1. トップ
  2. アフリカ
  3. カーボベルデ

カーボベルデ旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Cabo Verde

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F-praia-%E8%A1%97%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E5%B2%AC-gm507453824-84737423?st=015a477

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称カーボベルデ共和国
人口約50万人
首都プライア
国コードCV
言語ポルトガル語、カーボベルデ・クレオール語
国番号(電話用)238
カーボベルデ発の航空券情報はこちら

カーボベルデまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。カーボベルデの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なカーボベルデ旅行を楽しみましょう。


カーボベルデは、大西洋沖に位置するバルラヴェント諸島およびソタヴェント諸島で構成される島国です。アフリカ大陸の近隣国家としては北アフリカのモーリタニアやセネガル、ガンビア、ギニアビサウなどがあり、セネガルのちょうど真西に位置しています。

日本からカーボベルデへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はありません。経路はいくつかありますが、モロッコのカサブランカを経由するルートが一般的です。首都プライアのフランシスコ・メンデス国際空港までは最低でも2回の乗り継ぎが必要で、フライト時間は25時間ほどとなります。

日本との時差

日本との時差は-10時間です。サマータイムはありません。

カーボベルデにおけるビザ・入国手続きについて

日本国籍の方は、目的に関わらずビザの発給が必要です。6ヶ月以上のパスポート有効期間が取得の条件になります。短期滞在の場合には空港での取得も可能ですが、前もって取得しておいた方が安心でしょう。また、黄熱病感染のリスクがある国を経由しての入国になると、黄熱予防接種証明書の提示を求められるので注意しましょう。入国審査ではパスポートと入国カードを提示します。入国カードは機内で配布されるので、ミスや漏れのないように記入して下さい。なお、ビザやパスポートに関する情報は事前の連絡なく変わることがあるので、大使館や領事館、旅行会社などで事前に確認することをオススメします。

カーボベルデの気候について

降水量は年間を通してとても少ないです。加えて11月から3月にはハルマッタンと呼ばれる砂塵を含んだ風が吹き、乾燥に拍車をかける要因になっています。年間平均気温は約26℃、夏季の平均気温は約28℃で冬季の平均気温は約24℃です。極端な寒暖の差はなく、砂埃にさえ注意していれば過ごしやすいでしょう。

カーボベルデの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 15%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

カーボベルデの通貨とチップ

画像の出典元: en.wikipedia.org

通貨について

通貨はカーボベルデ・エスクードです。補助通貨はセンターボですが、現在センターボの通貨および紙幣は発行されていません。硬貨は1、5、10、20、50、100エスクードが、紙幣は100、200、500、1000、2000、2500、5000エスクードが使われています。

チップについて

基本的には不要です。サービスが良かった場合は気持ちでチップを渡すこともあるようです。

旅のお役立ち情報

カーボベルデのコンセント形状はtype-e

カーボベルデの電圧とコンセント

カーボベルデの電圧は220Vのため、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。コンセントタイプはC型、SE型の2つがあります。

77

カーボベルデのネット環境

携帯電話やインターネットは使用できます。ホテルなどでは、Wi-Fi環境が整ったところもあります。

103

カーボベルデの飲料水

都市部では水道水の整備が行われているものの、飲用には適していません。ミネラルウォーターの購入をおすすめします。氷も水道水から作られている可能性があるので、注意が必要です。

文化・宗教・マナーについて

カーボベルデの文化

もともとはポルトガルの植民地だったこともあり、アフリカの文化とポルトガル文化が混ざりあっています。スポーツはサッカーが盛んで、2015年にはポルトガルとの親善試合に勝利したことがニュースにもなりました。音楽も広く親しまれており、ポルトガルやアフリカ、ブラジルから影響を受けています。米国グラミー賞を受賞したカーボベルデ出身の歌手もいます。

カーボベルデの宗教

人口の93%以上がカトリックです。残りは小規模の宗教で、無神論者はほとんどいないようです。宗教間の対立や差別などはないようです。

カーボベルデのマナー

運転マナーが良くないため、カーボベルデでの運転は避けた方が良いでしょう。

カーボベルデの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

大西洋の島国ならではの魚介類を活かした料理が多いです。とくにカシューパと呼ばれる豆やトウモロコシ、野菜などをバターでソテーする料理が広く親しまれています。必ず入れなければいけないというような具材はなく、お店やお家によってそれぞれの味があるようです。また、ジャガイモや米、バナナやパパイヤなど、カーボベルデで入手しやすい食材がよく料理に使われています。

カーボベルデの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

カーボベルデの主要観光地

首都プライアがあるサン・ティアゴ島には、カーボベルデ唯一の世界遺産シダーデ・ヴェーリャがあります。首都プライアの西15㎞ほどのところにある都市で、500年以上の歴史がある教会や城塞跡などの遺跡、旧跡があります。プライアのあるサンティアゴ島北部の町タラファルは、美しいビーチを有することで知られています。カーボベルデのもう1つの主要観光地サル島は、その名前の由来にもなっている数多くの塩田で有名です。主にリゾートの島として賑わっていて、塩泥の全身パックなどが人気です。カーボベルデ随一のビーチを有するサンタマリアは、主にヨーロッパからの観光客が多く訪れる町です。

カーボベルデの世界遺産

カーボベルデ唯一の世界遺産はシダーデ・ヴェリヤです。この町は中世の奴隷貿易の要所になっていて、当時は植民地だったこの町でポルトガルの人々の生活の拠点となっていました。その当時に建てられた教会や海賊からの襲撃に備えた城塞跡、16世紀に造られた大理石の柱が残るピロリー広場があります。文化遺産や自然遺産はありませんが、サル島には塩田およびその工場や火山群島であることを活かしたトレッキングなど楽しむことができます。

カーボベルデのお土産について

アフリカの特産品であるコーヒーや香辛料、伝統的な手法で作られた衣服や工芸品がよく選ばれています。またサル島で多く取れる塩をつかった特産品も人気があります。

カーボベルデ行き航空券利用者の声

関西⇔プライア 40代 女性

早い目に退職して悠々自適な父との楽しみは年に一度の海外旅行。父が用意してのはセネガルとカーボベルデというプランでした。なぜセネガル?なぜカーボベルデ?と思ったのですが、レースが好きな父のこと、パリ・ダカールで有名なダカールを見たかったのでしょう。カーボベルデについては判らなかったので聞いてみたら、偶々読んだ雑誌で特集されていたので気になったらしいです。セネガルのダカールまでは関空から出発するKLMで行けることが分かったので、航空券を押さえました。2回乗り換えるので流石に格安航空券でもいい金額になりました。10:20の関空発スキポール空港行きに乗って先ずはオランダへ。その後はパリのシャルル・ド・ゴール空港に移動です。そして最後にダカールに移動という長時間のフライトです。途中アムステルダムで空港近くのホテルに一泊しましたが、残りは空港か飛行機というハードな日程でした。ダカールは想像していたよりも大都会でした。セネガルで4泊したあとはカーボベルデへ。TACVカーボベルデ航空で2時間ほどと、比較的楽なフライト。サン・ティアゴ島のプライア空港ではビザを受け取って事前に手配していたホテルに移動。2日間はサン・ティアゴ島の見学に費やしました。その後はサン・ヴィンセンテ島に移動。港のあるミンデロという街がとても綺麗で可愛らしく、私はここが一番気に入りました。港なので世界中の船が集まっていました。クルーズ船もありましたし、日本の漁船もありました。マグロか何かなのでしょうか?最後はフォゴ島のサン・フェリペを散策して過ごしました。セネガルとカーボベルデで15日間の旅行でしたが、どの国も、どの島も驚くことが多く、楽しい旅行となりました。父も年齢を心配しましたが、軽快に動き回っていて、本当に良かったです。来年も親孝行ができることを願っています。

成田⇔フォゴ島 40代 男性

先日、カーボヴェルデのフォゴ島まで行ってきました。半分自営業の仕事関係、半分は個人的趣味です。日本から行くとかなりの時間がかかるので覚悟していましたが、確かに大変な旅でした。日本からカーボヴェルデに行く手段は色々ありますが、今回は格安航空券でポルトガルに一旦飛ぶことにしました。仕事で交渉するのに必要な語学力が私にはないので、ポルトガルに住んでいる友人を頼ることにしました。飛行機はエミレーツです。成田出発のエミレーツ機は22時の夜便ですので、仕事を済ませてから車で空港まで移動。8時前には到着したので簡単に夕食を済ませて、出発まで待機です。時間になって乗り込んだ飛行機は結構な混み具合で、国籍もバラバラの様に感じました。フライトはほぼ定刻でした。アラブ首長国連邦のドバイまでは11時間少し。殆ど寝て過ごしました。ドバイの空港に到着したのは現地時間で4時過ぎ。ぐっすり寝たので起きたら朝方という感じでした。ドバイでの乗り継ぎ時間は3時間なので、初めての空港でうろうろしていたらすぐに時間になりました。次はリスボンまでのフライトで、これが8時間。ほぼ一日移動に使ったような感じです。リスボンでは友が迎えに来てくれていたので、彼の家で1泊です。翌日夜にポルトガル国営航空でプライアまで移動です。飛行機は夜10時前のフライト。少し遅れましたが4時間少しでプライアに到着です。この時間を潰して7時過ぎの便でフォゴ島に移動です。フォゴ島まではビンターカナリアスで30分です。火山であるフォゴ島はトレッキングで有名ですが、私の目的は外輪山の反対側にある珈琲ファームです。こんな場所で?って思うところで珈琲が作られていました。伺ったら100軒程の珈琲農家が居るとか。日本ではかなり珍重されているカーボヴェルデの珈琲、かなり面白かったところです。帰りはポルトガルで買付けをおこなって輸送手続きに時間を取られながらも、良い結果となりました。日本に帰るエミレーツではまたもや爆睡してしまったので、サービスを堪能できなかったのが残念でした。

パリ⇔プライア 30代 男性

カーボヴェルデに興味を持ったのは恐らく子どもの時に遊んだ、大航海時代をモチーフとしたパソコンゲームに登場した時だったと思います。一度行ってみたいと考えていましたが、日本からでは日数的にサラリーマンの身ではなかなか行き難い場所にあるので諦めていました。ところが昨年フランスに異動となり、積年の夢を適える事が出来ました。シャルル・ド・ゴール空港からカーボヴェルデのプライア空港までは、飛行機で8時間ほど。格安航空券を探した結果は航空会社はロイヤルエアモロッコです。私自身は初めて使うキャリアです。乗継はカサブランカで、ここで5時間弱の待ち時間です。シャルル・ド・ゴール空港出発は17:50ですので、少し早めに空港に到着して空港の匂いを楽しみます。行き先はムハンマド五世空港。あまり遅れることもなく搭乗開始。飛行機に乗り込んだら直ぐにフライトです。エコノミーでもゆったりとした足元スペースがあるのは"ロイヤル"だからでしょうか。少し遅れてカサブランカに着いたのは20:30でした。初めての街で外に出るのは怖いので空港で時間潰しです。0:40のフライトは遅れて1:20に搭乗開始。搭乗したもののなかなか出発せず、ついウトウトしたら何時の間にか飛んでいました。プライアに到着は3:40でした。眠い目をこすりながら荷物を受け取り暁方まで空港で待機して市内に出かけます。山と海岸までが短く、その間に居住区がひしめき合っているのが印象的でした。あとは世界遺産にも登録されているシダーデ・ヴェーリャの歴史地区などを見学しました。コロンブスやらヴァスコ・ダ・ガマが寄港したこの街で、大航海時代に思いを馳せる時間は格別なものでした。帰りは同じルートでパリへ。時間はタイトでしたが楽しい旅行になりました。

カーボベルデ旅行 よくあるFAQ

カーボベルデへはどこから便が出ていますか?

リスボン、パリから定期便が運行しています。

カーボベルデでは英語は通じますか?

ポルトガル語のほうが通じますが、地方ではクレオール語が主流の場合もあるため、両方の挨拶を覚えて訪れることをお勧めします。

カーボベルデに訪れるのベストシーズンはありますか?

基本的には年中乾燥していますが、特に11月から3月は砂塵に見舞われるため注意してください。

カーボ・ヴェルデで人気のスポーツは?

サッカーが社会的な娯楽の一つです。