1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イタリア
  4. アンコーナ

アンコーナの概要

アンコーナ

画像の出典元: en.wikipedia.org

人口-
都市コードAOI
人気の航空会社
  • ルフトハンザドイツ航空
飛行時間13~16時間
アンコーナ発の航空券情報はこちら

アンコーナまでは飛行機でおよそ13~16時間で行くことができます。アンコーナの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてアンコーナ旅行を有意義に楽しみましょう。

アンコーナ行きの最安値を比較

海洋交通の要所、イタリア有数の港町「アンコーナ」

長靴型のイタリア半島の中でもふくらはぎの部分にあたるアンコーナは、アドリア海に面した港町。昔から海洋国家として発展してきました。市街地はモンテ・コーネロ岬とモンテ・アスターニョ岬の間に位置します。アンコーナの聖人である聖キリアクスに献堂された「サン・チリアーコ大聖堂」には、かつて街の守護神であった女神ウェヌス(ヴィーナス)の神殿があったそうです。優れたロマネスク建築の大聖堂は街の人々の信仰を集める場になっているだけでなく、多くの観光客も訪れる場所となっています。また、建築家ヴァンヴィテッリが1732年に考案した「ラッツァレット」は、港から市街に到達する伝染病から軍事防衛幹部を守るための建物。後に軍事病院や兵舎として使われたラッツァレットは、現在は文化展示として使われています。

アンコーナの歴史

アンコーナの歴史が始まったのは紀元前390年頃のこと。古代ギリシアの植民都市シラクサによって建設されました。アンコーナという名前は、ギリシャ語で「肘」を意味する「アンコン」から来ています。ローマ帝国時代にはアンコーナ港は重要な軍事拠点され、トラヤヌス帝はお抱えのシリア人建設家に依頼して、北の埠頭を建設しました。以後、独立都市となり東ローマ帝国と同盟を結ぶなど独自の動きをするが、ついに16世紀にローマ教皇領に組み込まれます。18世紀末には一度フランス領になったこともありますが、19世紀半ばになると独立したイタリアが奪還しました。

アンコーナの経済

アンコーナの経済成長は近年著しく、特に港湾業と観光業がその成長を担っています。アンコーナ港はイタリアの中でもトップレベルの国際交易を誇ります。また漁業においても、イタリア有数の地位を占める漁港。港町であるアンコーナは、アドリア海の大きな恩恵のもとに経済活動を展開しています。

アンコーナ行きの格安航空券について

日本からアンコーナ=ファナルコナーラ空港までの直行便は出ていません。そのため、最低でも1回の乗り継ぎが必要です。アンコーナへの乗り継ぎ便はローマのフィウミチーノ空港から多く出ているため、ローマへのアクセスをまず考えるといいでしょう。アリタリア航空をはじめ、全日空、アエロフロート・ロシア航空、キャセイパシフィック航空などが就航しています。この中で格安航空券を入手しやすいのは、アエロフロート・ロシア航空です。

アンコーナの気候

アンコーナは雨がとても少なく、年間を通じてあまり雨が降りません。夏場は特に乾燥するので、入念な保湿対策が必要です。一方冬場の気温や湿度は、東京とよく似ています。ただし盛夏になっても平均最低気温が10度台と、朝晩の寒暖差が大きいのが特徴です。そのため少し厚手の長袖の羽織物を持っていくと安心でしょう。

アンコーナの主な交通手段

アンコーナの主な交通手段

画像の出典元: it.wikipedia.org

アンコーナの交通では、船が大きな役割を担っています。国際便を含む8路線が運行しており、アンコーナ港は海外からの玄関口のひとつです。2010年には13万5000人以上がアンコーナ港を利用したというデータもあがっています。港湾利用者数は年々増加の一途を辿っており、アンコーナ港の発展を示しているようです。

アンコーナ行き航空券利用者の声

成田空港⇔アンコーナ空港 25歳女性

アンコーナはアドリア海沿岸にある、港湾都市です。ここからクルーズMSC Armonia号にのり、クロアチアのドゥブロヴニク経由でギリシャの島々を巡るツアーを楽しみました。もちろん、イタリアのアンコーナ空港まではローマ経由でアリタリア-イタリア航空の格安航空券で行きました。乗り換えは1回ローマのみですが、往復で一人17万円もかからずに行けたのはさすが格安航空券だと思いました。
Wi-Fiが使えずエコノミー席は少し狭く、ANAなどはもう少し広かったのですが、リーズナブルな格安航空券ここは我慢のしどころです。ローマからアンコーナまでは同じ航空会社ですが、今度はプロペラ機。調度窓からプロペラが見えてちょっと楽しかったです。席は広かったので気持ちよく過ごせました。帰りも同じコースを通って帰りました。帰って、座席スペースの広さを確認すると、3cmしか違わないなんてとびっくりしました。結構スペースって大事だと思いました。機内食は和食とイタリアンが選べました。イタリアンはなぜか口には合いませんでした。でも、乗り換えが少なく早く着いたので大満足です。かわいいプロペラ機との出会いもいい思い出になりました。

成田空港⇔アンコーナ空港 42歳男性

ギリシャの旅を一通り終えたので、今度はイタリアへ上陸してみたいと思い、美しい街並みで有名なアンコーナの旅を計画しました。男一人の気楽な旅だったので、今回はKLMオランダ航空を使ってアンコーナまで行きました。エミレーツ航空やアリタリア航空は何度か使ったことはありますが、KLMオランダ航空は全くの初めてでした。Wi-Fiが使えなかったのは残念でしたが、比較的綺麗な機内で映画や音楽が充実していたので、約12時間のフライトも難なく過ごせました。アムステルダムでの乗り継ぎが、時間が短すぎて結構焦りました。でも機内食は大変おいしく大満足。ドリンクも頻繁に配ってくれました。アンコーナに行ったら、ムッソリーニが建てたフォールンへの記念碑に行きたかったので、翌日早速訪れました。AI戦没者記念碑なのですが、ここからの絶景も見逃せません。モニュメントもさすが街並みの美しさに定評があるアンコーナだと思いました。帰りは、アンコーナからローマ、パリを経由して成田へと無事帰国しました。エールフランスも悪くはなかったのですが、自分はKLMオランダ航空が断然好きでした。また、利用したいと思います。

羽田空港↔アンコーナ空港 36歳女性

家族でイタリアに転勤になった友人を訪問するために使いました。イタリアなんてそうそう行けるものではないので楽しく過ごせました。下の子がまだ小学生の低学年なので、乗り継ぎが少なく時間に余裕があるものを選びたいと思い、ルフトハンザドイツ航空での格安航空券を利用しました。機内は綺麗で寒いというと毛布を用意してくれ、スタッフの方の対応も素晴らしく驚きました。出発前はストライキなどで飛行機が飛ばないことがないかちょっと心配しましたが、問題なく出発できました。驚いたのが機内食。エコノミーでしたが、前の席の方がベジタリアンの方で特別なものにも対応されていました。ドイツの航空会社だけあり、ビールやワインの種類が豊富で満足できました。食事も日本人の口に合うもので、復路のおにぎりのサービスには、子供も大喜びでした。乗り換えのミュンヘン空港では、8時間も待ちましたが、第2ターミナルには、ドリンクマシーンが設置され、無料でソフトドリンクが提供されていました。今回は利用しませんでしたが、ヴィトラ社の無料ラウンジもあるようです。空港内のビアハウスはドイツだけあり、おいしいビールをいただけました。アンコーナの海は透明度が高く、とても綺麗だったのが印象に残りました。

アンコーナ旅行 よくあるFAQ

アンコーナ空港から行ける国はどこですか?

イギリス、ドイツ、ベルギーなどへ行くことができます。イギリスはロンドンのスタンステッド空港。ドイツはデュッセルドルフ近郊のヴェーツェ空港。ベルギーはブリュッセル近郊のシャルルロワ空港までなど。

夜22時ごろアンコーナ空港からホテルのある市内中心部まで行く方法を教えてほしい?

22時ではバスも終わっているので、残念ながらタクシーしかありません。

ターミナルの施設にはどのようなものがありますか?

2軒のバーとレストラン、4軒のショップがあります。また、銀行もあるので両替も安心です。

成田からアンコーナ空港までどれくらいの時間がかかりますか?

直行便がないため乗り継ぎ時間にもよりますが、2ヶ所を経由して20時間ぐらいの便が多いようです。