1. トップ
  2. 南米
  3. コロンビア

コロンビア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Colombia

https://www.flickr.com/photos/pedrosz/24201908183/in/photolist-CXRrtD-CYMwft-DcXryK-qbkbd-CB2WeA-qF8dW-CSD782-CrYaDU-DuC8xR-DfD6mZ-qQ12X-cXuav7-DyEe5Q-DjMFUp-Dgengw-6XmLea-DAm8LH-sUFYud-4juoE6-rEnngq-22TQnj-2b6Jm8-mZoCY6-27Ay2x-UdUjJ-4FmJ5j-x2ET6-e66H2s-ntAtdt-4X2Dys-xgJFn-dvgxdw-24uhhm-4k9B1z-dVq36h-dxBaXG-dEU789-5iP26P-21sRng-5ZKe3C-h89GBZ-66YB52-4qNHjp-4W9gBe-Mdq3V-4F8zot-rCCLNX-KZQE9-R2Y1c-dQHigX

画像の出典元: flickr.com

正式名称コロンビア共和国
人口約4,700万人
首都ボゴタ
国コードCO
言語スペイン語
国番号(電話用)57
コロンビア発の航空券情報はこちら

コロンビアまでは飛行機でおよそ18時間で行くことができます。コロンビアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なコロンビア旅行を楽しみましょう。


コロンビア共和国は南アメリカの北西部にあり、ブラジルをはじめ、ペルー、パナマ、ベネズエラ、エクアドルとの国境があります。西は大西洋、北はカリブ海に面しています。

コロンビア行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からコロンビアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からコロンビアへの直行便はありません。ニューヨークやロサンゼルスなど、一度、北米を経由してから向かう方法が一般的となります。乗り継ぎの時間を含め、ボゴタまでは最短でも20時間近くかかります。

日本との時差

日本との時差はマイナス14時間です。サマータイムは実施していません。

コロンビアにおけるビザ・入国手続きについて

日本人が観光目的でコロンビアに入国する場合、滞在期間が90日以上であればビザは不要です。パスポートの残存有効期間はコロンビア入国時に3か月以上かつ、未使用査証欄が3ページ以上あることも入国の条件となります。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があります、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店に確認することをおすすめします。コロンビアへの入国に際しては、機内で配布された税関申告書をパスポートとともに提示します。なお、アメリカを経由して入国する場合、ESTAが必要となるので事前に申請をしておきましょう。

コロンビアの気候について

コロンビアは、基本的には熱帯性の気候ですが、山岳地のため1日の寒暖差が激しいです。防寒着や折りたたみ傘があると便利でしょう。また、10月~5月は雨季となり毎日のようにスコールがあるので注意しましょう。

コロンビアの免税について

出国では観光目的で、かつ、60日以内の滞在ならば空港使用税が免除されるため、各航空会社でのチェックインの前に、「出国税免除証明書」を入手します。それぞれの航空会社の窓口にて、パスポートに税金免除の印を押してもらい、その際にもらう出国税免除の用紙を、チェックイン時に各航空会社に提出します。60日を超える滞在の場合は、約30(US)ドルが必要になります。

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 0,5,16%の三段階
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項  

コロンビアの通貨とチップ

画像の出典元: google.co.jp

通貨について

通貨単位はコロンビア・ペソで、補助通貨単位としてセンターボがありますが、現在こちらはほとんど使用されていません。1,000,2,000,5,000,1万,2万,5万ペソの紙幣と50,100,200,500,1,000ペソのコインが使われています。

チップについて

レストランやバーでは10%の金額をチップとして渡しますが、すでにチップを加算された金額で請求をされることが多いです。含まれていない場合には請求書に「servicio no incluido:サービス代金は含まれていません」と書かれています。5つ星ホテルではベッドメーキングやルームサービス、ポーターへチップを渡します。タクシー利用の際は基本必要ないですが、荷物を運んでもらったり、特別なサービスを受けた場合には1,000~2,000ペソをチップとして渡します。

旅のお役立ち情報

コロンビアのコンセント形状はtype-a

コロンビアの電圧とコンセント

コロンビアの電圧は110~120Vです。プラグも日本と同様のAタイプのため、日本の電化製品はそのまま使えます。

77

コロンビアのネット環境

首都ボゴタなどの主要都市では場所によりますがネット環境はおおむね快適です。しかし、その他の地域では、決して環境が整っているとはいえません。街中にインターネットカフェもありますが、ダイヤルアップのADSLレベルのため通信速度は非常に遅いです。

103

コロンビアの飲料水

首都ボゴタでは塩素処理されているので水道水を飲む事ができますが、ミネラルウォーターの購入をおすすめします。スーパーマーケットなどで1本1,500ペソ程度で購入できます。

文化・宗教・マナーについて

コロンビアの文化

コロンビアはラテンアメリカの交差点に位置しているため、インディヘナやアフリカ系、中東系などのアジア系の文化が合わさって構成された多文化的な国です。また、挨拶の際に握手をするのが一般的で、質問や会話に時間を取り、近い距離で会話をします。これは相手に敬意を示している証なので受け入れましょう。

コロンビアの宗教

カトリック教徒が90%ほどと大半を占めます。ユダヤ教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教は1%以下です。

コロンビアのマナー

コロンビアには騎士道的精神が存在します。男性はレディファーストを心がけ、年配者には席を譲ったりしましょう。また、現地の人たちは控えめな服装をしているので、ビーチ以外では、女性は短パンやミニスカートは禁止、男性は長ズボンを履くようにしてください。

コロンビアの食文化

画像の出典元: ameblo.jp

コロンビアはトウモロコシ文化圏ですが、ジャガイモなどの穀物も多く食べられています。中でもキャッサバは古くから親しまれている食材です。もちもちとした独特の触感があります。日本ではタピオカの材料として有名。このキャッサバをパンにしたり、バターや刻みベーコンと炒めた、「フォロファ」を肉の付け合わせとして食べます。フルーツやコーヒー、チョコレートも多く生産されていて広く親しまれています。

コロンビアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: globalen.bg

コロンビアの主要観光地

コロンビアの主要観光地はモンセラーテの丘、ボリーバル広場、カテドラル、黄金博物館、サン・フランシスコ教会などがあります。クラシカルな建物も多く、南米の中の観光施設では観光しやすく整備されています。

コロンビアの世界遺産

コロンビアの文化遺産はカルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群やサンタ・クルス・デ・モンポスの歴史地区、ティエラデントロの国立遺跡公園、サン・アグスティン遺跡公園、コロンビアのコーヒー産地の文化的景観、自然遺産としては、マルペロ動植物保護区、ほかに、ロス・カティオス国立公園などがあります。

コロンビアのお土産について

コロンビアでは皮製品や木製品、布袋などの民族品がお店で並んでいます。お菓子ではコーヒーキャラメルが人気です。バラ栽培に適した地であり、バラの生産にも力を入れています。また、世界No1のエメラルドの産地であり、こちらは柔らかで美しい色合いが特徴です。

コロンビア行き航空券利用者の声

成田⇔ボゴタ 40代女性

夫婦でかねてから行きたいと思っていたコロンビアへ旅行に行きました。コロンビアは治安が回復し、最近は人気の観光地になっているそうです。ボゴダ、シパキラ岩窟教会、カルタヘナ、ロサリオ島などを回り、たいへん充実した旅となりました。成田からはアメリカン航空を利用しボゴタへ。途中、ダラスとマイアミで乗り継ぎました。ダラスでは待ち時間が13時間もあったので、ダラスの街を観光しました。ボゴダまで32時間という長い旅でした。コロンビアの首都ボゴダは標高2600mのところに位置します。黄金博物館では黄金文明として栄えたプレ・コロンビア文化に関する展示がありました。シパキラ岩窟教会はボゴタ郊外にある、岩塩鉱山の採掘場跡を教会にしたユニークな教会です。塩の洞窟を聖書のシーンに見立て、配置されたモニュメントとライトアップが幻想的でした。ボゴタから80km北東にある山の山頂にあるエル・ドラードは「黄金郷」とも言われる伝説の湖です。神秘的な光景が印象的でした。このようにコロンビアにはたくさんの見所がありました。もちろん、お土産にはコロンビアコーヒーを買いました。

成田⇔ボゴタ 50代男性

休みが取れたので以前から行きたいと思っていたコロンビアへ行きました。成田からはアメリカン航空を利用。途中、ダラスとマイアミで乗り継ぎボゴタまでまる一日かかりました。ボゴタは見どころの多い街でした。黄金博物館やエメラルド博物館も面白かったです。また郊外のシパキラ岩窟教会、エル・ドラード、グアダビータ湖、モンセラートの丘、ビジャデレイバなどもたいへん興味深く思いました。その後、国内線でカルタヘナへ移動。ここはコロンビア随一の人気観光スポットで「コロンビアの真珠」とも呼ばれている町です。この情緒あふれる街並みは世界遺産にも登録されているほどです。城壁に囲まれた旧市街には古い建物を改装したカフェがあり、落ち着いた雰囲気を見せていました。またロサリオ諸島はカリブ海に浮かぶリゾート地で、青い海に囲まれた中でゆったりとした時間を過ごすことができました。帰路もアメリカン航空でアメリカの都市を回って戻りました。大変、充実した旅でした。

成田⇔ボゴタ 30代女性

友人と女子旅で南米のコロンビアを訪れました。コロンビアは観光地としてはあまり知られていませんが、とても見どころが多い国です。とても楽しい旅となりました。ただとても遠く、往復は大変でした。アメリカン航空を利用し、成田~ダラス~マイアミ~ボゴダと行きましたが、合計30時間以上もかかってしまいました。ボゴタは美しいところで博物館も多く、またおいしいレストランもたくさんありました。ボゴタからはコロンビアコーヒーの産地、アルメニャへ行きました。ここにはいくつか農園があり見学をすることができました。また、世界遺産に登録されているココラ谷も訪れました。ここは高さが60mにもなる椰子が育ち、緑と霧に包まれた幻想的な谷でした。そしてカラフルな家の町並みがかわいいフィンランディア村も素敵でした。その後は、国内線でカタルヘナへ行きました。ここはコロンビアではとても人気があるリゾート地で、色鮮やかな街並みがとても魅力的でした。城壁に囲まれた旧市街を散策したりボカグラン地区の高級リゾートホテルに宿泊して楽しんだりしました。ここはカリブ海クルーズの寄港地にもなっているそうで、明るい雰囲気がしました。ロサリオ諸島はカリブ海らしい素晴らしい場所でした。青い海が素晴らしく、シュノーケリングなどをして楽しみました。コロンビアにはこんな素晴らしいリゾート地があるとは知らなかったので、新しい発見となりました。

コロンビア旅行 よくあるFAQ

アメリカン航空の受託手荷物の許容量を教えてください。

日本発着の太平洋横断路線では2個まで無料となっています。3個目からは1個につき200米ドルが課金されます。1個につき重量は23kgまで、大きさは3辺の合計が158センチ以内です。ファースト/ビジネスクラスは32kgまで無料で預けることができます。

コロンビアのベストシーズンは?

10、11、4~6月は雨期なのでそれ以外の時期が比較的過ごしやすいでしょう。

コロンビアでは英語は通じますか?

公用語がスペイン語のため、英語はあまり通じません。

アメリカン航空で機内に持ち込める手荷物のサイズと個数を教えてください。

アメリカン航空では3辺が56 x 36 x 23センチを超えない手荷物1個と、外寸45x35x20cmセンチを超えない身の回り品1個をお持ち込みいただけます。