アメリカのWiFi事情と無料フリーWiFiスポットについて

世界屈指のWiFi先進国であるアメリカ。 飲食店やショッピングモール等の商業施設だけでなく、公園や大通りといった公共スペースであっても無料でWiFi接続が可能な環境が整っています。 日本に比べると、インターネットの速度は幾分か遅いですが、無料WiFiスポットの数に関しては日本のみならず他国を圧倒的に凌駕しています。 そんなアメリカで特にWiFi環境が充実しているのが飲食店。 ファーストフードやカフェの店舗が多いアメリカでは、いたるところで無料WiFiサービスを受けることができますよ。 スターバックスやマクドナルドといった日本でもお馴染みはもちろん、アメリカでポピュラーな飲食チェーンのほとんどがWiFiサービスを提供しています。 また、州や地域によって違いはありますが、アメリカでは図書館や公園といった公共の場所がWiFiスポットの場合が多いです。 このページではアメリカ滞在中に知ってて得する無料WiFi情報を紹介します。

ニューヨークとロスアンゼルスの無料WiFi事情

世界一の街!ニューヨークの充実した無料WiFi環境

日本人が旅行や出張で訪れる都市といったら東海岸ではニューヨーク、西海岸ではロスアンゼルスでしょう。 この2大都市はそれぞれの行政が独自の公共無料WiFiサービスを運営しています。 ニューヨーク市が運営するのが、WiFiネットワーク「LinkNYC」です。 この「LinkNYC」は市内全域に無料WiFiを張り巡らそうという現在進行形のプロジェクトです。 現在使われなくなった公衆電話網をWiFiスポットに変えていくことで、ニューヨーク全域でWiFiアクセスが可能になると言われています。

ロスアンゼルスの無料WiFi環境は?

ロスアンゼルスの公共WiFi「MVN Free Public Wi-Fi」は、図書館や病院、レストランなどで使用できます。 WiFi接続方法はいたって簡単。WiFi設定画面でSSIDを選択するだけで接続完了です。 ロスアンゼルス滞在中、大いに役立つフリーWiFiになるでしょう。

アメリカのスターバックスコーヒーの無料WiFi

日本でも根強いファンの多いスターバックスコーヒー。 そんなスタバはアメリカ有数の無料WiFiスポットでもあります。 アメリカ全土に点在する12000以上もの店舗、そのすべてが無料WiFiサービスを提供しています(病院内に併設されている店舗など例外もあります)。 WiFi接続時に、メールアドレスの登録やパスワードの入力がないのがスタバのWiFiの最大の特徴でしょう。 接続の際のSSIDは「Google Starbucks」。 時間制限もなく、込み具合や店舗によって若干の差異はありますが高速なのでユーザーからの評価も高いです。 街歩き中に休憩したくなったら、スタバに立ち寄って本場のコーヒーを味わいながらWiFiアクセスしてみてはどうでしょう。

アメリカのマクドナルドの無料WiFi

スターバックスと並んでアメリカの2大ホットスポットのひとつなのが、言わずと知れたマクドナルド。 マクドナルドもスターバックスと同様にWiFi接続用のパスワード等は特に必要ありません。 基本的なシステムはスターバックスと同じです。 SSIDは「attwifi」。「マクドナルドWiFi」といったわかりやすいSSIDではないので注意が必要です。 都心に出ればスタバの店舗が多くなりますが、アメリカの田舎だとマクドナルドの店舗が目立つようになります。

アメリカの飲食店のWiFi事情

スタバとマクドナルド以外にもアメリカには無料WiFiサービスを展開する飲食チェーンが多く点在します。 有名どころは「cosi」「Dunkin' Donuts」「タコベル」「ワッフルハウス」「PaneraBread」などです。 「PaneraBread」はアメリカで人気のあるカフェで、サンドイッチやパニーニの数が豊富でおすすめです。 せっかくのアメリカ旅行、アメリカならではの飲食チェーンで食事を楽しみたい方も満足するでしょう。 「Yalp」「Wi-Fi FREE SPOT」といったサイトを利用すると、時間をかけずにWiFiサービスのあるレストランやカフェを検索できます。

アメリカのホテルの無料WiFi事情

ホテルやモーテルでも宿泊者が利用できる無線LANが完備されたところが多いです。 ただ、大きなホテルになればなるほどたくさんの利用者がアクセスポイントに接続するため、時間帯によってはネットへのアクセスにストレスを感じることもあるでしょう。

アメリカの公共施設の無料WiFi事情

外国人観光客も利用可能!アメリカの図書館の無料WiFi

アメリカの図書館は無料WiFiスポットとしての需要もあります。 大きい小さい、図書館の規模に関係なく基本的に全米の図書館には無料WiFiが完備されていると考えてもらって大丈夫です。 利用制限時間は州や地域によって異なりますが、2時間で接続が切れるところが一般的のようです。 接続が切れた際は、再度ログインすればもう一度インターネット接続可能です。 ただ、図書館でパソコンやスマホを操作する際は、マナーモードにするなどして着信音が鳴らないよう、マナーには気を付けましょう。

アメリカでは公園でも無料WiFiが使える?!

観光客の多い都市の公園では無料WiFiを完備している場所も少なくないです。 有名どころですと、ニューヨークのセントラルパーク、世界遺産にも登録されているグランドキャニオン国立公園あたりでしょうか。 電波がない場合でもWiFiが入ることがあるので、公園内の公共施設に立ち寄った際はWiFi接続を試してみてはいかがでしょう。

アメリカの公共交通機関の無料WiFi事情

国土が広いアメリカは陸路での都市から都市への移動にかなりの時間を費やします。 そのため、いくつかの交通機関でも無料WiFiを利用することが可能です。 長距離バスの「Megabus」、ボストン‐ワシントンD.C間を走る高速鉄道である「アセラ・エクスプレス」が無料WiFiサービスを提供している有名どころです。 「Megabus」に関しては正直WiFiの通信が安定していない場合があり車内で利用できないことも。 料金は「Megabus」の方が割安ですが、ストレスなく快適にWiFを利用しながら移動したい方には「アセラ・エクスプレス」が断然おすすめです。

アメリカの空港の無料WiFi事情

アメリカの主要空港の多くが無料WiFiサービスを提供しています。 とは言え、時間制限があったり、通信速度が遅かったりと条件は空港によってさまざま。 日本人観光客の利用が多い空港で無料WiFiサービスのところをピックアップすると、 ロサンゼルス国際空港・サンフランシスコ国際空港・オーランド国際空港・ラスベガスのマッキャラン国際空港などがあります。

アメリカで便利な有料WiFiをご紹介!

アメリカにある程度の期間滞在されるのであれば、無料WiFiだけじゃ少し心もとないですよね。 そんな方はお金を出して有料WiFiサービスの手を借りるのが良いでしょう。 現地の携帯会社が販売しているプリペイド式のポケットWiFiの存在はご存知ですか? こちらは、現地の回線を利用するため、無料WiFiスポットよりも幾分か通信速度が速いのが特徴です。 ただ、プリペイドWiFiを購入する際のショップ店員との英語でのやり取りに不安がある方、ショップに出向く時間もいますよね。 そんな方は日本からレンタルWiFiルーターを持参されるのがベストでしょう。

アメリカのWiFi情報まとめ

アメリカの無料WiFi事情に関して参考になる情報はありましたか? このページで一通り紹介したように、アメリカではカフェやファーストフード店以外にも公園や図書館、交通機関、そしてホテルなど様々な場所で無料WiFiに接続可能です。 特にニューヨークやロスアンゼルスの中心部では随所にフリーWiFiスポットがあるため、土地勘のない旅行者であっても比較的簡単に無料WiFiを拾えるでしょう。 ただ、無料WiFiスポットはあくまでも無料のサービス。 大勢の人が使うものなので、セキュリティー面が気になったり通信速度が不安定といったデメリットもあります。 また、アメリカは徒歩と電車移動が基本の日本とは異なり車社会です。 必然的に移動時間が多くなり、長時間フリーWiFiスポットに立ち寄れないことも出てくることでしょう。 アメリカ滞在中も快適にインターネットを利用したい方には海外対応WiFiルーターのレンタルをおすすめします。 スカイチケットなら、複数のアメリカ用レンタルWiFiの比較が手軽にできますよ。