1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. バミューダ

バミューダ旅行へ行く前に確認するポイント

https://www.flickr.com/photos/global-jet/3822361278

画像の出典元: flickr.com

正式名称バミューダ諸島
人口約6.502万人 (2013年)
首都ハミルトン
国コードBM
言語英語、ポルトガル語
国番号(電話用)1
バミューダ発の航空券情報はこちら

バミューダまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。バミューダの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なバミューダ旅行を楽しみましょう。


バミューダ諸島は大西洋とカリブ海の最も北に位置する周囲約34キロほどのバミューダ島や、セントジョージ島、ソマーセット島などサンゴ焦からなる約200の島々で構成された諸島です。北アメリカ大陸に所属しています。海は透明度が高く、空は青々と高い。パステルカラーのおもちゃ箱のような街並が魅力的です。

日本からバミューダへの渡航について

直行便と飛行時間

バミューダ諸島へは日本からの直行便はありません。ニューヨーク経由でバミューダまで行くことができます。ニューヨークからは約2時間半程度です。そのほかアメリカからはクルーズ船などでも行くことができます。

日本との時差

日本とバミューダ諸島の時差は13時間です。日本が正午の時バミューダ諸島は前日の23時です。また、サマータイム期間(2016/3/13~2016/11/6)は-12時間です。

バミューダにおけるビザ・入国手続きについて

日本人がバミューダ諸島へ入島する場合、基本的に観光であればビザは必要ありません。但し滞在期間は入国審査官が判断します。パスポートの残存有効期間は帰国時まで有効なものが条件となります。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店等に確認することをおすすめします。入島に際して、帰路の航空券もしくは乗船券、充分な滞在費用が必要です。なお、アメリカを経由して入国する場合、ESTAが必要となります。日本を発つ前に申請しておきましょう。

バミューダの気候について

年間を通して温暖な気候で、暑すぎることも寒すぎることありません。冬場の12~3月の気温は平均21度程度、5~10月は28度前後です。夏はカラッと乾燥してますが、雨は1年を通して降ります。

バミューダの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

バミューダの通貨とチップ

画像の出典元: upload.wikimedia.org

通貨について

通貨はバミューダ・ドルが使用されています。イギリス領ですが、経済も地理もよりアメリカに近い為、ポンドは使用されていません。バミューダ・ドルはアメリカ・ドルと等価なため、おつりなどでアメリカドルが出回ることもしばしばです。補助単位はセントを使用しており、1ドル=100セントです。

チップについて

バミューダ諸島にはチップを渡す習慣があります。主にホテル、レストラン、タクシーなどを利用した際に、気持ちよいサービスを受けたと感じたのであれば、感謝の気持ちを込めてチップを渡しましょう。ホテルでは、ポーターに鞄1個につき米ドル1~2、ベッドメイキングは米ドル1~2程度、レストランではサービス料が加算されていない場合には代金の15%程度、タクシーでは料金の10~15%程度をチップとして渡すとよいでしょう。

旅のお役立ち情報

バミューダのコンセント形状はtype-a

バミューダの電圧とコンセント

バミューダ諸島のコンセントはA型とBF型が普及しています。電圧は120Vで、日本は100Vなので変換プラグや電圧変換器を用意しておきましょう。ただしACアダプターが海外対応のものは、そのまま使うことができます。

77

バミューダのネット環境

国別でも10位以内に入るほど個人所有のインターネットは普及しています。しかし無料のWi-Fiが使える場所は少ないので必要に合わせて出発前もしくは当日空港にてWi-Fi機器などをレンタルするのがおすすめです。

103

バミューダの飲料水

基本的にバミューダ諸島の水は飲用可能ですが、体質によっては合わないこともあります。ミネラルウォーターの購入をおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

バミューダの文化

バミューダ諸島はイギリスの海外領土です。しかしながら、政治的にも経済的にも自立しているため、イメージ的にはイギリス女王を国家元首とする独立国に近いです。なお、独立の賛否を問う国民投票を行った際に独立は否決されているので、今のところ国民に独立の意思はないようです。 住民の約60%が黒人です。それ以外の40%は混血のムラートや、イギリス系やポルトガル系の白人となっています。

バミューダの宗教

バミューダ諸島では主にキリスト教のプロテスタントを信仰している人がほとんどです。他には、ローマカトリックの信者もいます。

バミューダのマナー

クルーズ船でのディナーの場合は、ドレスコードを設けている場合もあるので注意が必要です。

バミューダの食文化

画像の出典元: flickr.com

シーフード料理が有名です。国民食として親しまれている白身魚のコッドフィッシュを使ったフィッシュケーキなどが有名どころです。 街には法律上、世界的にメジャーなファストフード店はありません。また、レストランではバミューダの料理というよりもアメリカやメキシコ料理のお店が多く、バミューダ料理を食べるのであればスーパーマーケットや商店でテイクアウトできるお惣菜を購入しましょう。中には「ライスアンドピーズ」といったカリブ海や中米の定番料理などもあります。 「バミューダコーヒー」という名産のラム酒の入ったコーヒーなど珍しい飲み物もあります。

バミューダの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: de.wikipedia.org

バミューダの主要観光地

バミューダ諸島の主要観光地はピンクサンドビーチや世界遺産のセントジョージ、サマーセット島、サマーセットビレッジ、セントデービッド島などです。 中でもピンクサンドビーチは海面が足元まで見えるぐらい澄んでいて、非常に綺麗です。熱帯魚もたくさん泳いでいて、一度行くとリピーターになってしまうかもしれません。

バミューダの世界遺産

「セント・ジョージ」というには17世紀の古い建物群が世界遺産に登録されています。

バミューダのお土産について

バミューダ諸島の名産である「ラム酒」や、そのラム酒を使った「ラムケーキ」が有名です。