1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イタリア
  4. ボローニャ
  5. ボローニャ空港

ボローニャ空港行きの格安航空券

ボローニャ空港(マルコーニ空港)の画像

画像の出典元 amcarragher

正式名称Bologna Guglielmo Marconi Airport(Bologna Guglielmo Marconi Airport)
空港コードBLQ
ボローニャ空港発の航空券情報はこちら

ボローニャ空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からボローニャ空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ボローニャ空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ボローニャ空港行きの最安値を比較

イタリアを陰から支える空港

ボローニャ空港は非常にこじんまりとした空港で、利用者に親近感を持たせてくれるような空港です。 美食の都、ボローニャと世界中の人々を繋ぐボローニャ空港は、世界にイタリアの味をアピールする発信塔の役割を果たしています。 また、空港から市内へ向かう際のバス車内では、ボローニャの美しいヨーロッパ建築を眺めることができ、ボローニャで過ごす素晴らしいひと時を予感させてくれるでしょう。

日本から就航している航空会社

日本からの直行便はありません。フランクフルトやローマから乗り継ぎ便が就航しています。

ボローニャ空港の規模、設備情報

空港の規模は小さく、初めて訪れる人であっても迷う心配はありません。ターミナルは1つのみで3階建てとなっており、1階が出発エリア、2階が到着エリアです。

インフォメーション 2階到着エリアにあり、ボローニャの観光情報やバスチケットの販売等を行っています。英語とイタリア語での対応が可能です。 
落し物 2階到着エリアのVIP LOUNGEの近くに位置し、空港で見つかった落とし物はFound Object Officeで30日間保管されます。受け取りには期間に関わらず5ユーロの手数料がかかります。
Wi-Fi 6時間なら無料のWi-Fiネットワークに接続することができます。
両替/銀行 両替は3ヵ所にあり、すべてTravelex(トラべレックス)です。1階到着ロビー内の店舗の営業時間は9:00~22:00、2階出発ロビーでは8:30~17:00、15番ゲート付近の搭乗ロビー内は5:30~19:00までとなっています。
手荷物保管所 1階の到着フロアにて、24時間365日、年中無休で営業しています。使用料は一日あたり6ユーロです。
ラウンジ 個別の航空会社のラウンジはありませんが、バーのようなカジュアルなラウンジがあります。スカイ・スポーツ・チャンネル各種、ナショナル・ジオグラフィックやヒストリー・チャンネルなど、自然や歴史などの教養を扱うチャンネルが充実しています。

市街地やホテルへのアクセス

市内までのアクセスはバスかタクシーになります。バスは料金も安く、深夜まで運行しているため便利です。

バス

TPER社が運行する、アエロバス(Aerobus)があります。
空港の建物の外に出て右に歩くと、バス(AEROBUS)の乗り場がありますボローニャ中心部(Mille)までは約18分、ボローニャ中央駅(Stazione Centrale)までは約20分ほどです。また、アスコリ・ピチェーノ、セビージャ、モデナほか、各都市をつなぐバスが出ています。

タクシー

6:00~22:00までは17~18ユーロで空港から中央駅まで移動できます。空港には正規のタクシーしか入れないため安心です。

ボローニャ空港の搭乗手続き

それぞれの航空会社のカウンターにて搭乗手続きを行います。パスポートやeチケット等を提示し、搭乗券を受け取ります。webチェックインをしておくと並ばずに済むのでおススメです。その方は発券機で搭乗券を印刷しましょう。その後出港ゲートに向かい、セキュリティチェックを受けます。セキュリティチェックは時間帯によっては混雑しますので、余裕を持って向かいましょう。また、機内持ち込みが禁止されているものがないよう、荷物の確認をしてください。セキュリティチェックが終わった後は、係員にパスポートと搭乗券を提示し出国手続きを行います。出国スタンプを押してもらった後は、フライト時間まで、空港内の免税店等でのお買い物をお楽しみください。

空港周辺のホテル、空港のシャワー情報

隣接しているホテルはありませんが、近くにボローニャ・エアポート・ホテル(Bologna Airport Hotel)があり、シャトルバスが運行されています。 空港にシャワー専用施設はありません。

空港内のグルメ情報

ローマ・トレビの泉にほど近いところに店を構えるお菓子屋さん、ノンナ・ヴィンチェンツァ(I dolci di Nonna Vincenza)が空港内に出店しています。苦めのエスプレッソだけでなく、甘味も重要な役割を担っているイタリアのカフェ文化。ラ・ジオッタ・カフェ(La Ghiotta Cafè)などのカフェとあわせて、イタリアの食文化を楽しんでみませんか?ほかにはバーにカフェにレストラン…とさまざまな形で出店している、ヴェッキア・マルガ(Vecchia Malga)も。生ハムを売っているお店もありますが、日本国内に持ち込み不可ハムの購入は控えましょう。

空港内のショップ情報

スワロフスキー(Swarovski)や、アルマーニのカジュアルライン、アルマーニ・ジーンズ(AJ, Armani Jeans)などが出店。イングラム(Ingram)は、パリっとしたワイシャツをメインに扱っています。ファッションの店舗が連なるあたり、さすがイタリアといったところで、オシャレなお土産の最終チェックも難なくできそうです。また、フェラーリ(Ferrari)やドゥカティ(Ducati)などの車/バイクのメーカーも出店。赤を基調とした店が、旅行客の視線を集めます。