1. トップ
  2. アジア
  3. ブータン

ブータン旅行へ行く前に確認するポイント

Kingdom of Bhutan

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E6%99%AF%E8%A6%B3-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3-gm496473359-41392936?st=936b9da

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称ブータン王国
人口約75万人
首都ティンプー
国コードBT
言語ゾンカ語、英語
国番号(電話用)975
ブータン発の航空券情報はこちら

ブータンまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。ブータンの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なブータン旅行を楽しみましょう。


ブータンは中国とインドに挟まれた南アジアの国です。沖縄と同じくらいの緯度に位置しています。国土面積は38,400㎢で、九州より少し大きいくらいです。1907年に初めて王国として成立し、1971年まで鎖国政策をとっていました。2008年までは絶対君主制の国でもありました。

日本からブータンへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はありません。東京からバンコクを経由してパロ国際空港へ向かう便などがあります。所要時間は10時間ほどです。ブータンでは個人の自由旅行による入国が認められていないため、パッケージツアーなどで入国するのが一般的な方法になります。

日本との時差

日本との時差はマイナス3時間です。時差は少ないのですごしやすいでしょう。

ブータンにおけるビザ・入国手続きについて

入国する際は観光ビザが必要です。ブータン政府は個人の自由旅行による入国を認めていないため、旅行会社を通じてガイドに同行してもらう必要があります。また、滞在1日ごとに公定料金が設けてており、これを支払う必要があります。パスポートはブータン出国時に6カ月以上有効期間が残っていなければなりません。日本国内にブータン大使館や領事館がないので、出発前に日本でビザを取得することはできません。旅行会社を通じて送られるビザ承認書を現地に持参し、入国審査官から発行してもらう必要があります。入国に際して、パスポート・ビザ発行証明書・出入国カードを係官に提示して審査を受けましょう。パスポートにスタンプが押され、入出国カードの半券が返却されます。この半券は出国時に必要となるので、紛失しないように注意してください。

ブータンの気候について

夏季の平均最高気温は25℃ほど、冬季の平均最低気温は5℃ほどです。ただし、地域により標高差が大幅に異なるので気温差も大きく変わります。行き先とその時期によって用意する衣服や寒暖用の持ち物を選びましょう。雨期は6月から8月ですが大雨が降る日は少なく、湿度も高くはないのですごしやすい気候です。

ブータンの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 なし
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

ブータンの通貨とチップ

画像の出典元: theibns.org

通貨について

通貨はニュルタムとチェルタムがあり、チェルタムは補助通貨です。レートは100チェルタム=1ニュルタムです。硬貨は5、10、20、25、50チェルタムと1ニュルタムで、紙幣は1、5、10、20、50、100、500、1000ニュルタムがあります。

チップについて

特別な心付けとして渡すことはありますが、慣習化はしていません。ガイドやタクシードライバーに渡すこともあるようですが、ツアーの場合は旅行会社が最後にまとめて支払うことが多いようです。

旅のお役立ち情報

ブータンのコンセント形状はtype-e

ブータンの電圧とコンセント

ブータンの電圧は230から240Vです。日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。ブータンのプラグタイプはCタイプなので変換プラグが必要になります。

77

ブータンのネット環境

ブータンでインターネットが使えるようになったのは1999年からと比較的新しいことです。そのため、ブータンの主要都市では広い範囲で使えますが、通信速度は日本と比較すると遅いです。また、その他の都市の場合は使えない可能性もあります。固定電話より携帯電話の方が普及率が高いため、携帯電話は多くの場所で利用できます。Wi-Fiを利用する際はネットカフェを利用するのが良いでしょう。

103

ブータンの飲料水

ブータンでは、水道水は飲まないでください。ミネラルウォーターが手軽に購入できるのでそちらを強くおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

ブータンの文化

仏教国であり、多民族国家のブータンはいろいろな文化が息づいています。チベット系の人々は役所や寺院、学校や公式行事の際など多くの場で民族衣装(男性ならば「ゴ」、女性ならば「キラ」)の着用が義務となります。違反した場合には、罰則規定があるほど厳格です。

ブータンの宗教

主にドゥク派のチベット仏教とニンマ派のチベット仏教、ヒンドゥー教の3つがあります。チベット仏教を国教としている国はブータンだけです。ブータンの人々にも宗教は強く根付いており、国旗の下半分のオレンジ色が仏教を表していることからもうかがうことができます。

ブータンのマナー

仏教国ということから、禁じられていることがいくつかあります。まず、宗教施設内の写真撮影はすべて禁止です。お寺によってどこまで入って良いのかが決められているので、事前に必ず確認するようにしましょう。お寺の敷地内は、帽子やフード、傘に至るまであらゆるかぶり物が禁止されています。また、お寺敷地内の喫煙も禁じられており、地域によっては公共の場での喫煙自体が禁止になっているところもありますので注意が必要です。

ブータンの食文化

画像の出典元: upload.wikimedia.org

ブータンでは唐辛子を多用した料理が多く見られます。香辛料として使うのではなく野菜として扱われていることもあり、辛味の強い料理が多いのが特徴です。ただし、ホテルやレストランでは外国人用に辛味を抑えてある料理もあるため、全てが辛い料理というわけではありません。唐辛子と同じくらい乳製品、とくにチーズが食材として利用されています。ブータンの国民食とも呼べるエマダツィはこの2つを煮込んで赤米と一緒に食べる料理です。肉類やジャガイモ、トマトなど高地でよく使われる食材も食べることができます。

ブータンの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

ブータンの主要観光地

仏教国ならではの僧院やお寺、手つかずの大自然などの観光地がメインになります。ただし、僧院やお寺は基本的には撮影不可で、場所によっては手荷物制限などもあるので注意が必要です。首都ティンプーの主要観光名所は中央政庁施設のタシチョ・ゾンです。特筆すべきは釘を一本も使わずに建てられた伝統的技法にあります。秋に行われるティンプー・ツェチュというお祭りでは、たくさんの人々がここに集まります。プナカにあるプナカ・ゾンはブータンに数あるゾン(城塞)の中でも最も美しいと呼び声が高いです。2つの川に挟まれた雄大な自然の中に、壮麗な装飾が随所に施された建築様式は、訪れる人に感動を与えてくれます。

ブータンの世界遺産

ブータンに世界遺産はありません。

ブータンのお土産について

ブータンでは松茸がよく取れますがあまり食されないため、乾燥松茸をお土産として安価に入手することができます。世界随一の仏教国ならではの仏像や仏具関連の製品も豊富に取り扱われています。その中でもタンカと呼ばれる布や紙に書かれた仏画は購入されることの多いおみやげです。また、伝統的な民族衣装を着ている人々が多いブータンでは織物業が盛んです。個性的な図柄の生地で作られたバッグやマットは人気が高いです。

ブータン行き航空券利用者の声

羽田空港⇔パロ空港 31歳男性

ほぼ2年に1回のタイミングでブータンへ出張しているのですが、今年もその時期がやってきました。ただし今年は例年とは違い、出発のぎりぎりまで国内の会社で会議が。従っていつものお決まりとなっていた成田空港からタイ国際航空を利用して、スワンナプーム国際空港経由のルートでは離陸に間に合わないということで、今年は羽田空港からスワンナプーム国際空港へ向かうことに。そこで格安航空券を手配しました。初めてのルートだったので少し戸惑いましたが、羽田空港からJALでスワンナプーム国際空港へ向かう経路。羽田空港発は深夜1時頃だったので、会社で夜の8時くらいまで会議。それでも羽田空港のチェックイン時間に余裕をもって到着することができて驚きました。成田空港よりも都心部に近く、アクセスも便利な羽田空港発着のフライトがもう少しい増えてほしいなと感じました。ここからは慣れたルートなので安心。トランジットでロイヤルブータン航空に乗り換えパロ空港に到着することができました。今回はイレギュラーな状況もあって羽田空港からJALを利用しましたが、そこまで値段にも差はなく、なにより羽田空港というアクセスが抜群の空港を利用することができると判明したので、今後もブータン出張の際は羽田空港を利用する今回のルートにしようと思います。

成田空港⇔パロ空港 21歳男性

卒業旅行で友人たちとブータンへ行ってきました。行き先を決めた後、さっそく格安航空券を調査。海外旅行の経験があまりなく、なるべくトランジットの回数を減らしたい私たちは、成田空港からデルタ航空を利用してシンガポール・チャンギ国際空港へ向かい、トランジットしてロイヤルブータン航空に乗り換え、パロ空港を目指す航空券を購入しました。いちばん心配だったシンガポール・チャンギ国際空港でのトランジットですが、私たちの拙い英語でも難なくクリア。とても安心しました。トランジット時間もかなり余っていたので、シンガポール・チャンギ国際空港の免税店やお土産ショップでショッピングも楽しめてよかったです。なお、ブータンへの旅行は他の海外旅行とは大きく異なります。ビザが必要だったりガイドやドライバーを準備しなければいけません。従って旅行会社に依頼するのが一番手っ取り早いと思います。少し他の国とは違い面倒と思われるかもしれませんが、旅行会社に依頼すればあとは何もせずに手続きしてくれます。実際ブータンはそのような手続きをしてでも訪れたことを後悔しないような観光スポットがたくさん。私たちも就職して少し落ち着いたら、もう一度ブータン旅行をしようという計画をすでに立てています。

関西国際空港⇔パロ空港 26歳男性

ブータンに住んでいる友人を訪ねるため、一人でのブータン旅行を計画しました。友人からブータンを訪れる際は「公定料金」「ガイド・ドライバーの義務付け」「ビザの取得」が必要であると教えられたので、旅行会社に相談して代わりにそれらの手続きをしてもらいました。フライトスケジュールも旅行会社にお任せをした結果、日本から直行便は運行していないので、関西国際空港⇒スワンナプーム国際空港⇒パロ空港というフライトになりました。バンコクのスワンナプーム国際空港は巨大な空港で、トランジット時間がかなり長かったのですが、免税店などを見て回りながらショッピングを楽しんだり、レストランで食事をしていたらあっという間に時間が過ぎました。ブータンでは友人と一緒に博物館や僧院、宮殿などの観光スポットを巡りながら、ブータンの神秘的な雰囲気を醸し出す街並みを感じながら散策。ブータンはなぜ世界各国から「最後の秘境」と言われているのかを少し理解でき、魅力的なスポットが詰まった国だったので、またお金を貯めてブータンに住む友人を訪れたいと思います。

ブータン旅行 よくあるFAQ

ブータン観光のベストシーズンは?

乾季である9月から5月に観光に訪れる人が多いです。

日本からブータンへ行くにはどのルートが一般的ですか?

飛行機でタイ・バンコクを経由して訪れるのが一般的です。

ブータンの観光地では写真撮影は可能ですか?

寺院などでは写真撮影が禁止されています。撮影の際は現地スタッフに確認してみてください。

ブータンでは喫煙できますか?

ブータン国内禁煙のため、喫煙できるのはホテルの部屋など個人のプライベートな空間に限られています。