ国際航空
  • マレーシア航空
  • 中国南方航空
飛行時間8~11時間
ダッカ発の航空券情報はこちら

ダッカまでは飛行機でおよそ8~11時間で行くことができます。ダッカの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてダッカ旅行を有意義に楽しみましょう。

ダッカ行きの最安値を比較

バングラデシュ国内からのダッカ行き 最安値を比較

熱気と微笑みと愛すべき混沌「ダッカ」

人々の活気と熱気が溢れるカオスな街、ダッカ。バングラデシュ中部に位置し、首都として国の政治、経済、文化の中心的役割を果たしています。年を追うごとに人口増加が進み、人口密度世界トップクラスの都市としても知られています。ダッカを訪れた旅人は皆口を揃えてカオス、そして不思議な街だと言います。それは近代化が進む現代社会では失われかけている昔ながらのアジアの光景、そして誰にでも優しくフレンドリーで微笑みを絶やさず話しかけてくる国民性があるからこそ。そのためダッカの人こそが、1番の観光名所と言っても過言ではありません。街を歩くだけで、気がつけばたくさんの現地人と友達になれてしまう。そんな不思議な体験ができる場所なのです。

ダッカの歴史

日本でも名前の聞くことの多いバングラデシュですが、実はまだ建国から45年ほどの若い国。それ以前、ダッカは旧宗主国東パキスタンの首府でした。市内南部、オールドダッカにはバングラデシュ建国以前の建物が多く残り、ダッカの主要な観光名所として賑わいを見せています。また市内一カオスな場所と呼ばれるのもこのオールドダッカ。人と店とリキシャがひしめき合う光景が広がります。

ダッカの経済

ダッカには金融業、繊維工業、電気通信業など様々な産業の拠点が置かれています。昔ながらのリキシャや露店も数え切れないほどある反面、近年はホテルやレストランなどサービス業の発展が目立ちます。中でもグルシャンという地域には、外国人観光客向けのホテルやレストランが数多く立ち並んでいます。

ダッカ行きの格安航空券について

日本からダッカへ直行便はありませんが、LCCによる格安の路線が周辺諸国から就航しています。中でもエアアジアによるクアラルンプール発の便、エア・インディア・エクスプレスによるバンコク発の便がおすすめ。特にエアアジアは頻繁にセールをやっているため、早めの予約を心がけると良いでしょう。バングラデシュは物価の安い国ということもあり、格安航空券と共に破格の値段で旅をすることができます。

ダッカの気候

バングラデシュは熱帯性気候に属し、湿度が高く蒸し暑い気候が特徴です。11月~2月においては若干暑さも和らぎ降水量も少なるため、観光するならベストのシーズンと言えます。しかし環境汚染が進んでいる街は年中埃っぽく、大気の状態が良いとは言えません。念のためマスクなどを持参しておくと良いでしょう。

ダッカの主な交通手段

ダッカ市内の交通手段は多岐にわたるので、移動したい距離に応じて使い分けると良いでしょう。短距離の移動には三輪自転車タクシーのリキシャや、天然ガスを燃料にしたCNGと呼ばれる小型車両がオススメ。特にダッカの交通の代名詞になっているリキシャには、一度は乗っておきたいところです。長距離の移動にはバスやタクシーが適しています。料金はバス以外ほぼ交渉制です。

ダッカ行き航空券利用者の声

成田⇔ダッカ 40歳男性

ダッカは仕事で何度か訪れています。ダッカへは日本から直行便はありませんが、格安航空がいくつも就航しているので利用しやすいです。今回はマレーシア航空でクアラルンプール乗り継ぎで訪れました。成田からクアラルンプールまでは8時間ほど。時間はかかりますが、マレーシア航空はサービスもよく大変快適です。クアラルンプールでの待ち時間も1時間ほどなので、それほど大変ではありません。クアラルンプールからダッカまでは4時間くらいでした。機内食もたくさんあり、満足です。
ダッカでは社用車を利用し、ほとんど観光をしないのですが、もし観光をするのであれば現地の旅行会社のガイドに頼むといいでしょう。というのも、ダッカのリキシャやタクシーは道を知らないことが多いからです。またバザールなどで買い物をする際には交渉が必須で、慣れないととんでもな値段を吹っかけられるからです。ダッカはあまり広くはないのですが、人や車が多いため移動がとても難しく、1日であれもこれも回るよりは目的を決めて観光をしたほうがロスがありません。博物館やモスクなどは行ってみる価値があると思います。

成田⇔ダッカ 50歳男性

バングラデシュのダッカへは仕事で訪れます。ダッカへはタイ航空の航空券を予約することが多いです。バンコク経由で6時間の待ち時間を含め、16時間ほど。タイ航空の機内食が美味しいので、けっこうリピーターになっています。
2017年10月現在、外務省から危険情報が出されているので観光で訪れることは難しいでしょう。ダッカは車と人が多く慣れないととて疲れます。タクシーやリキシャは道を知らないことが多いので、自分でしっかりとルートを調べてから乗車しています。
ダッカにはいくつか観光スポットがあります。ムガール朝時代のキャラバン宿の跡であるチョト・カトラやボロ・ カトラは、なかなか興味深いスポットです。また1678年に建てられたラルバーグ・フォートやアルメニア教会、12世紀からあるヒンドゥー教寺院なども見ごたえがあります。そのほか、チョーク・バザールを訪れてみるのもいいかもしれません。バザールでの買い物は交渉が必要なので、現地の人と一緒に訪れるようにしています。果物がおいしいのですが、日本へは持って帰ることができないので、いつも現地で消化してしまいます。マンゴーやオレンジがおいしいですよ。いつも仕事を終え飛行機に乗ると、ほっとした気分になります。早く平和なときが来るといいと思っています。

関西⇔ダッカ 45歳男性

ダッカへ観光へ訪れました。関西空港からエアアジアXという航空会社で7時間ほどで、クアラルンプールに到着。5時間ほどクアラルンプールで乗り継ぎを待ち、エアアジアの飛行機に乗りました。4時間くらいでダッカに着きました。とても安かったので、格安航空券を予約して良かったです。また、機内は少し寒かったので、上着を重宝しました。
ダッカは車と人が多くとても驚きました。現地の人から身の回り品には注意するように言われました。ただ人は多いけれど、それほど危険を感じるということはありませんでした。仕事でしたのであまり観光スポットを訪れることができず、モスクや教会を車の中から見ただけでした。 外資系企業や大使館が集まるグルシャンというエリアには、高級レストラン・ハンディクラフト、スーパーマーケットなどがありました。ショッピングセンターには自分も知っているブランドが入っていました。また、スーパーには現地製のお菓子が多く売られていて、お土産にいくつか買ってみました。ダッカへの出張は緊張の連続ではありましたが、とてもいい経験だったと思っています。

ダッカ旅行 よくあるFAQ

マレーシア航空の手荷物許容量を教えてください

エコノミークラスは30kg、ビジネスクラスは40kg、ファーストクラスは50kgまで無料で預けることができます。また1個の荷物の大きさは3辺の合計が15cm以下となっています。

マレーシア航空で機内に持ち込める荷物の量を教えてください

エコノミークラスは7kg、ビジネス・ファーストクラスは14kgまで機内に持ち込むことができます。また個数はエコノミークラスは1個、ビジネス・ファーストクラスは2個までとなっています。

マレーシア航空ではゴルフ用品を預けることができますか

ゴルフ用品を含むスポーツ用品は無料受託手荷物許容量の一部として実施され、手荷物許容量を超えた場合は超過手荷物料金の対象となります。

エアアジアの手荷物許容量を教えてください

受託手荷物は、1個あたりの大きさが81cm x 119cm x119cmを超えないものとし、エコノミークラスでは20kg以下となっています。

エアアジアではスポーツ用品を預けることができますか

ゴルフ用具はゴルフバッグへ収納の上、預けることができます。 ただしスポーツ用品は、スポーツ機器料金がかかります。オンラインでご予約の際には割引料金で、空港のチェックインカウンターでは標準料金が適用されます。