1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ハンガリー
  4. ブダペスト

ブダペスト行き国際線格安航空券を比較・検索

ブダペストの概要

ブダペスト

画像の出典元: 

人口約173.2万人
都市コードBUD
人気の航空会社
  • 全日空
  • ターキッシュ エアラインズ
  • カタール航空
飛行時間12~15時間

ブダペスト発の航空券情報はこちら

ブダペストまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。ブダペストの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてブダペスト旅行を有意義に楽しみましょう。

ブダペスト行き航空券の最安値を比較

中欧を湧かす湯の都「ブダペスト」

ドナウ川が南北に貫通する内陸国ハンガリー。その首都ブダペストは、ドナウを挟んで向かい合う「ブダ」と「ペスト」の2つの地域から成っています。ローマ時代から温泉地として栄えたマジャール人の都では、今も118の源泉から日量1500万ガロンもの温水が湧き出ています。中でも、16世紀に建設された、トルコ風の外観や浴室が残るキラーイ温泉は一見の価値ありです。そして、観光地としても人気を集める世界遺産「アンドラーシ通り」。そこからの景色は「ドナウの真珠」とさえ称えられるほど。朝日から日没、そして夜景まで、いつ散策してもブダペストを訪れる人々に感動を与えてくれます。

ブダペストの歴史

ドナウ河畔にあり温泉が湧出することから、古代ローマ時代に浴場を備えた兵営が建設されました。1361年、ブダの丘にハンガリー王国の王宮が置かれ、国府としての歴史がスタートしました。16世紀にオスマン帝国に征服されましたが、18世紀からはオーストリア皇帝が国王を兼ねる二重君主制が布かれました。ちなみに、「ブダペスト」の都市名は1873年に王都「ブダ」がドナウ川対岸の「ペスト」の街を併合して誕生したものです。

ブダペストの経済

ハンガリー・ブダペストは、中欧では中心的な大都市で、金融業や取引業が盛んです。また、日本ではあまり知られていませんが、ハンガリーで生産されるトカイワインは世界三大貴腐ワインに数えられる高級白ワインです。もちろん観光業にも力点が置かれており、交通インフラやホテル、飲食業なども発達しています。特に、ブダペストには温泉が湧くので、療養スパリゾートとしても人気を高めています。

ブダペスト行きの格安航空券について

現在、日本からブダペストのリスト・フェレンツ国際空港への直行便はありません。ただ、夏の繁忙期にはアエロスヴィート・ウクライナ航空やマレブ・ハンガリー航空によって特別便が直通運航されることもあります。格安プランとしては、モスクワ経由でアエロフロートロシア航空を利用するか、ポーランド航空でワルシャワから乗り継ぐのがおすすめです。また、関西国際空港からは、イスタンブール経由のトルコ航空の航空券がお得です。

ブダペストの気候

ドナウ川沿いの内陸に位置するここブダペストは、冬の寒さが厳しくなりがちです。そのぶん夏は温暖で、湿度も低く過ごしやすい気候。ただ、真夏でも朝晩は肌寒いことが多いので、1枚羽織りものを持って行くのが無難です。ハンガリー自体、年間を通じて降水量が少ないのが特徴で、ヨーロッパ中北部としては比較的季節を選ばず旅行できる地域といえます。

ブダペストの主な交通手段

ブダペストの主な交通手段

画像の出典元: pixabay.com

ブダペスト市内の移動は、トラムか地下鉄を利用するのが一般的です。特にトラム路線は世界一の乗降客数を誇り、路面電車としては驚くほど長い車両編成で運行しています。48時間と72時間のものがあるブダペストカードを買えば、乗り降りの手間も省けます。歴史の長い首都としては道幅が大きく町中も広々としているので、歩ける分には散歩も重要な移動方法といえるでしょう。

ブダペスト行き航空券利用者の声

羽田⇔ブダペスト 30歳女性

去年の夏に友人との旅行でブダペストへ行ってきました。ブダペストは夜景がとてもきれいと聞いていて、ぜひ一度行ってみたいという思いがあり、5日間の有休をとって行ってきました。実際に行ってみるとライトアップされたブダ宮殿やくさり橋は本当に美しく、今まで見てきた数々のヨーロッパの夜景の中でも一番でした。オレンジ色の照明で町全体が照らされ、本当に現像的な空間となります。
今回は弾丸旅行だったのでなるべく旅費をおさえたく、ドバイ国際空港で乗り継ぐエミレーツ航空の格安航空券を購入しました。エミレーツ航空の利用は初めてでしたが、中東女性の上品さ溢れる接客でとても快適でした。また、利用者のほとんどがヨーロッパ系か中東系の人たちだったので、飛行機の中から旅行気分を味わうことができました。
ただ、ドバイ国際空港はとても広く迷いやすいのが難点。エミレーツ航空のフライトがとにかく多いので、間違って他のフライトの搭乗口に行ってしまわないように要注意です。空港自体はショッピングエリアも多いので、長めの乗り継ぎ時間であっても退屈しないと思います。

福岡⇔ブダペスト 36歳女性

たまたま東京に行きたいとも考えていた時に、福岡出発で成田に帰って来られるフライトがあったので購入しました。行きも帰りもヘルシンキでの乗り継ぎがある、フィンランド航空の航空券です。フィンランド航空の利用は今回が初めてでしたが、ぜひ今後も利用したいと思うほど良かったです。今までヨーロッパ系の航空会社の接客は割とスピード重視の雑なものが多い印象ででしたが、フィンランド航空の客室乗務員さんたちはみんな丁寧で、なおかつ笑顔で接客をしてくれました。おかげで行きも帰りもとても気持ちよく利用することができました。また、アメニティも北欧らしいデザインで可愛らしかったです。
ブタペストは以前にも訪れたことがありましたが、その時の印象が非常に良かったので再訪しました。ブダペストにはトラムが走っていますが、街自体がそこまで多くないので徒歩で観光することができます。小道に突如教会が現れたりなど、散歩をしていても飽きることのない素敵な町でおすすめです。

成田⇔ブダペスト 57歳女性

主人が退職をして暇な時間が多くなったので、一念発起でヨーロッパを旅してみることに。私たちは海外旅行初心者なので、今回は添乗員付きのパッケージツアーというものを利用しました。航空会社は、金額が安いということトルコ航空を勧められ、言われるがままにそちらを購入しました。外資航空会社はあまり利用したことがないので良し悪しがよくわからないのですが、トルコ航空は少し時間に対してルーズだという印象を受けました。成田出発時に時間通りに搭乗を開始して出発するかと思いきや、機内にて30分ほど待たされました。
何の準備に時間がかかっていたのかわかりませんが、アナウンスがなかったためとても不安な気持ちになりました。せめて何かしらの案内が欲しかったです。それ以外は特に問題なく利用することができました。
ブダペストでは、ブダ宮殿やセーチェーニ温泉、英雄広場など色々なところを観光しました。人も温厚で東京のような忙しい雰囲気は全くなく、とてもリラックスをすることができました。

ブダペスト旅行 よくあるFAQ

機内エンターテインメントは、何語に対応していますか?

航空会社や機内エンターテインメントの内容に寄ります。ほとんどのプログラムは英語で楽しむことができ、他はどこの国の航空会社か、というところが大きく影響しています。
もちろん外資航空会社の場合は、日本語で楽しめるプログラムの数は制限されます。

搭乗券を紛失してしまった場合はどうしたらいいですか?

航空会社の係員にいって再発行をしてもらいましょう。しかし、原則搭乗券の発行は安全面の問題から1人1枚となっています。なくさないよう大事に保管しておきましょう。

フライト中に気を付けることは何ですか?

フライトの間、ずっと足を動かさずにいると血流が悪くなりエコノミー症候群になることがあります。定期的に足を上下に動かしたり、通路を軽く歩いたりなどして、血流をよくなるようにしましょう。
女性であれば、着圧ソックスを持って行くのも一つの方法です。

事前に特別食をオーダーしていましたが、機内にて食事を変更することは可能ですか?

機内食はあらかじめ決まった数だけ搭載しているので変更することができません。
遅くてもチェックインの時まで変更ができるかどうか確認するようにしましょう。