1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. ベリーズ

ベリーズ旅行へ行く前に確認するポイント

Belize

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E8%A1%97%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%9C%BA%E3%82%81-gm529562719-54151976?st=8cd9f48

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称ベリーズ
人口約30万人
首都ベルモパン
国コードBZ
言語英語、スペイン語など
国番号(電話用)501
ベリーズ発の航空券情報はこちら

ベリーズまでは飛行機でおよそ15~16時間で行くことができます。ベリーズの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なベリーズ旅行を楽しみましょう。


ベリーズは中央アメリカの東海岸に位置し、一番新しいアメリカ大陸の独立国です。周辺を自然に囲まれ、国土の約65%が森林で占められています。ちなみにベリーズの由来はマヤ語の「ぬかるみ」という意味が由来です。

ベリーズ行きの最安値を比較

  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からベリーズへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からベリーズへの直行便は就航していません。ユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空が運営しているフライトを利用しましょう。アトランタなどのアメリカ主要都市を乗り継いで向かうのが一般的です。所要時間は待ち時間を含めて約18~25時間です。

日本との時差

日本との時差は15時間あり、日本の方が進んでいます。日本が正午の時、ベリーズでは前日の午後9時となります。ベリーズでは、サマータイムの導入は行っていません。

ベリーズにおけるビザ・入国手続きについて

日本人がベリーズに入国する場合、滞在期間が30日以内であればビザは不要です。また、パスポートの残存有効期間は6か月以上あることが条件です。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には駐日ベリーズ大使館、もしくは旅行代理店等に確認することをおすすめします。入国に際して、パスポートと帰路の航空券を入国審査官に提示しましょう。なお、アメリカを経由して入国する場合、ESTAが必要となります。日本を発つ前に申請しておきましょう。

ベリーズの気候について

ベリーズは亜熱帯気候であり、湿度は80%を超えているため日中は蒸し暑いものの、夕方には涼しい貿易風の影響により過ごしやすくなります。1年の中に乾季と雨季があり、乾季である11月~4月までが観光客に人気の旅行シーズンとなっています。6~9月にはハリケーンが発生することもあるため、旅行の際は注意が必要です。

ベリーズの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 12.5%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

ベリーズの通貨とチップ

画像の出典元: de.wikipedia.org

通貨について

通貨はベリーズ・ドルで、補助単位としてセントが使用されています。1ベリーズ・ドルは0.5USドル。6種類のベリーズ・ドル紙幣と、4種類のセントおよび1種類のベリーズ・ドル硬貨があります。

チップについて

チップを渡すかどうかは場所によって異なります。タクシーや庶民的な簡易食堂ではチップを渡す必要はありません。また、レストランのレシートにサービス料が追加されている場合も不要です。ホテルで荷物を運んでもらったり、ツアーアクティビティなどに参加したりした際は、感謝の気持ちを込めて渡すと良いでしょう。

旅のお役立ち情報

ベリーズのコンセント形状はtype-a

ベリーズの電圧とコンセント

電圧および周波数は110V。・60HZ。コンセントは日本と同形状のAタイプとなるため、変換プラグは不要です。ただし、電圧が不安定なので変圧器を用意しておいた方が安心でしょう。

77

ベリーズのネット環境

ベリーズではインターネットが急速に進んでおりますが、まだ一般的に普及しているとはいえません。一部ホテルでは有料でインターネットが利用できる場所もあります。

103

ベリーズの飲料水

一般的にレストランホテルやレストランで提供される水は、飲料用を使用しているので安心です。しかし、庶民的な簡易食堂ではミネラルウォーターを購入することをおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

ベリーズの文化

ベリーズには移民が多いため、親しみやすい国民性を持っています。子どもたちはレゲエと共に成長し、自然豊かな国においてのびのびと成長しています。識字率は約93%と高く、教育が普及していることが見て取れます。

ベリーズの宗教

ベリーズは英連邦王国の一国であるため、多くの人々がキリスト教を信仰しています。キリスト教の宗派に当たるローマ・カトリック教、プロテスタントで約70%を構成し、無宗教が約16%、残りはその他の宗教となっています。

ベリーズのマナー

教会内では露出度の高い服装を避け、帽子は脱ぐなど、「信仰の場所」であることを認識して行動しましょう。マヤ系住民にとって勝手に写真を撮られることは不愉快な行為にあたるため、許可を得て撮影するようにしましょう。写真撮影料としてチップを要求する民族もいるので注意が必要です。

ベリーズの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

ベリーズの料理は、カリブ諸国と中米の影響を受けたトルティージャとお米が有名です。代表的な料理には、ココナッツミルクで細長いベリーズ米を炊いた「ライス・アンド・ビーンズ」と呼ばれる炊き込みごはんがあります。また、メキシコ料理の定番で屋台にも並ぶ「タコス」や、「ファヒータス」とよばれるトルティージャに肉類やサラダを巻いて食べる巻き物も人気があります。ベリーズは移民が多いため、中華料理やインド料理も食べることができます。

ベリーズの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

ベリーズの主要観光地

ベリーズの主要観光地はブルーホール、キー・カーカー、マヤ遺跡があります。ブルーホールは「海の怪物の寝床」とよばれ、神秘的な海の様子を見ることができます。周辺には新しいホテルなどが開発され、リゾート地として注目を集めています。キー・カーカーとはベリーズの北東に位置し、最も美しい島のことです。ここには、世界中のダイバーが憧れるダイビング・ポイントがいくつかあります。マヤ遺跡は、ベリーズの密林に広がる20個以上の遺跡群です。マヤ文化の中心となった時期もあるベリーズでは、海だけでなく、歴史を感じることもできます。

ベリーズの世界遺産

1996年に自然遺産として登録された「ベリーズ珊瑚礁保護区」は、ベリーズの海岸から沖合20kmほどにわたり、世界第2位の広さを誇る珊瑚礁です。ここでは、珊瑚礁でできた小島が、150個以上あり、「ブルーホール」とよばれる巨大な穴が有名です。透明度がとても高く、65種ものサンゴが生育する環境にあります。ブルーホールは、地上から見る方法と海中から見る方法があります。地上では遊覧飛行やスカイダイビング、海中ではシュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。穴の中だけ色が濃い理由としては、昔は洞窟や鍾乳洞であった地形が水没し、穴が空いたような地形に形成されたことによります。近年では過度の観光開発やマングローブ林の伐採から環境悪化が進み、2009年に世界危機遺産リストに登録されています。

ベリーズのお土産について

ベリーズのお土産で代表的なものはハバネロ・ペッパーになります。辛いだけでなく、風味付けとしても使用されています。現地ではオレンジ味・グレープフルーツ味も買うことが可能。また、南国のフルーツの魅力が凝縮されたフルーツジャムや街の至るところで購入可能なベリーズ Tシャツなどがあります。「ベリーズ貿易振興協会マーク」がベリーズ原産の特産物を使用した製品の証になるため、マークを基準にお土産を選ぶのもおすすめです。