アメリカで使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

アメリカのWiFiについて

アメリカ旅行中、ネットが自由に使えなくてストレスを感じた経験はありませんか?スカイチケットではアメリカで使えるWiFiレンタルサービスをご紹介。複数のレンタルWiFiブランドから一括比較することで、アメリカで一番安いルーターを借りることができますよ。アメリカで使えるWiFiルーターをレンタルすれば、アメリカ滞在中も自由にインターネットが楽しめます。レンタルWiFiが手元にあることで、ご自身のスマートフォンやタブレット端末、ラップトップが日本で使うのとなんら変わりなくアメリカで利用できます。本場アメリカのディズニーワールドにグランドキャニオンといった有名観光地で撮った写真を、リアルタイムでSNSにアップすることも可能になります!なお、アメリカはインターネット先進国であり、他の国と比べるとインターネット環境が整備されています。アメリカの主要空港ではほとんどの場所でネットに接続でき、街中にあるカフェやファーストフード店も無料でWiFi利用できるところが多いです。ただ、日本以上に無料WiFiスポットがあるといっても、アメリカ全域をカバーしているわけではないのも事実。また、多くの人が利用するため通信速度に関してもあまり期待できないでしょう。やはりアメリカ滞在中も気兼ねなくインターネットを利用したい方には、レンタルWiFiルーターがおすすめ。レンタル手続きも簡単、出発予定の空港での受け取りやご自宅への配送が可能なんですよ。この機会にレンタルWiFiデビューしてみてはどうでしょうか。

アメリカのWiFiレンタル最安値比較

  • 1日プラン
  • 周遊プラン

アメリカのWiFiレンタル日数別比較表

ブランド 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日
グローバルWiFi 1,650円 2,200円 2,750円 3,300円 3,850円 4,400円 4,950円 5,500円
イモトのWiFi 1,800円 2,400円 3,000円 3,600円 4,200円 4,800円 5,400円 6,000円
Wi-Ho! 1,689円 2,252円 2,815円 3,378円 3,941円 4,504円 5,067円 5,630円
トラベルコム 2,220円 2,960円 3,700円 4,440円 5,180円 5,920円 6,660円 7,400円
JAL ABC 3,375円 4,500円 5,625円 6,750円 7,875円 9,000円 10,125円 11,250円
U.S.データ 2,340円 3,120円 3,900円 4,680円 5,460円 6,240円 7,020円 7,800円

アメリカのWiFiお役立ち情報

アメリカのインターネットとWiFi事情

アメリカのインターネット回線速度は日本のものに比べると遅いですが、アメリカ全土に無料のWiFiスポットが点在しています。IT先進国として他の国よりも早くWiFiが普及しているため、現在は商業施設だけでなく、公園や駅といったアメリカの公共の場所でもWiFiが利用できます。また、大小問わずアメリカのどこの図書館でも無料でWiFiサービスを提供しています。セキュリティ面や通信速度が気になる場合は、日本からアメリカ対応のルーターを持参するのが無難でしょう。

アメリカ渡航前に抑えておきたい!現地のWiFi事情

海外に行ったときに気になるのが現地アメリカのインターネット事情ですよね。アメリカで無料WiFiが拾えるところと言ったら、アメリカ発祥のスターバックスコーヒーかマクドナルドでしょう。なお、両社ともあくまで商品を注文することが前提の無料サービスです。街歩きでちょっと疲れたときに、休憩がてら立ち寄ってスマホで次に行く場所の情報をチェックすることができ、アメリカ滞在中フル活用できますよ。また、スタバやマックなどのチェーン店以外のアメリカならではのカフェやダイナーでも無料でインターネットサービスを提供するところあります。店先に「FREE WiFi」のステッカーがあればアメリカでは無料で無線LANに接続できるお店なので、お店選びの参考にしてください。ただ、土地勘が無い海外で無料インターネットサービスの店舗を探すのはそう簡単ではないでしょう。日本から自分専用のルーターを持参すれば、街角やタクシー内など場所を選ばずアメリカでも簡単にインターネットにアクセスできますよ。

成田や関空など空港でレンタルできるWiFiブランド

アメリカ用WiFiルーターは、成田や関空でもレンタルできます!というのも、海外レンタルWiFiブランドの多くが、日本の主要空港にカウンターを設置。特に、羽田や成田、関空では、専用カウンターが数か所設置されてるので、事前確認しておくことをおすすめします。もちろん、グローバルWiFiやU.S.データといった、アメリカ用WiFiをレンタルしているブランドも羽田、成田、関空などで受取・返却することができますよ。また、同じく成田や関空などにカウンターを持っているグローバルWiFiやイモトのWiFi、JAL ABCでは、当日受付も可。ただし、在庫がなくレンタルできない場合もあるため、事前にスカイチケットからレンタル予約しておく方が良いでしょう。申込みから受け取りまでの一連の流れはとっても簡単。初めての方も問題なく手続きできますよ。まず、レンタル会社のHPから事前にweb申込みをします。その後はアメリカに出発する日に空港の受取・返却カウンターでアメリカ用端末を受けとるだけ。アメリカの滞在をより快適なものにするために、ぜひアメリカ用レンタルWiFiを利用してみてくださいね。

アメリカ留学などの長期滞在なら断然格安WiFiルーターがおすすめ

アメリカは語学留学などで一ヶ月ほど滞在する方も少なくない国ですよね。数日間のアメリカ滞在であれば、ホテルの無線LANと街中のフリーWiFiスポットで事足りるかもしれませんが、長期滞在になるとなにかと不便が生じるでしょう。1週間以上のアメリカ滞在であれば、日本からレンタルWiFiルーターを持参することをおすすめします。スカイチケットでは、イモトのWiFiやテレコムといった大手WiFi会社からご自身に最適なプランを一括検索で選択できます。携帯会社の海外プランを長期間利用するとなると、パケット代が高額になってしまいます。格安ルーターを選べば、アメリカ滞在中も料金を気にせずインターネットを楽しめますよ。この機会にアメリカ対応WiFiデビューしてみてはどうでしょう。

アメリカでレンタルWiFiは必要?

アメリカといえば、世界でもトップクラスのIT先進国。ニューヨークやロスアンゼルスといったアメリカの大都市には無料WiFiスポットが多く点在します。ただ、内陸部などの田舎ではインターネット環境に恵まれないかもしれません。また、WiFiスポットの多い大都市を中心としたアメリカ滞在でも、いつでも好きなタイミングで繋げるということは難しいでしょう。そこでおすすめしたいのが、アメリカ用レンタルWiFi。アメリカ用のWiFiルーターを持ち歩いていれば、屋外の移動中でもインターネットに気兼ねなく接続可能です。また、ルーターごとに割り振られたIDとパスワードがあるため、ハッキングといったトラブルにも巻き込まれにくくなるのが嬉しいポイント。アメリカ滞在中、常時インターネットに身を置きたい方には、アメリカ対応レンタルWiFiルーターが断然おすすめです!

アメリカでWiFiの長期レンタルは可能?おすすめプランは?

アメリカ留学や出張、ワーキングホリデーなどで、長期的にアメリカWiFiをレンタルしたいという場合もありますよね。海外レンタルWiFi会社では、長期滞在者にぴったりな長期プランを展開中。1日ごとにレンタルするときと同じように、30日間で○○円というように定額制なので、予算も立てやすくなりますよ。さらに、長期プランを申し込むと1日ごとにレンタルするよりお得な価格で利用できるという点も魅力。例えば、U.S.データのU.S.データBIGプランでは、30日間15000円の定額制。普通に1日ごとのレンタルで30日間利用したときの価格と1万円以上もお得!U.S.データBIGの18日以上のレンタルは、マンスリープランを申し込んでくださね。また、トラベルコムでは短期・中期・長期というようにプランが分かれています。アメリカ本土の長期(3ヶ月~)プランでは、1ヶ月9900円という圧倒的な安さでレンタル可能。動画サイトの視聴やアプリを使用したテレビ通話は禁止されていますが、とにかく安くすませたいという方にはおすすめです。他にも、グローバルWiFiやイモトのWiFiでも長期の割引プランでレンタル予約が可能です。

アメリカ用WiFiをレンタルする前にサポート体制をチェック!

young business people working with headset in office    

ブランド名 サポート手段 営業時間
グローバルWiFi 電話・メール・SNS 24時間365日 (渡航前・渡航中・帰国後)
イモトのWiFi 電話・メール 24時間365日 (渡航前・渡航中・帰国後)
Wi-Ho! 電話・メール 9~18時 (渡航前・帰国後) 24時間電話対応可能 (渡航中)
トラベルコム 電話・メール 10~18時 土日祝日休業 (渡航前・帰国後) 10~18時 土日祝日休業 (渡航中)
JAL ABC 電話・メール 9~18時/土日祝9~17時 (渡航前・帰国後) 9~18時/土日祝9~17時 (渡航中)
U.S.データ 電話・メール 10~18時 年中無休 (渡航前・渡航中・帰国後)
  アメリカ向けWiFiルーターをレンタルする前に、各ブランドのサポート体制を見ておきましょう! どのブランドもアメリカ出発前・現地滞在中・帰国後かかわらず、電話やメールでWiFiに関する相談や質問を受け付けています。 その中でも手厚いサポート体制でWiFiビギナーだけでなく、リピーターからも高い評価を受けているのが、グローバルWiFi。 人気の理由のひとつに、SNSを通してサポートを受けることができる点があります。 滞在地アメリカでも、TwitterやLINEのメッセージ機能から専門スタッフに連絡が取れます。 初めてアメリカ滞在という方は、グローバルWiFiのアメリカ対応端末をレンタルされることをおすすめします。

アメリカへの渡航者が増える時期はWiFiの在庫に注意!

Mother and daughter portrait in front of dormitory    

時期 ルーターの在庫
旅行繁忙期(乾季) 5~10月 ×
旅行閑散期(雨季) 12~4月
  アメリカへの旅行者や留学生が増える春・夏は、WiFiの在庫状況に注意しましょう。 この時期は、GWやSWといった大型連休にあたるシーズン。 そのため、各ブランドともにルーターの在庫が品薄になります。 出発間際にアメリカ用WiFiをレンタルしようと思っても、在庫切れでレンタルできない…ということがないように、アメリカで使うルーターの予約はお早目にお願いします。 特に、人気ブランドのU.SデータとイモトのWiFiは、頻繁に在庫切れが発生するため、少なくとも1ヶ月以上前には申し込みを済ませておきましょう。 航空券とホテルの予約が済んだら、忘れずにアメリカ用WiFiのご予約を!

長期割引でアメリカ用レンタルWiFiをお得にレンタル!

Teen girl taking pictures at the Grand Canyon with cell phone.    

プラン名 データ容量 1ヶ月 1日
トラベルコム 長期プラン(3ヵ月~) 5GB/月 9990円 333円
U.S.データ U.S.データbasic 400MB/日 18000円 600円
グローバルWiFi 4G-LTE高速プラン 250MB/日 18000円 600円
イモトのWiFi カントリータイプ・LTEWiFiプラン 400MB/3日 28000円 933円
  アメリカに数週間から数か月間滞在する方向けに、長期割引が適用されるアメリカ向けWiFiプランがあります。 WiFiブランドによって若干条件が異なりますが、大抵の場合、通常プランの1日当たりのレンタル料と比べるといくらか割安になります。 例えば、U.S.データbasicでは1ヶ月18000円でレンタルできるマンスリープランを展開中。 1日当たり600円なので、1日980円のデイリープランよりも380円お得にレンタルできます。 19日以上のレンタルは、マンスリープランのほうがお得なので中長期のアメリカ滞在にはこのプランで決まりですね。 また、3ヶ月以上のアメリカ用WiFiのレンタルならトラベルコムが断然お得。 1ヶ月9900円、1日あたりはなんと333円で利用することができますよ。 ただし、指定されたデータ容量の上限を超えると1GBあたり1800円の追加料金が発生するので注意が必要です。 1日当たりのデータ容量の多さでアメリカ対応WiFiを選ぶならUSデータのマンスリープラン。 料金の安さを重視するならトラベルコムのアメリカ用中期・長期プランが良いでしょう。

アメリカ用WiFiで早割が利くブランドは?

diary and calendar with passport and map, Travel planning    

割引率 何日前までの予約
イモトのWiFi 10%/15% 30日前/45日前
U.S.データ 10% 1ヶ月以上前
  イモトのWiFi、そしてUSデータでは、早めにアメリカ用WiFiを予約申し込みをすると早割が適用されます。 イモトのWiFiでは30日前の予約で10%引き、45日前の予約だとアメリカ対応WiFiが15%引きでレンタル可能に。 USデータの早割は、1ヶ月以上前の予約で通常料金から10%引きでアメリカ向けWiFiがレンタルできます。 10%と割引率が大きいので、アメリカへの出発日まで1ヶ月以上の日数がある方は、早めの予約がお得ですね。

国内空港で受取可能なアメリカのレンタルWiFiブランド

Suitcase on luggage conveyor belt in the baggage claim at airport    

グローバル WiFi イモトの WiFi Wi-Ho! JAL ABC USデータ
成田空港
関西空港
中部国際空港 × ×
羽田空港 ×
福岡空港 × × ×
新千歳空港 × × × ×
旭川空港 × × × ×
新潟空港 × × × ×
小松空港 × × × ×
伊丹空港 × × × ×
静岡空港 × × × ×
那覇空港 × × × ×
博多港 × × × ×
鹿児島空港 返却BOXのみ × × × ×
  グローバルWiFi、イモトのWiFi、Wi-Ho!、JAL ABC、U.S.データではアメリカ用WiFiの空港受取が可能です。 特にグローバルWiFiでは、国際空港以外にも、博多港や国内線のみの伊丹空港でも受取可能。 空港受取の良いところは、自宅に置き忘れてしまう心配がないことや、専門スタッフから直接説明を受けられるという点です。 レンタル商品を受取るには手数料が発生するブランドがありますが、スカイチケットからの予約で無料に。 スカイチケットでアメリカ用WiFiを少しお得にレンタルできるということも、ぜひ覚えておいてください。 また、返却時にも空港カウンターや返却BOXの利用がおすすめ。 アメリカから帰国後、すぐに返却できる上に発送の手間や発送費の負担がなくなります。 利用する空港にカウンターがあるなら、利用してみる価値アリです!

現金やコンビニ決済可能なアメリカのレンタルWiFiブランド

Japanese Yen on wood background    

トラベルコム グローバルWiFi JAL ABC
現金 × ×
コンビニ決済 ×
銀行振込 ×
  海外WiFiレンタルの支払い方法は、ほとんどの場合クレジットカード決算です。 しかし、グローバルWiFiやJAL ABC、トラベルコムであればコンビニや銀行振り込みが可能。 ただ、トラベルコムとJAL ABCでは現金・コンビニ払いの場合でもクレジットカードの情報が必要なので、カードを所持していないと利用できません。 もしアメリカへの渡航までに余裕があるのなら、クレジットカードを作ってみるのも1つの手です。 グローバルWiFiでは、ANAカードで決算をするとマイルが貯まるとのこと。 アメリカ滞在中も、クレジットカードを持っていると何かと役立つ場面が出てくるはずです。 それでも、カードの審査が通らなかったり渡航日までに準備できそうになければ、グローバルWiFiのNP後払いを利用してみてください。 カードを所持していない学生などを対象に、コンビニ・銀行・郵便局で現金払いができる支払い方法です。

アメリカのWiFi事情やフリーWiFiスポットを見る

アメリカのレンタルWiFiルーターを速度や容量別に性能比較!

WiFiレンタルにあたっての注意事項

当サイトでは、細心の注意を払っておりますが、 内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。
当サイトで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
海外WiFiレンタルサービスに関する価格、お申込み等、詳細につきましては ご利用者様自身がリンク先の取り扱い各社サイトにて確認を行って頂きますようお願い致します。
当サイトでは、海外WiFiレンタルサービスに関する情報を掲載しておりますが、 サービス利用契約の代理、媒介、斡旋を行うものではありません。 したがって契約、サービスに関するいかなる被害、損害、トラブル等が発生した場合でも 当サイトでは一切の責任を負わず、ご利用者様と取り扱い会社、双方の間で解決するものとします。
当サイトには外部リンクが含まれておりますが、 リンク先での契約や契約等で発生した損害、お客様の個人情報の保護等について一切の責任を負いません。
当サイトご利用の上、お申込みをされた場合、以上の注意事項にご同意頂いたものとします。