1. トップ
  2. 南米
  3. アルゼンチン
  4. コルドバ(アルゼンチン)

コルドバ(アルゼンチン)の概要

コルドバ

画像の出典元: 

人口-
都市コードCOR
人気の航空会社
  • アメリカン航空
  • ゴル航空
飛行時間22~32時間
コルドバ(アルゼンチン)発の航空券情報はこちら

コルドバ(アルゼンチン)までは飛行機でおよそ22~32時間で行くことができます。コルドバ(アルゼンチン)の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてコルドバ(アルゼンチン)旅行を有意義に楽しみましょう。

コルドバ(アルゼンチン)行きの最安値を比較

アルゼンチン国内からのコルドバ(アルゼンチン)行き 最安値を比較

歴史の重みを感じる、世界遺産の宝庫「コルドバ」

アルゼンチンの中央部に位置するコルドバ州の州都コルドバ。そして首都ブエノスアイレスに次ぐ、アルゼンチン第二の都市です。2000年には、市内にある南米最古のコルドバ国立大学と、モンセラ中等学校、ラ・コンパニア教会が世界遺産に登録されています。イエズス会をはじめ、植民地時代に造られた建築物が姿を残すコルドバ。特に市内の世界遺産が集まるマンサナ・ヘスイティカという一角には、ラ・カニャダといわれる石造りの建物があり、住人にとっても観光客にとっても重要なスポットとされています。

コルドバの歴史

1573年、アルゼンチンの植民地化を目的としたスペイン人の手によってコルドバは創設されました。それと同時にイエズス会も布教活動をはじめ、精力的な活動を行います。はじめにコルドバ大学とモンセラ中等学校をつくり、教会や大聖堂、住居を次々と建設していきました。また、イエズス会が運営を行うエスタンシアという大規模農園と、世界遺産にもなった建造物は、コルドバのはじまりとともに人々の生活に馴染んでいき、スペイン、イエズス会が撤退した今もなお、その雰囲気を残しています。

コルドバの経済

コルドバは内陸に位置することから、陸路の基幹都市として経済の重要な役割を担っています。また、コルドバ州内には大手自動車メーカーの工場が置かれており、アルゼンチン国内では自動車が根強い人気を集めいています。このことから、近年自動車部品工場が増え、輸送業の需要も高まり、コルドバの経済を押し上げていくことが見込まれます。

コルドバ行きの格安航空券について

日本からコルドバへの直通便はありません。一般的には北米の各都市を経由してアルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ行き、そこから国内線を利用します。格安航空券を手に入れたい方には、3都市を経由するラン航空のプランがおすすめ。ただし、ルートによっては丸2日以上かかる場合があるので注意が必要です。より短時間でアクセスしたい方には、ダラスを経由するアメリカン航空のプランが良いでしょう。

コルドバの気候

南半球にあるアルゼンチンの北部に位置するコルドバは、日本とは四季が異なります。夏に30度を超えることはほとんどなく、比較的過ごしやすいです。ただ、日差しが強いため観光の際は帽子などで紫外線対策をしましょう。また、一年を通して夜は冷えこむため、上着は必須。特に冬の朝晩は寒くなるため、厚手の上着を準備しておくと便利です。

コルドバの主な交通手段

コルドバの主な交通手段

画像の出典元: 

交通手段として、コレクティーボといわれるバスとトロリーがあります。コレクティーボを利用するには専用のカードが必要です。「レッドバス」という名前のカードで、日本のICカードと同じようにお金をチャージして利用します。市内のいたるところにあるキオスコや、空港、バスターミナルで購入・チャージが可能です。コルドバ市内のみの観光であれば、半日程度で主要観光スポットをまわることができます。

コルドバ行き航空券利用者の声

成田⇔コルドバ 48歳男性

夫婦2人旅での利用です。格安航空券でセレクトした航空会社はエミレーツ航空。南米までの長い道のりを考えて、出来るだけ睡眠時間に合う航空券を考え夜便を希望しての結果です。初めて中東の航空会社を利用しました。エミレーツ航空は評判が良かったので前々から機会があれば乗ってみたかったのです。まず最初ドバイまでの約11時間、大変快適でした。機内食も申し分なく美味しいし、アテンダントはハイテンション。座席は、若干広めなのかな?私は普通のエコノミー席と感じていましたが、妻には充分な広さだったようで、二人とも快適に熟睡出来た空の旅でした。ドバイ空港乗継は、深夜に着いたにも関わらずの賑わいでビックリでした。ロビー内のソファーの配置もゆったりしているし、横になれるベンチもあり、半分寝ボケた体にはとても優しい空港でありがたかったです。ドバイからはリオデジャネイロ経由してブエノスアイレスへ。ブエノスアイレスでアルゼンチンに入国。数日滞在してから、飛行機移動でコルドバでした。コルドバでは、最初シティバスツアーを申し込み2階建てバスでの市内観光でした。これが大変よく、とても効率よく回れたと思います。妻も私も1番気に行ったのはコルドバ大聖堂。夜に再度訪れじっくりと見学しましたが、ライトアップもされていてムードたっぷりでした。あっという間の10日間の旅でしたが、とても満足のいった旅でした。

大阪⇔コルドバ 28歳女性

アルゼンチン観光の為1人旅で利用しました。大阪からは、大韓航空でまず韓国ソウルの仁川国際空港へ。約2時間弱ですので、成田に行くのとそんなに変わりませんでした。そこからアメリカン航空に乗り換え、ダラスを経由してブエノスアイレスに入りました。今回の格安航空券の予約でこだわったポイントは、値段もそうですが、アルゼンチンの到着時間が重要でした。1人旅だということもあり治安のことも考えて、とにかく午前中には到着したかったので、この経路には大変満足しています。ブエノスアイレスに早朝到着することが出来たので、ブエノスアイレスからコルドバに移動してすぐ観光をしました。色々あるコルドバの見どころの中でも、私が1番訪れたかったのは「チェ・ゲバラ記念館」です。コルドバには、チェ・ゲバラが卒業した大学もあり、歴史的に有名な革命家の足取りを肌で感じることが出来る旅で満足のいく滞在でした。カラフルな建物が違和感なく溶け込んでいて、普通に歩いてるだけでも充分楽しめる街でした。帰りは、行きの逆パターン。ブエノスアイレスの観光を終えてからでも乗れる、夜出発のアメリカン航空のダラス行きに。ダラスからソウルを経由して大阪へ。ダラスからソウル行きのアメリカンに乗った時はさすがにホッとしました。

東京⇔コルドバ 25歳男性

1人旅での利用でお世話になりました。成田から、デルタ航空で最初アトランタで乗り継ぎました。この旅1番の長時間フライトで約13時間弱でしたが、日本発便なんで機内アナウンスも、映画も問題なく楽しんで過ごせました。機内食も美味しかったです。アトランタからは、ペルーのリマへ。約7時間弱でした。残念ながらアトランタ発の為、機内アナウンスや映画も英語でしたが、徐々に気持ちが高ぶってきて緊張していたせいもあり、そのおかげで、あっという間にペルー到着。ペルーのリマからコルドバへは深夜便を利用し、コルドバへは早朝着です。格安航空券だったにも関わらず、かなり効率よくコルドバに入れた気がしました。コルドバの滞在は3日間を予定していました。市内の中心でホテルをとり観光して過ごしました。アルゼンチンの第二の都市と聞いていましたが、そんなにゴミゴミした大都会という雰囲気はなかったです。世界遺産にも登録されているイエスズ会の建物の見学は、現地発のツアーに参加しました。コルドバは、石畳が大変美しい町で、南米というよりも、ヨーロッパの雰囲気が色濃く残っている街という印象でした。

コルドバ旅行 よくあるFAQ

機内持ち込みの手荷物の個数制限を教えて下さい。

規定の長さのバックが1点と、手回り品のバックが1点の計2点までが可能という航空会社が多いです。各航空会社によって細かく違っておりますので、各航空会社のホールページで確認されるのがよろしいかと思います。

機内預けの重さ制限を教えて下さい。

航空会社によって多少変わってきますが、だいたいは重さ23キログラムを2つまで預けることができます。詳しくは、ご利用される航空会社のホームページでご確認下さい。

搭乗手続きは出発時間の何時間前までに済ます必要がありますか?

預ける荷物があるかどうかによっても違いますが、多くの航空会社では60分前までには済ませて頂くようアナウンスされています。時間帯によっては、その後の出国審査等が混雑していて搭乗ゲートまで時間がかかる場合もございますので、時間には余裕を持っておでかけ下さい。

パソコンは機内に持ち込めますか?

持ち込めます。使用方法については、乗務員にご確認下さい。