1. トップ
  2. アジア
  3. コモロ

コモロ旅行へ行く前に確認するポイント

Union des Comoros

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%8B-%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%AD-%E3%83%80%E3%82%A6%E8%88%B9%E3%81%AE%E6%B8%AF%E3%82%84%E6%97%A7%E9%87%91%E6%9B%9C%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-gm184187584-27672913?st=872ec04

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称コモロ連合
人口約67万人
首都モロニ
国コードKM
言語フランス語・アラビア語(公用語)、コモロ語(スワヒリ語に近い)
国番号(電話用)269
コモロ発の航空券情報はこちら

コモロまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。コモロの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なコモロ旅行を楽しみましょう。


コモロはインド洋にある国で、グランドコモロ島(ンジャンジャ島)、アンジュアン島(ンズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)の3つから成り立っています。海を隔てて西側にはモザンビーク、南東にはマダガスカルがあります。

日本からコモロへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からコモロまでの直行便は就航していません。マダガスカル・アンタナナリボまたはレユニオン、ナイロビを経由していく必要があります。2カ国乗り継ぎ、所要時間は約22時間です。

日本との時差

日本とコモロの時差は6時間です。サマータイムはありません。

コモロにおけるビザ・入国手続きについて

入国に関してはビザが必要となりますが、日本にはコモロの在外公館が設けられていない為、到着地の空港で取得することができます。なお、滞在目的や滞在期間によって徴収される手数料は異なります。 入国審査ではパスポートと入国カードを提示しましょう。だたし、黄熱の汚染地域への渡航歴があると、イエローカードと呼ばれる黄熱予防接種証明書の提示が求められる場合があるので要注意。また、ビザやパスポート情報などは予告なく変更されることがあります。大使館や領事館、旅行会社などで事前に確認することをオススメします。

コモロの気候について

コモロの気候は熱帯湿潤気候に属し雨季と乾季に分けられます。雨季は12~4月、乾季は5月~11月。雨季の3月が最も暑く雨が多い月にあたり、平均最高気温は30度以上。湿気が多く蒸し暑いでしょう。乾季は涼しく、特に8月は平均最低気温が18度と過ごしやすい陽気。雨も少なく観光シーズンです。

コモロの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 15%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

コモロの通貨とチップ

画像の出典元: flagpedia.asia

通貨について

コモロでの通貨はコモロ・フランが使われています。500,1000,2000,5000,10000フランの紙幣25,50,100フランの硬貨が流通してます。

チップについて

コモロではチップの文化はありません。しかしいいサービスを受けた際には渡してもよいでしょう。

旅のお役立ち情報

コモロのコンセント形状はtype-e

コモロの電圧とコンセント

コモロの電圧は220Vです。日本の製品を使う場合は変圧器が必要です。プラグはC/Eタイプとなります。日本のコンセントと異なるため変換プラグが必要です。

77

コモロのネット環境

ホテルにて無料Wi-Fiが利用できます。

103

コモロの飲料水

コモロの水道水は飲めると言われていますが、ミネラルウォーターの購入をお勧めします。

文化・宗教・マナーについて

コモロの文化

コモロは世界で一番シーラカンスの生息が多い国です。アンジュアン島で1954年12月20日にシーラカンスを捕獲した事にちなんで、12月20日をシーラカンスの日としています。 コモロの主な産業は漁業や農業です。また、イランイランやバニラなどの香辛料や香水の原料を輸出しています。 イランイランは世界で最も有名な香水の1つ<シャネルN°5>に使われます。1921年、ココ・シャネルが「女性の香り」を備えた花を求めてたどりつきました。この香水に使われる原料のうちの10%がイランイラン。しかし、イランイランの栽培農園はここ数十年開発が進んでおらず、花の摘み手が減り、さらには森林伐採も進んでいるため「栽培の危機」と言われています。今回の危機に対して、シャネルはコモロの公正な賃金確保と労働環境向上に取り組んでいます。

コモロの宗教

1886年以来フランス領でしたが、1975年に独立したコモロ。現在は多くの人がイスラム教を信仰していますが、マヨット島に限り、キリスト教を信仰する人が多くなっています。

コモロのマナー

コモロの車は左ハンドル、道路は右側通行です。国内にバスや電車といった公共交通機関はありません。そのため移動方法は近距離移動用の場合は乗り合いのタクシーが主流です。長距離を移動する場合は小型トラックに乗ります。この場合も乗り合いです。

コモロの食文化

画像の出典元: ja.wikipedia.org

コモロの主食は米、プランテーンといわれる調理用バナナ、パンの実、キャッサバなどです。それらに合わせるおかずとしては、魚の素揚や手羽先の炭火焼、ココナッツミルクとスパイスで味付けした煮込み料理が一般的となります。また、サンブーサというアラブやインドの影響をうけた揚げ巻きのようなものがポピュラーです。 コモロの首都モロニには大きなマーケットがあり、新鮮な魚が多数販売されています。魚介類の中でも人気があるのはタコ。年間を通じてフルーツが安価に手に入り、種類も豊富です。しかし南アフリカから輸入しているりんご・ぶどう・メロン・スイカなどは輸入品とだけあって価格は高価です。

コモロの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: opencage.info

コモロの主要観光地

コモロの主要観光地は、大きなシーラカンスのはく製が飾ってある<モロニ国立博物館>、オールドフライデーモスクともいわれる白亜の美しい<グランドモスク>、火口を臨むことができる<カルタラ火山>ノスタルジックな雰囲気が人気のある<フライデーモスク>などがあります。コモロ自体が観光業に力を入れていないため、のんびりゆっくり観光することが可能です。

コモロの世界遺産

コモロには現在登録されている世界遺産はありません。

コモロのお土産について

コモロでは香水の元になるイランイランの精油の原産国です。花を水蒸気蒸留法で抽出させ精油を取り出します。香りはジャスミンアブソリュートとアーモンド油を混ぜ合わせた香り。そのほかバニラの木も自生しており、バニラエキスの産地でもあります。コモロの工場で作られた香水はマーケットで安価で販売されており、お土産としても人気があります。

コモロ行き航空券利用者の声

成田⇔コモロ 45歳男性

今回、仕事の関係でコモロまで行きました。航空券をネットで探しましたがもちろん日本からの直行便はなく、数回の乗り換えをしてコモロの首都モロニへ向うことに。使用したのはシンガポール航空とエチオピア航空で、それぞれ乗り換えをシンガポールとアディスアベバでしました。アディスアベバの空港では25時間以上の待機となりましたが、仕事をしながら待機したので案外早く感じました。それぞれチェックインから搭乗までは、初めての国だったため不安でしたが空港職員さんの丁寧な対応のお陰でスムーズにできました。席もエコノミーでしたがそれほど窮屈ではなく快適に過ごせたと思います。到着後は、タクシーに乗りましたがこの国は乗り合いタクシーが主のようで数人の方と同じになりました。クライアントとの予定まで少し時間があったのでモスクの見学。日本では見られない雰囲気でいい経験になりました。その後クライアントと待ち合わせて仕事をし、数日間滞在した後、日本へ帰国。帰りは全てエチオピア空港を利用しましたが、来た時にも利用していたためそれ程不安なく搭乗手続きもできスムーズに帰国できました。

成田⇔コモロ 30歳女性

私は香水の「CHANEL N°5」がお気に入り。長期休暇が取れたので、思い切って「CHANEL N°5」に使われているイランイランの精油原産国、コロモへ行ってきました。目的はそのイランイランだけでなく、他の精油等もみて安く香水を買うことでしたが、とにかく楽しみで仕方なかったです。成田からエチオピア航空を利用してシンガポールまで行き、その後はエチオピア航空でアディスアベバを経由し、コモロの首都であるモロニまで行きました。成田空港ではWEBチェックインができたので搭乗手続きは本当にスムーズ。空港に行く時間がギリギリだったのであれは本当に助かります。近づくに連れ高まる期待で、長かったアディスアベバのトランジットは苦にせず過ごせました。エコノミーシートも身長の低い私にとってはあまり問題なく、むしろ快適に乗れたと思います。到着してからは調べていた乗り合いタクシーを使ってマーケットへ行き、沢山の香水をゲット。どれも本当にいい香りで、ココ・シャネルがこの香りを見つけた時の様子が目に浮かぶようでした。その後は周囲の町も少し歩いて散策して充実した旅に。目的を果たせて幸せでした。

大阪⇔コモロ 24歳男性

私は大学で水産学を専攻しています。世界最古の魚・シーラカンスを研究していることもあり、シーラカンス生息地として有名なコモロに行ってきました。まだ学生なのでそこまでお金もなく、格安航空券をネットで検索し一番安い日でとって行くことに。航空券の予約からチェックインまでWEBでできるのは簡単ですね。当日は預け荷物を持たずに行ったので直ぐに荷物検査場へ。すんなりと搭乗まで行けました。行きはタイ国際航空を利用してバンコクまで。そしてバンコクでエチオピア航空に乗り換え、アディスアベバを経てモロニへ向かいました。到着後は日本とは全く異なる街の雰囲気に期待は高まるばかり。乗り合いタクシーで大きなシーラカンスの剥製のあるモロニ国立博物館へ。気付いたら博物館の人と話し込み数時間滞在していました。実際にシーラカンスが揚がる国ならではの情報はとっても貴重で、帰国後の研究にもさらに熱が入りました。ホテルでの滞在も快適。ネットも繋げられたのでその間に教授への報告も。帰りはエチオピア航空とキャセイパシフィック航空を利用しました。丁寧なCAさんの対応のおかげで気持ちよく日本に帰ることができました。

コモロ旅行 よくあるFAQ

コモロ市内の主な移動手段はなんですか?

乗り合いタクシー、または小型トラックでの移動手段があります。

コモロに行く際は他にどこの国と一緒に旅行するのが一般的ですか?

マダガスカルから航空便が出ているため、マダガスカルからコモロに訪れる人もいます。

コモロでは英語は通じますか?

ホテルなどで英語が通じる場所があるだけで、主にアラビア語、フランス語が使われています。

コモロは雨期がありますか?

11月から4月が雨季といわれています。