1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. クロアチア

クロアチア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Croatia

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%B6%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%96%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%BA%83%E5%A0%B4%E3%81%A8%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82%E3%81%AE%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%86%99%E7%9C%9F-gm513919973-47413368?st=3eaf946

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称クロアチア共和国
人口約430万人
首都ザグレブ
国コードHR
言語クロアチア語
国番号(電話用)385
クロアチア発の航空券情報はこちら

クロアチアまでは飛行機でおよそ13時間で行くことができます。クロアチアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なクロアチア旅行を楽しみましょう。


クロアチアはバルカン半島の西の付け根付近に位置し、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、ハンガリー、スロヴェニアと隣接しています。国内は大きく地中海地方、山岳地方、パンノニア地方の3つに分けることができます。クロアチア随一の観光地ドゥブロヴニクは、ボスニア・ヘルツェゴビナとモンテネグロに囲まれた飛び地となっています。

クロアチア行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からクロアチアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からクロアチアへの直行便は現在就航していません。クロアチアに向かうには、パリやフランクフルトといったヨーロッパの主要空港を経由する必要があります。飛行時間は経由地などによって前後しますが、およそ15時間です。

日本との時差

クロアチアは日本より8時間遅れています。サマータイム期は時差が1時間縮みます。

クロアチアにおけるビザ・入国手続きについて

日本国籍の方は、観光目的で90日以内の滞在であればビザの取得は不要。パスポートの残存有効期間は3ヶ月以上必要です。入国審査ではパスポートのみの提示でOKですので、係官に入国スタンプを押してもらいましょう。

クロアチアの気候について

地域によって異なりますが、クロアチアの気候は日本の気候とやや似ています。春は雨も少なく、薄手の上着は必要ですが比較的過ごしやすいです。夏は日本のようにじめじめせず、日差しは強いですがやはり過ごしやすいでしょう。秋は夜間冷え込むのでしっかりした上着が必要です。冬は内陸部で気温が氷点下になることがあります。海岸沿いは内陸部ほど冷え込みませんが、雨が多いので雨具が必要です。

クロアチアの免税について

免税店で740クーナを超える買い物をした場合、お店の方に還付金申請の書類を作成してもらいましょう。そして、クロアチアを出国する際に、税関にてその書類にスタンプを押してもらいます。チェックインカウンターで、タックスフリーチェック・レシートの原本・パスポート・搭乗券そして未使用、未開封の商品を提示して証印を押してもらいます。日本帰国後に空港のカウンターに証印が押されたタックスフリーチェックを提出した場合は、その場で日本円で払い戻しを受けることができます。

必要最低払い戻し購入額 740クーナ
VAT税率 25%、食料品、生活用品10%、書籍・薬品・一部食料品等5%
払い戻し率 2.4~12.26%
税関スタンプ受領期限 購入日から3ヶ月以内
免税書類申請期限 購入日から6ヶ月以内
免税条件
  • レシートの合算では申請できません。ワインは1本まで申請できます。
必要な税関スタンプ クロアチア、またはEU圏最終出国税関
特記事項 払い戻し申請時に各レシート740クーナ以上の原本添付が必要になります。酒類(ワインは1本ならOK)、タバコ、オイル類は免税対象外です。

クロアチアの通貨とチップ

画像の出典元: pixabay.com

通貨について

クロアチアは通貨としてクロアチア・クーナとリーパを使用しています。幣は1000、500、200、100、50、20、10、5クーナ。硬貨は25、5、2、1クーナ、50、20、10、5、2、1リーパ。しかし、5クーナ紙幣と25クーナ、2リーパ、1リーパ硬貨はあまり出回っていません。

チップについて

クロアチアでは、サービスに満足した場合はチップを渡すのが一般的です。レストランでは料金の10%程度、ホテルではポーターやルームキーパーへは20クローナ程度、タクシーではおつりの小銭をチップとする程度です。

旅のお役立ち情報

クロアチアのコンセント形状はtype-e

クロアチアの電圧とコンセント

クロアチアの電圧は220Vなので、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグはCタイプです。

77

クロアチアのネット環境

クロアチアではホテルやカフェなどでfree Wi-Fiを設置しているところもあります。その際は張り紙で記していることが多いので確認してください。ザグレブ空港では15分間無料のWi-Fiサービスが使えます。

103

クロアチアの飲料水

クロアチアの水道水は飲用として使用しないほうが良いでしょう。ミネラルウォーターの購入をおすすめします。ミネラルウォーターは約4クーナで購入できます。炭酸ガス入りとガスなしがあるので購入の際はよく確認しましょう。

文化・宗教・マナーについて

クロアチアの文化

現在世界共通になっているネクタイをつけるファッションは、実はクロアチアが発祥です。また、クロアチアでは白ワインをソーダ、赤ワインは水で薄めて飲む習慣があります。夏になると各地で演劇祭や音楽祭が行われるので、ご旅行の際に立ち寄ってみるのもよいでしょう。ドブロクニクのサマー・フェステイバルは有名です。

クロアチアの宗教

クロアチアではカトリック、セルビア正教を信仰しています。

クロアチアのマナー

18歳未満の喫煙、飲酒は禁止されています。店内に入った際は軽く挨拶することもマナーです。食事のマナーとして、もういらない場合はお皿に少し残しておくとごちそうさまの合図になります。

クロアチアの食文化

画像の出典元: google.co.jp

クロアチア料理はさまざまな国の食文化から影響を受けています。グルメというと、ブロデット(魚介、スープ)、ブザラ(海鮮シチュー)、ペカ(肉料理)、ブレク(パン)が有名どころです。シュトゥルクリというザグレブ風のラザニアは伝統料理です。デザートにはクレープのようなパラチンケ、クレムシュニテなどがあります。

クロアチアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

クロアチアの主要観光地

アドリア海沿岸にあるドゥブロヴニクの街並みは、ジブリ映画で有名な『魔女の宅急便』のモデルにもなったことから日本人観光客にも大変人気があります。オレンジ色で統一された屋根が特徴的です。更に『紅の豚』の舞台にもなったとも言われています。他にもドブロブニク 城壁、プリトヴィッツェ湖群国立公園、聖ロブロ大聖堂、古都トロギール 、ロブリイェナツ要塞、プリトヴィッツェ湖群国立公園、聖母被昇天大聖堂、聖マルコ教会など、映画の舞台になるような美しい風景が魅力的です。クロアチアには国立公園が多いことも有名です。首都ザグレブはドゥブロヴニクからだいぶ離れていますが、歴史ある古都として立ち寄る価値は充分にあるでしょう。

クロアチアの世界遺産

クロアチアには世界遺産が7か所あります。ドブロヴニク旧市街、プリトヴィッチェ湖群国立公園、スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿、シベニクの聖ヤコブ大聖堂、ポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂の建築群、古都トロギール、そしてスタリー・グラード平原です。ジブリ映画『魔女の宅急便』のモデルにもなったドブロヴニク旧市街は映画の中に入ったような雰囲気を味わえ、歩いているだけで心が躍ります。

クロアチアのお土産について

クロアチアのお土産にはチーズ、ワイン、トリュフ製品、オリーブオイル、いちじく製品、チョコレート、リツィタル(クッキー)などがおすすめです。食料品以外だと、ネクタイ、ハーブ製品、自然派コスメなどはいかがでしょうか。特にネクタイはクロアチアが発祥なので人気です。

クロアチア行き航空券利用者の声

成田空港⇔ザグレブ国際空港 22歳女性

卒業旅行に、以前からあこがれていたジブリ映画の舞台になったクロアチアへ行くことが決定しましたので、さっそく格安航空券を手配しました。学生の身分なので経済的な余裕があるわけでもなく、そこまで豪華な旅行にはできないながらも現地では食事や観光、ショッピングなどに一杯お金を使いたかったので、一番節約できる格安航空券を価格重視で選定しました。成田空港からエミレーツ空港を利用してUAEのドバイ国際空港へ向かい、そこでトランジットしてクロアチアの首都ザグレブにあるザグレブ国際空港へ行く経路です。ドバイ国際空港でのトランジット時間が5時間ほどあったので、どのように過ごそうか悩んでいたのですが、いざ現地についてみると免税店が充実しており、ショッピングをしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。ドバイ国際空港へ来る際も、ドバイ国際空港から出発する際もエミレーツ航空を利用しており、さらにトランジット時間が4時間を超える人に配られる食事無料クーポンも使用しましたので、食事も満喫することができました。クロアチアに到着したらクロアチアを代表するザグレブの旧市街や教会、ジブリ映画でもモチーフにされているカラフルな街並みと美しい海の景色が堪能できるドブロブニク旧市街などを楽しむことができ、とても満足できる卒業旅行でした。

羽田空港⇔ザグレブ国際空港 31歳男性

仕事の関係でクロアチアへの出張が決まり、格安航空券を探していました。個人的にはトランジットが少なく、羽田空港発着のフライトがないか探していたのですが、エミレーツ航空でドバイ国際空港経由のルートを見つけましたのですぐに購入しました。自宅が羽田空港の近くにあり、成田空港発着か羽田空港発着かでおよそ2時間ほど移動時間が変わってきますので、羽田空港発着のフライトを見つけることができて本当に良かったです。羽田空港を離陸する時間は深夜でしたが、家が近いこともありそこまで苦にはなりませんでした。深夜出発ですので、およそ11時間の長いフライトもほとんど寝ることができたのも嬉しいポイントです。なお時差の関係でドバイ国際空港に到着したのは朝の6時頃でしたが、驚いたことにドバイ国際空港内のショップやレストランは閉店せずに24時間オープンしていました。なので、明け方に到着してもお土産屋や免税店を見て回ったり食事をしたりして時間をつぶすことができました。今回のクロアチア滞在はわずか3日間で、その間はほとんど仕事であったため観光を楽しむ余裕がなかったのは残念でした。是非次回クロアチアへ訪れることがあったら、中世の街並みを散策しながら教会や城壁などを巡りたいと思います。

福岡空港⇔ドブロブニク空港 26歳女性

クロアチアのドブロブニクに住む友人を訪ねるために、長期休暇を取ってクロアチア旅行を計画しました。一人で行くので飛行機代はなるべく安く済ませたいのと、あまり海外に慣れていないのでトランジットが少ないルートがいいと思いながら格安航空券を調べていたところ、地元の福岡空港からトランジット一回で行けるフライトがあったので早速予約しました。福岡空港からフィンランド航空でヘルシンキ・ヴァンター国際空港まで向かい、そこでトランジットしてドブロブニク空港まで向かうスケジュールでした。フィンランド航空を利用するのは初めてだったので、体をしっかり休めることができるかや、機内食が口に合うか少し不安だったのですが、結局全く問題なく空の旅を堪能することができました。機内食は日本人の口に合うような味付けだったので、とてもおいしくいただけましたし、足をしっかり延ばすことはできないまでも、比較的広いスペースが確保されていたので熟睡することができました。ドブロブニクでは友人が運転する車で、海洋貿易でかつて栄えていたといわれている街並みを見学したり、日本では中々見ることのできないドブロブニク城壁周辺を散策したり、ロープウェイを使ってのぼることができるスルジ山で絶景を眺めたりと、とても楽しい一週間を過ごすことができました。毎年は無理ですが、またお金が貯まったらクロアチア旅行を楽しみたいと思います。

クロアチア旅行 よくあるFAQ

クロアチアの観光のベストシーズンは?

5月から9月頃が晴れの日が多く快適に過ごせます。

クロアチアを舞台にした作はありますか?渡航前にチェックしたいです。

ジブリの「紅の豚」はクロアチアのドブロニクを舞台にして描かれたと言われています。

トランジットの便に間に合わなかった場合はどうすれば良いでしょうか?

すぐにご利用の航空会社のヘルプデスクに行き、その状況を伝えてください。空席があれば次の便に無償で振り替えてくれる場合があります。

航空券のキャンセルや変更は可能ですか?

航空券の種類や出発までの残り時間によって可能かどうか決まります。また各航空会社によって細かい条件が変わってきますので、事前にお問い合わせください。