1. トップ
  2. 中東
  3. バーレーン

バーレーン行きの飛行機・航空券を検索

バーレーン旅行へ行く前に確認するポイント

Kingdom of Bahrain

バーレーン旅行へ行く前に確認するポイント

画像の出典元: 

正式名称バーレーン王国
人口約133万人
首都マナーマ
国コードBH
言語公用語がアラビア語、他にペルシア語、ウルドゥー語、ヒンズー語など
国番号(電話用)973

バーレーン発の航空券情報はこちら

バーレーンまでは飛行機でおよそ109~14時間で行くことができます。バーレーンの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なバーレーン旅行を楽しみましょう。


バーレーンは、中東・西アジアに位置する君主制の島国です。バーレーン島が主となる大小33の島々で構成されています。バーレーン湾を挟んだ周辺国にはサウジアラビアやカタールなどがあります。

バーレーン行き国際線航空券の最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からバーレーンへの渡航について

直行便と飛行時間

バーレーンへと向かう日本からの直行便は現在就航していません。主流となっているのは、アジアまたは中東での乗り継ぎ経路です。主となる航空会社はキャセイパシフィック航空やカタール航空、エティハド航空、香港経由のエミレーツ航空。乗り継ぎによって所要時間は異なりますが、一番早いものでも13時間となっています。

日本との時差

日本とバーレーンとの時差は6時間で、日本の方が6時間進んでいます。なお、サマータイムはありません。

バーレーンにおけるビザ・入国手続きについて

バーレーンは中東・ペルシャ湾に浮かぶ島国です。古くから貿易拠点として活躍していたエリアですが、現在は近代都市として発展しています。
日本からバーレーンへの渡航が再開されており、渡航時における規制も緩和されています。以下では渡航情報を記載します。

【ビザ規定の変更・観光目的の入国可否】
観光・ビジネス目的での入国が可能となっています。
また、全ての入国者に対する到着時のPCR検査受検は不要となりました。

【入国後自主隔離の規定】
全ての入国者に対する隔離措置が廃止されています。
今後パンデミックの状況次第で変化する場合もあるので、注意しておきましょう。

【入国必要な書類】
コロナウィルス関連の提出・提示書類はありません。
通常渡航時に必要となるパスポートなどの書類を用意しましょう。

【現地マスク着用の規定】 国内各所でマスクの着用が必須です。外出時は注意しましょう。
※全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自ご確認下さい。

バーレーンの気候について

バーレーンの気候の特徴は、夏季と冬季に分かれていることです。6月から9月は夏季にあたり平均気温は40℃、湿度も非常に高くなり80%を越えることもあります。冬季の12月から2月にかけては気温が下がりますが、最も寒くなる1月でも最低気温が10度を下回ることありません。過ごしやすい時期は3月から4月と10月から11月、旅行のベストシーズンです。

バーレーンの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

バーレーンの通貨とチップ

バーレーンの通貨とチップ

画像の出典元: 

通貨について

バーレーンの通貨は湾岸ルピーに代わり発行された、バーレーン・ディナールが使用されており、フィルスが硬貨、ディーナルが紙幣の単位です。紙幣の種類は20,10,5,1,1/2の5種類。硬貨の種類は500,100,50,25,10,5の6種類があります。

チップについて

特にチップを払う習慣はありませんが、レストランやホテルでいいサービスを受けた時には渡すと良いでしょう。

旅のお役立ち情報

バーレーンの電圧とコンセント

バーレーンの電圧とコンセント

バーレーンの電圧は220~240V/50Hzで、プラグタイプはBFが使われています。なお、ACアダプターが240Vまで対応している日本の電化製品はそのまま使用できますが、それ以外の場合には変圧器が必要となります。

バーレーンのネット環境

バーレーンのネット環境

ホテルやレストランではWi-fi利用が可能ですが、日本ほど高速ではありません。また、インターネットアクセスの制限が厳しく、閲覧できないサイトが多いです。

バーレーンの飲料水

バーレーンの飲料水

水道水は、海水を淡水化した水を未消毒で使っています。一般的には水道水をろ過した水やミネラルウォーターの飲用をオススメします。

文化・宗教・マナーについて

バーレーンの文化

<民族衣装>
「カントーラ」と呼ばれる男性の衣装は、白のローブを纏い、頭に被ったグトゥラをアガール(黒い輪)で留めたスタイル。黒いゆったりした服で体を覆う女性の衣装は「アバヤ」と呼ばれています。
<音楽>
バーレーンでは軽音楽を聴く習慣が古くから根づいています。また、伝統音楽にはフィジェリという真珠採りの男たちが家族と長期間離れて働く悲しみを歌う曲があり、アラビア湾一帯の民族音楽ハリージはアフリカ音楽の影響を受けています。近年ではワールドカップの応援でバーレーンの音楽性が話題を呼びました。
<アート>
国内には数多くのギャラリーが存在し、現代アートを楽しむことができます。盛んに用いられているものは籠編みや織物、陶芸で、アーリ村の陶器職人が手掛ける陶芸は代々受け継がれた手法で焼かれる名作です。
<サッカー>
最も人気のあるスポーツはサッカーです。2006 FIFAワールドカップのアジア最終予選では、ホームとなったバーレーンスタジアムの観戦チケットを国が買い上げ、バーレーン自民に無料配布するというエピソードがありました。ちなみに、バーレーン代表と日本代表との対戦機会が2002年のプサンで行われたアジア退会サッカー協議以来急増しており、2002年から2010年にかけては9試合を交えています。

バーレーンの宗教

99.8%に達しているイスラームが国教となっており、割合はシーア派が75%でスンナ派が25%。しかし、バーレーンの国籍を持つ人は国内だと46%で、半数以上の54%は外国人労働者となるため、外国籍を含むとイスラームは70.2%まで下がります。

バーレーンのマナー

イギリスから独立したバーレーンには北米からの観光客やビジネスマンが多く訪れるため、イスラム教徒の中では比較的オープンな国だといわれています。戒律もそこまで厳しくはなく、アルコール類の購入およびレストランなどでの飲酒に加え、一部のスーパーでは豚肉を購入することも可能。
また、グレゴリオ暦とヒジュラ暦を利用している影響で祝祭日が毎年変わるので要注意。イスラムの休日は金曜なので、金・土曜が週末となります。

バーレーンの食文化

バーレーンの食文化

画像の出典元: 

海に囲まれているという土地柄から、ペルシャ湾で採れる新鮮な魚介類やデーツと呼ばれるナツメヤシの実がバーレーンの伝統的な食材として有名です。また、お肉とお米も伝統的な食材で、一般的な食事としてマチブースというスパイシーな炊き込みご飯やグージというラム肉にお米と野菜、スパイスをつめた料理が広く好まれています。さらに、多くの労働者が滞在していることもあり、インド料理やパキスタン料理のレストランが多く見られます。
農牧地ではトマトやキュウリ、マンゴー、ザクロの栽培を行っているほか、牛や羊の飼育も盛んです。しかしバーレーンのほとんどが砂漠地帯のため、ごくわずかな面積の土地で行われています。なお、ペルシャ湾沿岸における主産業は漁業で、魚やエビ、カニが多く水揚げされています。

バーレーンの主要観光地と世界遺産

バーレーンの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: 

バーレーンの主要観光地

<生命の樹(Tree of Life)>
バーレーン最高地点の頂上(標高137メートル)を持つドッハーン山から南へ12キロ。広大な砂漠の中心にある1本の巨大な木が、生命の樹とも呼ばれるアカシア巨木です。名前の由来は、砂漠の中で水源不明にもかかわらず生い茂る力強い姿から。
<石油博物館/第1号油井(Oil Museum / No.1 Oil Well)>
1932年にバーレーンの油田が発見されたことにより、アラビア半島における石油時代が幕を開けました。第1号油井に隣接してる石油博物館では、発見当時の写真や使用されていた掘削道具などの展示があります。ちなみに、バーレーンでの原油は1934年に初出荷され、その記念すべき出荷先は日本でした。
<マナーマ・スーク(Manama Souq)>
スーク(Souq)はアラビア語で「市場」という意味です。マナーマ・スークには食材や布、生活雑貨など、さまざまな古い商店が立ち並んでいます。営業は土曜日から水曜日で、12時頃に一度お昼休みの時間があり閉店となりますが、16時に再度開店します。

バーレーンの世界遺産

<バーレーン要塞(Bahrain Fort)>
アラブ人統治者が作った要塞の跡に、バーレーンを占領したポルトガル人が1522年になってから建設した要塞跡となります。発見された後更に調査が進められ、古代文明ディルムンの都市であることが判明しました。建造物群が多彩な様式で作られていることと、一箇所の遺跡に蓄積していることが評価対象となり、2005年に世界遺産登録されました。

バーレーンのお土産について

バーレーンのお土産としては、ゴージャスな泡と香りが特徴のクレオパトラ石鹸やランプ、ストールなどが人気です。

バーレーン旅行 よくあるFAQ

Q:バーレーンは日本語・英語は通じますか?

A:バーレーン国内では基本的にアラビア語がつかわれますが、都市部では英語も通じることがあります。

Q:バーレーンの治安は?気を付けた方がいいことは?

A:アラビア半島の国でも比較的安定した治安を持つ国ですが、シーア派の居住区では爆弾テロ事件が発生しており、禁煙でもテロ未遂が起きているなど危険な地域があります。

Q:バーレーンのベストシーズンは?

A:バーレーン観光のベストシーズンは春と秋、気候が落ち着いた時期がおすすめです。夏冬でかなりの差があり、夏季は特に気温が40℃を超えるなど、厳しい季節となります。

Q:バーレーンへ飛行機で行く場合、最も人気があるのはどの空港ですか ?

A:「バーレーン国際空港」がもっとも人気です。首都マナーマからも近く、もっとも訪れやすい空港と言えるでしょう。

Q:日本からバーレーンに行く主なルートは?

A:日本からバーレーンへの直行便はありません。アジア・中東の国際空港から乗り継いで入国する必要があります。