1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. アルメニア

アルメニア行き国際線航空券を比較・検索

アルメニア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Armenia

アルメニア旅行へ行く前に確認するポイント

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称アルメニア共和国
人口約300万人
首都エレバン
国コードAM
言語アルメニア語
国番号(電話用)374

アルメニア発の航空券情報はこちら

アルメニアまでは飛行機でおよそ15~18時間で行くことができます。アルメニアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なアルメニア旅行を楽しみましょう。


カスピ海と黒海の間くらいに位置する内陸国です。アゼルバイジャン、ジョージア(旧グルジア)と共に南コーカサスと呼ばれる地域に属しています。面積は日本の13分の1程度の小さな国です。

アルメニア行き国際線航空券の最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からアルメニアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本とアルメニアを結ぶ直行便は運航されておらず、最低でも1回の乗り継ぎが必要となります。スクワやサンクトペテルブルクを経由する便が一般的です。他にもアジアやヨーロッパの都市(オーストリアのウィーンやフランスのパリなど)を経由する方法もあります。所要時間は乗り継ぎ時間や経由地によって異なりますが、14~16時間程度となります。

日本との時差

日本とアルメニアの時差は5時間で、日本より遅れています。サマータイムは実施されていません。

アルメニアにおけるビザ・入国手続きについて

入国する際にはビザが必要となるので、前もってアルメニア大使館で取得しましょう。現地の空港や国境でも取得が可能ですが、支払いは現地通貨のドラムのみとなるので要注意です。パスポートの残存有効期間は、滞在日数以上あれば特に問題ありません。入国審査の際にはパスポートを提示しましょう。なお、ビザやパスポートの情報は、予告なく変更されることがあるので、大使館や領事館、旅行会社などで事前に確認することをオススメします。

アルメニアの気候について

アルメニアは平地が少なく、標高が1000~3000mの地域が多い山国です。標高が低い地域は雨が少なく、高い地域では多く降ります。冬は氷点下まで冷え込み、夏は40℃になることもありますので、渡航の時期によって服装を選ぶ必要があります。

アルメニアの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 20%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

アルメニアの通貨とチップ

アルメニアの通貨とチップ

画像の出典元: commons.wikimedia.org

通貨について

アルメニアで使用されている通貨はドラムとルマです。ただし、ルマは現在使用されていません。紙幣は1000、5000、10000、20000、50000ドラムの5種類が発行されています。硬貨は10、20、50、100、200、500ドラムが使用されています。

チップについて

基本的にチップは不要ですが、サービスに好感を持った場合には渡してもよいでしょう。その際の目安は空港やホテルでのポーターには200~400ドラム(荷物1つあたり)、タクシーも同様もしくはお釣りを渡す程度です。レストランでは、請求額にサービス料が含まれていることが多いですが、含まれていない際は5~10%程度を渡すと良いでしょう。

旅のお役立ち情報

アルメニアの電圧とコンセント

アルメニアの電圧とコンセント

アルメニアの電圧は220~240Vです。日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。また、コンセントのプラグ形状はCタイプとなっています。

アルメニアのネット環境

アルメニアのネット環境

インターネットの普及率自体は良くないとされていますが、街中ではWi-Fiが飛んでいるところが多くあります。もちろんホテルでもロビーや客室内でWi-Fiの使用が可能な場合が多いです。ただし、ホテルによって異なりますので、予約の際にご確認下さい。

アルメニアの飲料水

アルメニアの飲料水

水道水を飲料水として利用することはお勧めできません。ミネラルウォーターが売られていますので、購入するようにしましょう。

文化・宗教・マナーについて

アルメニアの文化

アルメニアの国民性は冗談のようなことを真面目に言ってしまう、自信家で愛国心が強いところがあると言われています。国そのものは歴史が深く、世界で最も古い国の1つとされています。また、美人が多い国1位にも選ばれたこともあります。

アルメニアの宗教

アルメニアの宗教は主にキリスト教(アルメニア教)です。その歴史は深く、アルメニアはキリスト教を国教として認めた世界最初の国とされています。

アルメニアのマナー

交通マナーが良いとはいえず、車が優先される傾向にありますので、街中を散策する際にはご注意下さい。そのほかに特筆すべきマナーはありません。ただし、トイレ事情に関しては清潔であるとはいえず、トイレットペーパーが無いことがあるので注意しましょう。

アルメニアの食文化

アルメニアの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

アルメニアの料理は、これまでに支配されてきた国々の影響を受けています。「トルマ」という、ぶどうの葉でご飯などを包んだ料理はトルコ料理として知られていますが、元々はアルメニアの料理だったという説もあります。他にも、「ホロバツ」というシシケバブの様な串焼きの料理、「トピック」というひよこ豆やじゃがいもなどをボールのような形にした料理、ヨーグルトスープの「スパス」などがあります。アルメニアのパンである「ラヴァーシ」は、ケバブを巻いたりして食べます。アルメニアはワインの産地として名を馳せた時代もありますが、現在はブランデーが有名です。

アルメニアの主要観光地と世界遺産

アルメニアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

アルメニアの主要観光地

アルメニアの観光で見逃せないのは、歴史ある修道院や教会、遺跡といった建築物です。とくに、首都エレヴァン近郊の町エチミアジンの大聖堂は、アルメニア正教の総本山として世界遺産に登録されています。また、エレヴァンの地名の基となったエレブニ遺跡からは、アルメニア人の心の風景であるアララト山の雄大な景色を望むことができます。遺跡や修道院巡りだけでなく、アラガツ山やゲガマ山脈などの雄大な自然も大きな魅力です。

アルメニアの世界遺産

アルメニアには、3件の世界文化遺産があります。1つは「ハフパトとサナヒンの修道院群」で、世界で初めてキリスト教を国教としたアルメニアの最古の修道院です。2つ目は「ゲハルト修道院とアザート川上流域」で、こちらも古い修道院です。キリストの脇腹を突いた聖槍が発見されたとされていることから、槍の意をもつ「ゲハルト」が名称に使われたといわれています。洞窟修道院としても知られており、洞窟部分を見学することも可能です。3つ目は「エチミアジンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡」。エチミアジン大聖堂はアルメニア教会の総本山とされ、ズヴァルトノツは7世紀に建設された宗教都市の遺跡です。

アルメニアのお土産について

アルメニアのお土産として有名なのは、ブランデーやワインなどのアルコールです。また、市場で売られているドライフルーツや、ナッツなどをお土産にするのも良いかもしれません。ドライフルーツやコーヒーが入ったチョコレートも人気を集めています。さらには露店等で売られている手作りの置物やマグネット、アクセサリーなどがあります。

アルメニア行き航空券利用者の声

成田↔アルメニア 30代 男性

エレバンに観光で行くため格安航空券を探しました。カタール航空が安かったので予約。乗継はドーハ。どこの国かわからないのでネット検索。カタールとわかりました。成田から第2ターミナルでカタール航空のゲートへ行き搭乗時間まで待ちました。機内はシートがゆったりして良かったですドーハでの乗継時間は約18時間。ドーハで1泊しなければなりませんでした。ドーハ空港内にホテルがあるので利用しました。翌日出発は夜遅い時間。空港はとても大きく広くて、ショッピングもでき、Wi-Fiも使えて結構快適に時間を過ごしました。夜遅い出発でアルメニアに夜中着。少し休んでから搭乗しました。アルメニア到着後ホテルに直行しすぐ寝ました。翌日はエレバンの街を散策。街の中にあるリパブリック・スクエアは見ごたえありました。帰りの便もカタール航空で乗継もドーハでしたが乗継時間が2時間くらいだったので、すぐ乗継して搭乗。カタール航空は乗り心地が良いので疲れもあまり感じなく、寝てるうちに成田に到着。とても快適に旅行出来て、次に行く時もカタール航空の格安航空券を予約したいと思いました。

成田↔アルメニア 20代 男性

友達と3人でアルメニアへ行くことになり、アエロフロート・ロシア航空の格安航空券で行きました。直行便がないため、モスクワ経由。乗継約4時間半でしたが、空港内で友達と話をしてたら、あっと言う間に搭乗時間になりました。モスクワからアルメニアまで約3時間。着いたのは夜遅い時間でした。すぐホテルに向かい爆睡!翌日は遅めに朝食で、パンとチーズ、コーヒーの簡単なものです。それから市内にある博物館へ行きました。市内のカフェで友達のと地図を広げ、行きたいところの意見が合わなくて大変でした。街の中心にある広場近くの大聖堂へ行くことで一致!意見が合わなくても、海外は友達が一緒で心強いと思いました。帰りの便もアエロフロート・ロシア航空でモスクワ経由。待ち時間は2時間ちょっと。夜7時頃出発でモスクワから成田まで約9時間30分。機内は少し乾燥ぎみ。帰りは疲れて友達も寝てしまい、音楽を聴いてるうちに寝てしまい、気が付いたら成田到着。格安航空券で、結構快適に過ごせ、乗り継ぎも良い感じの待ち時間で良かったです。次回も格安航空券で旅行します。

成田↔アルメニア 30代 女性

エレバンに観光で行きました。行く時は成田からエールフランスでパリ乗継。帰りはパリとソウルの2回乗継でした。格安航空券なので、それも良いと思いました。成田空港では第2タミーナルにアメックスカードで利用できる無料ラウンジがあるので、時間までコーヒー飲みながら携帯でエレバンの街をネット検索。時間早めにゲートまで行き搭乗。機内はエコノミーなのにデザインも良くシートもゆったりで快適でした。パリでは約9時間の乗継時間。朝早く到着しパリ観光も良いかもと、凱旋門だけ行ってみました。乗り継ぎがパリでなければ観光したいと思わなかったです。やはり凱旋門は圧巻!乗り遅れないように早めに空港戻り無事搭乗!アルメニアには夜に到着。軽く夕食を食べ就寝。翌日は街の中散策し夜は、一番の目的のオペラ座でオーケストラ鑑賞!帰りの便は朝出発で昼ころパリ。1時間ちょっと待ちでパリを出発し機内泊でソウル。ソウル仁川空港では約11時間乗継があり乗継時間を空港内で有意義に過ごす事ができました。無料シャワーがありマッサージ機もあるので使ってみました。出国フロアには韓国伝統文化センターがあり、無料工芸体験が出来たので挑戦!アルメニア旅行でパリやソウルにも行けて、エールフランスの格安航空券もなかなか良いものだと思いました。

アルメニア旅行 よくあるFAQ

アルメニアに行く時はビザは必要ですか?

アルメニアの入国はビザが必要です。アルメニア共和国大使館、現地空港で取得可能です。アルメニア外務省からオンラインによる申請もか可能です。

日本からアルメニアは直行便ありますか?

直行便はございません。少なくても1回の乗継があります。各航空会社でご確認下さい。

ゼリー類は機内持込出来ますか?

ゼリーは水分が含まれているので100ml以下であれば持ち込み可能です。

乗継でドーハ空港に1泊しなければならないのですが空港に仮眠室はありますか?

ドーハ・ハマド国際空港には仮眠室がございます。寝具類はございません。寒く、静かではありませんので、空港内に有料のホテルをお勧めします。